ぼっかけ(神戸)焼きそば・お好み焼きの店の場所は?発祥や由来に意味まで!

料理人




秘密のケンミンショーに「ぼっかけ」の登場です!

 

神戸のソウルフードと知られる「ぼっかけ」

 

焼きそば・お好み焼き・ラーメンにも合うそうですがお店の場所はどこなのでしょう。

 

また「ぼっかけ」の意味が気になります。

 

さらに歴史的に発祥や由来に関しても見ていきたいと思います。

 

 

スポンサードリンク

 

 

ぼっかけ(神戸)焼きそばの店の場所は?

 

長田本庄軒 三宮センタープラザ

〒650-0021 兵庫県神戸市中央区三宮町1丁目9−1 三宮センタープラザ東館B1F

 

ぼっかけ焼きそばとは神戸市長田のご当地メニューであり牛スジとこんにゃくの煮込みをからめた名物焼きそばである。

 

長田本庄軒は焼きそばの専門店として知られています。

 

ぼっかけおむそばなどもかなり人気だそうです。

 

ぼっかけ焼きそばを卵で包んでいるのですね。

 

神戸名物ぼっかけやきそば発祥の店ということがいわれている長田本庄軒。

 

ぼっかけ焼きそばって耳にしたことがあるという方々もけっこういらっしゃるようですね。

 

食べログなどに目を通すことがありまうがかなり点数が高いのですね。

 

さすが神戸の方々の舌をうならせてきただけはあります。

 

お店の特徴としてはカウンターのみの席の配置ではないでしょうか。

 

目の前に鉄板がありそのばで焼いてくれるということが魅力ですね。

 

鉄板はメインの鉄板で店員さんが焼きそばを焼いてくれて、客の目の前の鉄板に関しては保温&追い焼きというスタイルになっているわけです。

 

関西で歯スタンダードであるということも言えますが、県外からいらした方などにはパフォーマンス的にも楽しんでもらえるという形でしょう。

 

焼いているシーンを目視しながら、店内の雰囲気を楽しみつつ、香りも楽しむ瞬間もたのしみのひとつではありますね。

 

一口目はスパイシーな感じも感じられると言います。

 

コシのある麺が楽しめるというのも特徴の一つとも言えるでしょう。

 

麺はのどごしがよくて人気の要因である。

 

さらにどろソースという秘伝のタレがあるので、鉄板の上で焼かれて少し硬くなったところにこのソースをかけるというのも楽しみ方の一つとしても知られています。

 

歯ごたえのあるもちもちの麺に、甘辛いコクのあるソース。

 

定食ではご飯がついてくるので、口コミなどではご飯3杯はいける!

 

というようコメントもあるほどです。

 

焼きそばとごはんというのは組み合わせとしては最高なわけですね。

 

 

※注目記事はこちら

白石美緒が離婚の元旦那(夫)は?男性遍歴や息子!ポールダンス動画はある?(ナカイの窓)

 

ぼっかけ(神戸)お好み焼きの店の場所は?

 

 

神戸空港店
所在地 〒650-0048 神戸市中央区神戸空港1番
営業時間:10:00~21:00(ラストオーダー20:30 )
定 休 日:年中無休
アクセス:神戸空港ターミナルビル

 

 

六甲道店
所在地 〒657-0027 神戸市灘区永手町4丁目2-1
営業時間:11:00~21:00
定 休 日:第2・4は15時以降閉店
アクセス:フォレスタ六甲B1

 

ポートアイランド店
所在地 〒650-0046 神戸市中央区港島中町3-2-6-22
営業時間:10:00~21:00(ラストオーダー20:30 )
定 休 日:年中無休
アクセス:神戸新交通ポートアイランド線みなとじま駅 徒歩6分

 

 

壱成の特徴というのはやはり300度で焼き上げるという鉄板の力を利用しているという点でしょう。

 

焼きそばも一瞬で火が入るというわけです。

 

家庭ではやはり鉄板の温度をここまでコントロールできないということから、やはり焼きに関してはかなりのこだわりをもっているということになるわけです。

 

さらに牛すじ煮込みが絶妙のコラボとなるわけですね。

 

これが壱成がステップアップすることになるきっかけとなったのではないかとかんがえられます。

 

壱成の「ぼっかけ」というのはなんといっても厳選されているというこだわりが素晴らしいわけです。

 

これは人気のポイントということにもなるのですが神戸長田名物「ぼっかけ」を極めているわけですね。

 

B級グルメということを考えてもここまでのこだわりというのはお客をファン化させていることに違いありませんね。

 

壱成のこだわりがここに集約されてに出来上がっているということですね。

 

トロトロになるまで煮込まれた厳選された牛筋。

 

お好み焼きはもちろんですが、焼きそば、石焼きカレーなどの人気メニューに関しても抜群の相性ということが言われていますね。

 

壱成は歴史あるお店としても知られていて神戸に根付く人気店でしょう。

 

その歴史は60年に及ぶほどです。

 

創業60年というのは飲食業においてかなりのすごいはなしなのではないかと考えられます。

 

記事は改良が幾度も重ねられた傑作とも言えるでしょう。

 

ですが時代などによってもますます進化していく事はまちがいないことだとは考えられるのですが。

 

壱成全店で頂くことができるというお好み焼きの生地は安定の味ですね。

 

 

※注目記事はこちら

吉澤ひとみ容疑者にホリエモン,野口健,デヴィ婦人,クリス松村が喝!

 

 

ぼっかけ(神戸)ラーメンの店の場所は?

 

 

 

神戸灘八は長田名物ぼっかけの乗ったまぜそばが有名でしょう。

 

16時まではサービスでライスがつくというのもうれしい所ですね。

 

10分以内で出来上がるということですから、急いでいるビジネスマンの方々にも人気があるでしょう。

 

ぼっかけの存在感というのは圧巻です。

 

牛すじ煮込みがよく混ぜることによって面に絡み合う。

 

麺に良い味を与えているなどという口コミも見受けられます。

 

ライスのおかずにしてもとてもおいしいですからこの辺りは好みで頂くのがおすすめのようですね。

 

麺と一緒に食べても柔らかくおいしいと評判です。

 

甘辛い感じが麺と絡み合って絶妙なのですね。

 

卓上にニンニクがあり、タレなどもおいてあることで好みの味で頂くことができます。

 

最後にライスを入れて頂くということも楽しみとして頂いているというかたもいるようです。

 

カレー味のまぜそばや旨辛なども人気なようですね。

 

「旨辛ぼっかけまぜそば」は全く辛くないといことが言われていますね。

 

だれでも食べやすい味の設定と言えるでしょうか。

あご出汁スープがついていますね。

 

ぼっかけが甘辛い感じということはご存知の方も多いですがさらに辛いのが少し乗っているかたちですね。

 

やはりぼっかけのおいしさに関しては安定であり当たり前とも言われていますね。

 

麺は、やきそばみたいな中太のちぢれ麺でぼかっかけによく絡むと評判ですね。

 

刻み玉ねぎや酢、ラー油で味を変えるということも皆さんたのしんでおられるようです。

 

 

スポンサードリンク

 

 

ぼっかけ(神戸)の発祥って?

 

 

神戸市の長田区周辺ではぼっかけと称されるのは、牛スジ肉とコンニャクを甘辛く煮込んだすじこんである。

 

近畿地方では多くの場合牛肉はよく食べることが知られています。

 

牛肉の中でもすじ肉というのは安価ですよね。

 

庶民的であるとも言えるでしょう。

 

このことから明治時代から愛され続けているわけですね。

 

醤油を味付けとするすじこんに対して、牛すじとこんにゃくを煮込んだ料理にはどて焼きが良く知られていますね。

 

どて焼きは味噌煮ですね。

 

うどんの具としても近畿圏では親しまれていますね。

 

濃い目の味付けで煮込むことで日持ちするのは数日となる。

 

 

※注目記事はこちら

堀内朗(イグ・ノーベル賞)WIKI経歴と病院は?家族(嫁・子供)内視鏡検査って?

 

 

ぼっかけ(神戸)由来はなんなの?

 

 

 

 

「ぶっかける」が名前の由来であるが、しだいに「ぼっかけ」と変化した。

 

みりんや醤油、砂糖などで牛スジ肉とコンニャクを煮込んでいくぼっかけ。

 

やわらかく味が染みるまで煮込むのがポイントです。

 

圧力鍋を使うことで時間を短縮することもあるのだと言います。

 

神戸市長田区近辺においては「ぼっかけ入りお好み焼き」や「ぼっかけうどん」などにかんしては定番メニューの具材というわけですね。

 

 

 

スポンサードリンク

ぼっかけ(神戸)に意味はあるのか!?

 

 

ぼっかけの意味としては

 

牛すじとコンニャクを甘辛く煮たものをうどん、カレー、ラーメンなどにトッピングしたもの。

神戸市長田区発祥。

 

とされています。

 

やはり由来でもある「ぶっかけ」に通ずるものがありますね。

 

 

 

 

※注目記事はこちら

東信の花の注文と料金の値段がガチ!店の場所と経歴(クレイジージャーニー)

最後に

 

 

長田の町ではぼっかけの旗が多く掲げられていると言います。

 

お好み焼き屋さんなどでは定番の光景ということですね。

 

ぼっかけというのはなんですか?

 

ということは多くの方々が店では質問されていると言います。

 

テレビなどでも放映され日本国民には慣れ親しんだワードになりつつある「ぼっかけ」ですが、まだまだ知らない方も多いのですね。

 

すじこんという名前で知っているという方の方が多いかもしれません。

 

すじこんはぼっかけである。

 

牛スジ肉とこんにゃくを甘辛く煮込んだものですからいろいろなものにあうのですね。

 

長田ではぼっかけて(ぶっかけて)食べる。

 

ぼっかけうどんはもともと親しまれていたものだといいます。

 

長田でスジ呼ぶのが本流という情報もありますね。

 

長田お好み焼きトッピングとしては当たり前のレベルということです。

 

スジのお好みが正しい言い方ともいえますね。

 

お好み焼きにぼっかけることはしないということになりますからね。

 

スジコンを入れるというところからですね。

 

阪神大震災は「ぼっかけ」というワードを普及させるきっかけとも言われた。

 

コロッケなどにもいれるということがはじまったのもこの時だったのですね。

 

パンなどにも普及していったのです。

 

多くの長田区民がぼっかけが押し出されているのかが不思議に思っていたようですね。

 

長田の名物として「ぼっかけ」をひろげるものかともおもわれていたようです。

 

実際にその部分もあったでしょうが。

 

とある番組が企画した食べ物で対決する内容で神戸の商店街でおこなわれたことがあったといいます。

 

そのときにスジのお好み焼が採用されたと言います。

 

スジのお好み焼というのはインパクトにかけていたわけです。

 

なにかインパクトのある呼び方はないのか。

 

このとき長田のうどん屋のぼっかけというワードを利用したといいます。

 

長田の商店の活性化を推進していたTMOさんがカレー屋やパン屋さんにまでぼっかけ旗を無償配布していまにいたったのだとか。

 

長田ではそばめしとぼっかけは切っても切り離せないということになりますね。

 

最後までお読みいただきありがとうございました!

 

スポンサードリンク

コメント