断橋の奇跡!両親(徐夫婦)と静芝(次女の娘)は七夕に親子再会!?仰天実話【アンビリーバボー】

アンビリバボー




2006年にンビリバボーで断橋で起こった奇跡が放送された。

 

1995年に誕生した徐(ジョ)夫婦の2人目の子供(次女の娘の静芝(せいし))が中国でおこなわれていた一人っ子政策のため断橋においていかなくてはならなかった。

 

会いたい人に会える伝説の橋として知られていた断橋。

 

ここに我が子をおいていくことで赤ん坊である我が子にまた会えるようにということだったわけだ。

 

夫婦は断腸の想いだったといいますがその手紙の内容は。

 

「願わくば10年後あるいは20年後の七夕の日の午前、断橋の上で一目お会いすることが出来ますように」

 

というものだった。

 

10年後は会えなかった親子。

 

今回の23年越しのアンビリバボーな奇跡とはどのようなものだったのでしょうか!?

 

 

スポンサードリンク

 

一人っ子政策によって引き裂かれた親子

 

 

静芝は1995年7月24日午前10時に生まれたのだといいます。

 

1979年に貧困対策として導入された厳格な「一人っ子政策」のもとでは、中絶されるはずの赤ん坊だったのだとか。

 

母は静芝を舟の上で出産したといいます。

 

夫の徐が、熱湯消毒したハサミで、へその緒を切ったとき、胎盤が出てこないという危険な合併症になっていたにもかかわらず、、病院に行くという選択肢はありえなかったという。

 

舟が停泊していた場所の近くに小さな医院があり、医者は通報せず助けてくれたのだとか。

 

徐は5日後の夜明けと共に赤ん坊を蘇州にある青果市場に手紙と共に残したといいます。

 

「私たちの娘・静芝は1995年7月24日午前10時に生まれました。

 

貧しさと社会事情ゆえにこの子を捨てざるをえません。

 

この父と母の心に哀れみを!

 

私どもの娘を救ってくださり、育ててくださり感謝いたします。

 

運命が許すならば、いまから10年後、あるいは20年後の七夕の朝に杭州の断橋で再会しましょう」

 

これがその手紙の内容だった。

 

スポンサードリンク

 

静芝のその後・・・。

 

 

23年前、赤ちゃんの静芝と手紙は、蘇州市の児童福祉施設に届けられたのだとか。

 

このことから、ミシガン州ハドソンビルのケンとルース・ポーラー夫妻は養子を迎えることを決めたことから里親となったわけです。

 

スポンサードリンク

 

約束の10年後の七夕に再会できたのか!?

 

 

2005年徐夫婦は七夕に断橋へ向かったといいます。

早く着いたという二人。

 

娘の名前とあの手紙にあったような文言を書いた大きなサインを掲げていたのだとか。

 

その時は誰も会いには来なかった。

 

里親のポーラー夫妻は友人の友人にその日に橋を訪れてくれないかと依頼していたのだとか。

 

里親が育てているということを友人から徐夫婦に伝えるためだったといいます。

 

ウーという友人は橋にはいったものの徐夫婦と入れ違いだったのだとか。

 

スポンサードリンク

里親であるポーラー夫妻の判断!!

 

 

ウーの存在が徐夫婦に伝わったことから徐夫婦は大喜びしていたといいます。

 

ですが里親のポーラー夫妻は連絡を断つようになったといいます。

 

これも静芝の事を思っての事ですね。

 

年齢から考えても静芝の成長を待ってから静芝が本当の両親に関心をもったらということでしょう。

 

幼い頃に親のいざこざに巻き込むのは教育上問題があることは確かです。

 

スポンサードリンク

 

静芝と徐夫婦は再会できたのか!?

 

 

2017年の七夕前日、銭と徐は静芝に会うことができたのです!

 

静芝は米国の養親にキャサリン・スー・ポーラーという名を付けてもらっているといいます。

 

BBCドキュメンタリーで放送された再会。

 

徐夫婦はどのような思いだったでしょうか!

 

スポンサードリンク

 

最後に

 

 

一人っ子政策。

 

このようなことによって引き裂かれた親子というのはどのような心境だったでしょうか。

 

徐夫婦の心境を考えるだけでも胸が痛むほどの内容ですよね。

 

そして、両親がいなくなった、置いてきぼりの静芝。

 

このときの彼女は物心はついていなかったでしょう。

 

ですが、このような状態でそのままにされたときの赤ちゃんの恐怖などは計り知れませんよね。

 

保護されたからよかったものの、だれも気付かなければ一人で生きていく事はできなかったわけです。

 

里親であるポーラー夫妻に関しても静芝を育てるときに本当の親として愛情を注いでいったのです。

 

このような素晴らしい人格のある両親に出会えた静芝は本当に運がいいのではないでしょうか。

 

年齢的にも成人していますから人間ができているでしょうね。

 

静芝に関しては20代でありこれからの方なので、幸せな人生を歩んでいってほしいですね!

 

スポンサードリンク

関連記事は下にスクロール

コメント