アメリカアラバマ大学生ウォルターチャー(理学療法士)32キロの感動と奇跡プレゼントのフォードは社長から!?(アンビリバボー)

アンビリバボー




奇跡体験アンビリバボーアメリカアラバマウォルターがとった驚きの行動ということが取り上げられます。

 

 

アメリカアラバマで起きた奇跡感動ストーリーをの内容やその方法

 

 

さらにウォルターに起こった幸運な出来事などに関して調べてみました。

 

 

スポンサードリンク

 

 

アメリカアラバマ州大学生ウォルター災難とストーリーについて

 

 

 

 

大学生のウォルターはアメリカアラバマ州で理学療法士を目指していた青年だった。

 

 

やはり暮らしのためには家賃を支払ったりと何かとお金がかかってきますから大学生であるウォルターはお金稼ぎにバイトを行うために引っ越し会社で働くことにしたといいます。

 

 

引っ越し会社で働くことになったウォルターには多くの災難が降りかかることとなります。

 

 

なんと初出勤の日になって自分の車が壊れたというのです。

 

 

ほとんどの方はこのようなことがあって交通手段がないともなると出勤はあきらめるのではないでしょうか。

 

 

ウォルターの場合この時の職場というのはなんと32キロも離れた場所にあることから車がなければ通勤は不可能ということになります。

 

 

しょうがなくウォルターは友人に送ってほしいということを頼んだのだといいますが、なんと約束を取り付けたとされる友達に予定が入ってしまったのです。

 

 

さらにウォルターが住んでいたのは田舎町だったことから交通手段がないのです。

 

 

日本でも、田舎ではこのようなことはよくありますよね。

 

スポンサードリンク

 

 

ウォルターの驚くべき行動と方法がスゴイ!

 

 

 

 

不測の事態に陥ってしまったウォルターは驚くべき行動をとりました。

 

 

考えられる手段として、会社に電話で不測の事態を伝える事もできたはずですし、その他の手段で職場まで行く事も考えられますよね。

 

 

ウォルターが選んだ行動というのは徒歩でした。

 

 

しかも32キロ・・・。

 

 

やはり仕事といっても、生活がかかっていますから絶対に行き着きたかったということはなんとなくわかるのですが、

 

 

やはり本人的にもの仕事がいつ見つかるかわからないといったおもいは必ずしもあったとおもわれますし。

 

 

出勤時間は朝8時、32キロを逆算して、家を出たのは深夜だったのだとか。

 

 

ハイウェイ沿いを歩き続けたというウォルターですが、ハイウェイ沿いって歩くとこではないわけなので草が多い茂ってるなんで場所もざらにあるってことですよね

 

 

そんな中ウォルターは歩き続けたのだといいます。信じられませんよね、大学生が深夜にこんな場所を一人で歩いて出勤しているのですから。

 

 

ウォルターが16キロ地点に訪れたときに警察に職務質問を受けたのだがこれがウォルターにとっては幸運な出来事となった。

 

それはもちろんこのような場所で人があるいていたら完全に不審者としか言いようがありませんからね・・・。

 

 

ウォルターは警察に事情を説明することとなり、事情を聞いた警察官が職場まで送るということをしてくれたのだといいます。

 

 

これはとても幸運な出来事ですよね。

 

 

ほんとうによかったですよ。

 

 

スポンサードリンク

 

 

社長がウォルターに車をプレゼント!?

 

 

 

 

ウォルターは見事にパトカーで通勤を完了した、顧客はかなり不審がっていたといいますが、それもそのはず、パトカーから降りてきた男が仕事をしているのですから。

 

 

ですが事情を聴いた顧客のジェニーはとても関心したのだといいます、それはそうですよね、そんな熱心な方なら仕事を頼みたいと思いますよ。

 

 

顧客のジェニーは社長のルークに早速連絡!ウォルターのことを電話で話したそうです。

 

 

このとき、やはり社長のルークも感動したのでしょうね。

 

 

次のような言葉をウォルターにつたえたのだとか。

 

 

「君は我が社が求める資質の全てを持っている、ただ通勤するための手段がないだけだ。

 

私の車はきっと君の役に立つだろう」

 

 

社長のルークはウォルターに車をプレゼントしたのですね!!

 

 

ウォルターは感動のあまり涙を流したといいます。

 

 

このようなストーリーで多くの方々に感動をもたらしたことでしょう。

 

 

スポンサードリンク

 

 

ウォルターはハリケーン・カトリーナの被害者

 

 

 

 

2005年、ハリケーン・カトリーナがアメリカを襲いましたが、ウォルターの家族は被災して家族を失ったのだといいます。

 

 

このようなつらい出来事も乗り越えてきていることからウォルターは真摯な行動がとれるような青年だったのでしょう。

 

 

だからこそ多くの人々の心を動かすストーリーを生み出すことがあったということになりますね。

 

 

スポンサードリンク

まとめ

 

 

 

ウォルターはアメリカアラバマ州の大学生ということでこのような降りかかった災難と向かい合ったことで注目を集めました。

 

 

理学療法士というとリハビリなどについてその医療を提供する立場ですので今後素晴らしい仕事をする方になることは間違いないでしょうね。

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

スポンサードリンク

 

 

関連記事は下にスクロール

 

 

コメント