安部祐一郎(長靴をはいた猫)WIKIプロフィールや経歴は年齢16歳の高校生!?色鉛筆アートは写真!(ソノサキ)

ソノサキ




 

ソノサキに安部祐一郎が出演します。

 

 

今回、色鉛筆アートの画家として取り上げられる安倍祐一郎ですがなんとその年齢は16歳だというから驚きです。

 

 

完璧に画家のレベルで、その絵は写真のような仕上がりになります。

 

 

あくまで趣味で絵を描いているということですがWIKIプロフィールや経歴について調べてみました。

 

 

SNSから話題になったという安倍祐一郎について見ていきましょう!

 

 

スポンサードリンク

 

 

安部祐一郎のWIKIプロフィールや経歴(高校)

 

 

 

 

名前:阿部祐一朗(あべ ゆういちろう)

年齢:16歳

出身地:京都

高校:京都府立向陽高等学校

 

 

今年は安倍祐一郎が非常に注目されていますが、なんとその年齢は16歳ということで非常におどろかされました。

 

 

ニュースでも「宝石の絵」がスゴいということがとりあげられていましたね。

 

 

京都府向日市の京都府立向陽高等学校に通っていて、なんとバトミントン部に所属しているということで驚きました。

 

 

体育会系でありながらこのような絵が描けるというのはすごいことではないでしょうか。

 

 

一つの絵をかくのに8時間であったり、物によっては24時間という制作時間を要しているということでした。

 

 

安倍祐一郎の絵はメディアでも多く取り上げられていて。

 

 

めざましテレビ、NEWS ZERO、ヒルナンデスなどで紹されています。

 

 

ツイッターでは次のようなコメントをされていました。

 

 

山下健二郎かっこいいなぁぁあ 人もよすぎるしもう…

 

ヒルナンデスでたまたま共演できてあんな大スターに「後輩っすよ」って言って貰えたとかもぉ夢のようすぎて…

 

ほんとに同じ高校で良かった… 憧れの先輩です

 

 

スポンサードリンク

 

 

安倍祐一郎のツイッター(長靴をはいた猫)色鉛筆歴は1年!?両親は画家なの?

 

 

 

 

 

『ネットでバズって人生変わった人のソノサキ』…SNSで話題になった、

 

まるで写真のようなユキヒョウの絵。

 

その作者を追跡すると、なんと京都の高校に通う16歳の青年だった。

 

あくまで趣味で絵を描いていた彼だが、最近初めての仕事を引き受けることにしたという

 

 

番組ではこのように紹介されている安倍祐一郎。

 

 

ネット上では「長靴をはいた猫」として活動しています。

 

 

色鉛筆、鉛筆で模写をしているわけですがやはりあまりにもうますぎるということで話題になったのですね。

 

 

鉛筆と色鉛筆のみでユキヒョウの絵なども写真のように仕上げてしまうその技術。

 

 

ユキヒョウですが、やはり動物ですから毛並みというのはかなり難しいものであることに間違いありません。

 

 

安倍祐一郎は毛並み一つ一つを色鉛筆のみで仕上げていきます。

 

 

さらに瞳の部分、宝石を書いて話題にもなっていましたが、ユキヒョウの瞳は宝石のような輝きがあります。

 

 

安倍祐一郎はユキヒョウの瞳も繊細に仕上げていくのです。

 

 

この絵の腕前、よほど幼少期から絵を習っていたのだろうと思いましたが、なんと歴は1年はんということです!

 

 

これが才能ということなのでしょうか。

 

 

中学3年のときから本格的に家で描き始めたのがきっかけだったといいます。

 

高校の入学祝いで色鉛筆を買ってもらってからのスタートということですから今現在高校2年生ですから間違いありません。

 

 

この絵の技術。

 

 

ツイッター仲間や絵が好きとされている親、さらにユーチューブから絵を学んだというのです。

 

 

このご両親に関して、美術大学にかよっていたのかということについても調べてみましたがご両親に関しても絵の勉強をされていたわけではなかったということです。

 

 

スポンサードリンク

 

 

安倍祐一郎の色鉛筆アートは写真のような仕上がり!

 

 

 

 

制作時間30時間という絵もあるという安倍祐一郎の作品。

 

 

やはり、集中時間というのはかぎられているといいます。

 

 

安倍祐一郎は一日2時間ほどというのが集中力が続く時間帯ともいわれています。

 

 

このことから10時間かかる絵なら5日程の日数がかかってはじめて完成するということです

 

 

安倍祐一郎の色鉛筆についてですが、「ファーバーカステルのポリクロモス」という色鉛筆を使用しているといいます。

 

 

この色鉛筆は 120色を使っているということで、このような色の種類があるからこそこのような技術が使えるということなのですね。

 

 

スポンサードリンク

 

 

安倍祐一郎の評判

 

 

 

 

安倍祐一郎はやはりネット上でその評判がどんどん拡散されていっているようです。

 

 

「これが神業か!」

 

 

といった技術に対する評判というのはかなり定評があります。

 

 

さらには

 

「写真よりもリアル!」

 

 

といった声も上がっているほどです。

 

 

スポンサードリンク

 

 

最後に

 

 

 

 

一般人からすれば安倍祐一郎の絵はすごいとしか言いようがありませんが、プロの目からみてどうなのでしょう。

 

 

これが認められるとしたら、安倍祐一郎はプロになるでしょうね。

 

 

今後が楽しみです!

 

 

スポンサードリンク

 

 

関連記事は下にスクロール

 

 

コメント