フィラデルフィア管弦楽団が飛行機内で感動の演奏会!その神対応とは!?【1番だけが知っている】

ニュース




フィラデルフィア管弦楽団「飛行機内で感動の演奏会をした」ということですがどのような内容だったのでしょうか。

 

フィラデルフィア管弦楽団が神対応をしたとされているのが北京首都空港です。

 

その内容について見ていきたいと思います!

 

スポンサードリンク

北京空港で暴動寸前!?遅延やキャンセルが続出!!

これは2013年に起こった出来事です。

 

北京首都空港は大雨に見舞われていたといいます。

 

フライトの安全にかかわることから、遅延やキャンセルといった措置がとられていました。

 

北京発マカオ行きの便も離陸を見合わせることになっていたそうです。

 

中国人の国民性は「せっかち」というのは有名な話です。

 

中国では交通機関の遅延などがキッカケとなり喧嘩や暴動になることもあるといわれているほどです。

 

2013年6月6日、北京首都空港の飛行機の機内は非常に危険な状態となっていたそうです。

 

スポンサードリンク

フィラデルフィア間楽団が見せた神対応とは!?

飛行機内ではイライラした雰囲気が立ち込めていたそうです。

 

そんな中、機内に居合わせたというフィラデルフィア間楽団が立ち上がりました!

 

このとき居合わせたのがフィラデルフィア間楽団の4人の団員。

 

コンサートツアーのため中国を訪れていたというフィラデルフィア間楽団。

 

なんと楽器を手に取って乗客のために演奏を始めたのです!

スポンサードリンク

フィラデルフィア間楽団の神対応によって暴動鎮圧!?

アメリカの名門オーケストラ「フィラデルフィア管弦楽団」の団員がかなでる美しいハーモニー。

 

航空機内は思いがけないひとときのコンサートを楽しんだ人々から拍手が起こっていたそうです!

 

殺伐とした雰囲気は払しょくされて乗客は皆笑顔になったといいます!!

 

スポンサードリンク

最後に

多くの人の心を感激させたフィラデルフィア間楽団の団員による機内演奏会

 

飛行機は待たされることにはなった乗客ですが、フィラデルフィア間楽団の演奏を聴くことができたという点ではラッキーだったとも言えますよね。

 

ネット上の口コミでも「いいなぁ!!」といった、乗客らをうらやむ声もあがっているほどです!

 

その他の書き込みも紹介しておきます。

「美しい音楽はイライラも悩みも全部ふっ飛ばしちゃう!」

 

「マナー良くできるのは本当に素晴らしいこと。すごく感動しました」

 

「ほらね、音楽には国境なんてないんだよ」

 

「人間は音楽と共に生きてるんだなぁ」

 

「世界は愛にあふれてる!!」

 

「辛いなかにも喜びを見つけられるって素敵」

 

「中国の航空会社はこの経験を生かして、カラオケでも設置したらどう?」

 

演奏時間は5分足らずだったといいます。

 

たった5分というわずかな時間で多くの人々の心を動かすことのできる演奏というのは本当にスゴイなと感じました。

 

フィラデルフィア間楽団の神対応、本当に素晴らしいです!

スポンサードリンク

関連記事は下にスクロール!!

コメント