明石定子のWIKIプロフや経歴!結婚して家族(旦那・夫・子供)はいるの?NHKテレビで昭和大学や高校はいかに?(プロフェッショナル仕事の流儀)

プロフェッショナル仕事の流儀




 

 

プロフェッショナル仕事の流儀に赤石定子が取り上げられます。

 

 

神の手を持つ乳腺外科医として知られる赤石定子のWIKIプロフィールや経歴についてみていきますが、昭和大学で高校はどこだったのでしょうか。

 

 

また今回プロフェッショナル仕事の流儀に取り上げられる明石定子なのですが、結婚して家族である旦那・夫・子供は存在するのか、子供は双子の噂に関して調べてみます。

 

 

明石定子の経歴や出身高校・結婚した夫や子供に焦点をあてていきますが、神の手と称されるほどの腕を持っていることからテレビとかにも結構出演しているほどです。

 

 

テレビ出演する医者が多い現在、やはり保険料のそこあげによって、予防医学は発達していく事が間違いありませんね。

 

 

日本の高齢化の背景などもあると思いますが・・・。

 

 

スポンサードリンク

 

 

明石定子のWIKIプロフィールや経歴について調べてみた!

 

 

 

 

名前:明石定子(あかしさだこ)

生年月日: 1965年

職業:医師

所属:昭和大学病院

 

 

明石定子は医学部を卒業後東京大学医学部付属病院第三外科に所属した、このときは昭和大学ではなかったのですね。

 

 

女性医師というのは当時珍しかった時代です。

 

 

所属当初消化管担当だった明石定子。

 

 

国立がん研究センター中央病院外科レジデントとしてオペの経験をされている経歴があります。

 

 

乳腺科・腫瘍内科外来病棟院長を務めたというのが2010年になってからだといいます。

 

 

さらに2011年から昭和大学病院乳腺外科准教授に就いていますからこのようなキャリアがあるのですね。

 

 

神の手と称される明石定子の匠の技術、患者と向き合う人間性に加え、勤勉さが要される日々であることに間違いありません。

 

 

明石定子のこれまでのオペ総数は3000を超えるキャリアと実績にうらづけられているのですね。

 

 

明石定子のポリシーはやはり患者が納得する施術内容であるということだそうです。

 

 

これは明石定子のプロとしてのこだわりの部分でもあるでしょう。

 

 

患者の気持ちを背負って行われるオペ。

 

 

これは患者の気持ちが手に取るようにわかる、女性外科医ならではのこだわりではないでしょうか。

 

 

日本女性外科医会の役員という顔をもつ明石定子の過去は女というだけでナメられたという苦い経験が彼女を現在の活動に駆り立てているとも言えます。

 

 

医学部を卒業するとき次のような言葉を浴びせられたという。

 

 

「女の子が研修に来てもいいけど、トイレないよ。ロッカーないよ。それと当直室もないよ」

 

 

女としてこれまでナメられてしまってはのちに神の手と呼ばれるほどの天才医師はだんまりきめこむわけがなかったということでしょう。

 

 

女性外科医の後進の指導にも力がはいることこのうえないです。

 

 

明石定子の抱える患者というのは決して少なくないがこのような状況でさえ彼女は的確に患者の想いに応えるべくオペをおこなっている。

 

 

年間100を超えるオペを担当する中で間違いなくその技は磨かれ、より高度な技術をていきょうされているということですね。

 

 

スポンサードリンク

 

 

明石定子は結婚して家族である旦那・夫・子供はいるのか!?

 

 

 

 

明石定子に関しては結婚していて子供がいるということが明らかになっています。

 

 

さらに子供に関してはなんと双子の子供がいるということがあきらかになっています。

 

 

旦那もいるわけなのですがこのことに関してやはり一般人であることからこの手の情報に関しては少ないという現状があります。

 

 

旦那の顔画像や名前、年収といったことにかんしてはあきらかになっていません。

 

 

30代後半の時に双子を出産したということが言われている明石定子。

 

 

やはり生まれて子供である赤ちゃんというのは夜泣きなどは母親を困らせる行為です。

 

 

明石定子の子供においてもこれは例外ではなかったといいます。

 

 

夜泣きでの連日続く睡眠不足、その中でも明石定子はオペをしないということはなかったといいます。

 

 

厳しい状況の中でもこれまでの道をあゆんでこられたということですね。

 

 

スポンサードリンク

 

 

最後に

 

 

 

明石定子の喜び。

 

 

それは患者からの感謝の言葉に尽きるという。

 

 

オペを終え「ありがとうございました」

 

 

と言われた瞬間。

 

 

明石定子の努力は報われる瞬間なのでしょうね。

 

 

神の手を持つ外科医といってもやはりそこは人間であることから、ロボットではありません。

 

 

その中でいつも輝いている医師というのは素晴らしい職業です。

 

 

医師のやりがいとして語られていたのは自身の技術向上が患者の笑顔に直結していくこと。

 

 

そんなことを実現できる仕事というのはドクターならではです。

 

 

スポンサードリンク

 

 

関連記事は下にスクロール

 

 

コメント