秋田将嗣の顔画像!Facebookで住所が判明か?結婚した家族や両親と子供は?

ニュース




秋田将嗣容疑者が逮捕された今回の事件。

 

秋田将嗣容疑者は児童養護施設の職員だった立場を利用し入所する中学生にわいせつな行為をさせた容疑で逮捕されたといいます。

 

秋田将嗣容疑者の顔画像をリサーチしてみました。

 

児童福祉法違反というのは淫行させる行為ですが、のようなことを中学生に対して行った秋田将嗣容疑者のFacebookページから住所は判明しているのでしょうか。

 

秋田将嗣容疑者は43歳ということですが、結婚して家族である嫁(妻)子供がいてもおかしくはありませんよね?

 

併せて秋田将嗣容疑者の両親などの身元も確認してみたいと思います。

スポンサードリンク

秋田将嗣の顔画像!

男, マスク, 青い目, 手, 謎, 匿名, 非表示, 秘密

秋田将嗣容疑は施設に入所している男子中学生にわいせつな行為をさせた疑いがあります。

 

容疑を否認している秋田将嗣容疑者。

 

秋田将嗣容疑者は次のように供述しているといいます。

「ホテルには行ったが、わいせつな行為はしていない」

 

18歳未満と知りながら、児童養護施設の職員が中学生をホテルに連れ込んでいるというだけもかなり問題があります。

 

3月8日午後10時半頃、福岡県内のホテルということも明らかになっているだけに、もう苦しい言い逃れはやめて頂きたいと思います。

 

秋田将嗣容疑者の顔画像は今現在明らかになっていませんが、今後明らかになり次第、こちらにも記載していきたいと思います。

スポンサードリンク

秋田将嗣のFacebook

さえずり, Facebook, 一緒に, 情報の交換, Instagram

秋田将嗣容疑者は児童指導員として約7年間施設に勤めていたのだといいます。

 

今回の事件であかるみになっただけで、これまでにも様々な問題行動があったのだそうです。

 

入所する子どもの生活全般を指導する立場だったという秋田将嗣容疑。

 

なんと許可なく子どもを外泊させるなどの問題行動があったというのです。

 

このような方が務めている施設というのはそれだけで問題があります。

 

施設側は訓戒処分としたといいます。

 

内容としては「児童への過剰な接触」

 

このようなことがあったにもかかわらず改善が見られないという秋田将嗣容疑者を施設側は諭旨退職処分にしていたのだといいます。

 

秋田将嗣容疑のFacebookページについて検索してみましたが今現在あきらかになっていません。

 

今後明らかになり次第記載していきたいと思います。

秋田将嗣の住所が判明か?

ハガキ, 手紙, マーク, ドイツ, フラグ, はがき, メール, ポスト

若松区畠田3丁目という住所はすでにニュースでもあきらかになっています。

 

北九州市内の施設の元職員である秋田将嗣容疑者。

 

入所する中学生にわいせつな行為をさせたということで、被害者のご家族はどのような思いなのでしょうか?

 

ネット上でも批判の声が相次いでいます。

 

「気持ちが悪い。」

 

「採用の時に分からなかったか?」

 

「ありえない」

 

「信用できなくなる」

 

「施設にも問題がある」

 

「うそつき」

ここに転記したのはごくごく一部です。

 

児童養護施設の職員だった立場を利用した今回の犯行。

 

児童福祉法違反(淫行させる行為)の疑いで元職員が逮捕されたというのはやはり多くの方にとって衝撃的な事件だったわけです。

 

その年齢は43歳。

 

罪を償うのはいいのですが、このような方がまた実生活に戻ったときにまた同じような過ちを起こすのではないかととても心配です。

スポンサードリンク

秋田将嗣の両親と結婚した家族や子供は?

秘密, フォレスト, 闇, 自然, 木, アベニュー, 通路, ギャング

児童養護施設はさまざまな事情で親と過ごせない子どものよりどころともいえます。

 

このような場所で職員らが立場を悪用するというのはあってはならない行為です。

 

ですが、日本ではこのような性犯罪が相次いでいる現状があります。

 

職員採用には法律上の欠格事由は定められていないそうなのです。

 

今の現状というのは「施設任せ」が実状とはなんともいいがたいものがあります。

 

欧米では採用前に小児性愛者かどうかを確認する仕組みを設けた国もあるそうなのです。

 

デリケートな部分ではありますが、このような犯罪が起こってしまっている以上日本も早急に対策をとるべきなのではないかと思ってしまいます。

 

専門家においても次のようにコメントしているといいます。

「日本も採用段階のチェックを厳しくするべきだ」

このように専門家が指摘しているのです。

 

日本も早急に対策をとるべきでしょう。

最後に

失われた場所, ケラー, エレベーター, 地下, 暗い, 奇妙な, 気分

ニュースにもありましたが、昨年1月にも性的な犯罪があきらかになりました。

 

これは北海道で起こった事件。

 

なんと児童養護施設の男性職員が入所中の女児3人に性的虐待を繰り返していたというのです。

 

この容疑者の男は強制わいせつなどの罪で懲役4年の実刑判決となりました。

 

さらに、女児の1人は北海道に損害賠償を求めて提訴し和解したのです。

 

2016年には佐賀県でも事件が起こっています。

 

これは児童養護施設の元男性職員が施設内で男子児童の体を触ったというのです。

 

施設内で男子児童の体を触り強制わいせつ罪で実刑判決を受けている。

 

ほんとうにありえない事件ばかりです。

 

このような事件が撲滅されることを心から願っています。

スポンサードリンク

関連記事は下にスクロール

コメント