樋田淳也容疑者の懸賞金は警備員の女性に200万(大阪富田林署逃走)は誰?

事件




大阪富田林署を逃走した樋田淳也容疑者。

 

山口県周南市の道の駅にて、万引きしたとして警備員の女性に呼び止められたのだといいます。

 

このことから大阪富田林署を逃走した樋田淳也容疑者は逮捕されることとなりました。

 

この警備員の女性に懸賞金の200万は支払われるのかということが注目されていますね。

 

 

スポンサードリンク

 

樋田淳也容疑者の逃走の経緯

 

樋田淳也容疑者は8月12日午後に逃走したのが事の発端となりました。

 

容疑というのは残虐なものであり窃盗などがそのひとつとして言われています、そのほかにも強制性交などという犯罪をおかしているのです。

 

このようなことからなんと4回逮捕されているということなのですね。

 

大阪府富田林市で留置所で勾留されていたわけですが面会室の窓を壊してにげたというのです。

 

このことを受けて大阪府警は行方を追っていたわけですが。

 

様々な場所に顔写真を公開しているるということと捜索を行っているということになっていましたね。

 

樋田淳也容疑者は住居不定無職であることからまともな人間性とは言い難い部分を感じられます。

 

8月12日午後7時半ごろから2階の面会室で弁護士と接見していたということですが、この時も樋田淳也容疑者は周りの様子をよく観察していたことに違いありません。

 

10時ごろ、署員が部屋を確認したところ、だれもいなかったため逃走が判明したのだといいます。

 

警察としてなんとも恥ずべく内容ではないでしょうか。

 

警察署で捜査車両などが燃えた放火事件に関与した疑いもあるという、なんとも極悪な樋田容疑者。

 

アクリル板がサッシから外れかかっていたところを樋田淳也容疑者は見逃さなかったのだ。

 

なぜ犯罪者の方が警察官よりも注意深く部屋を観察しているのかということに関して非常に不安を感じる部分でもありますよね。

 

手錠もされていない状態でったということですからその自由度というのはとてもあからさまですよね。

 

弁護士にいたっても終了したことを警察署側に伝えていない状態。

 

これほどもまでに甘い管理体制があるでしょうか。

 

これが警察なのかとかなり嫌悪感を覚えてしまいます。

 

警察官は異変に気付いていないというが、のちに分かった内容として、樋田淳也容疑者は常に監視している警察官を観察しており、甘い警察官の隙を狙って逃走しているのです。

 

富田林署のずさんな管理態勢。

 

これは大阪府警丸ごと、そして、日本の警察というものが批判されることになったのは言うまでもありません。

 

全ては樋田淳也容疑者の作戦通りであり、このような容疑者の作戦にも対応していなかったのがこの警察署であるということも批判の内容ですね。

 

 

※関連記事はこちら

松本智津夫(オウム真理教)サリン事件の死刑執行、日時や場所と関係者

 

 

樋田淳也容疑者と行動を共にした男

 

 

 

詳しい足取りの解明について調査が進められているということですが、樋田淳也容疑者は

44歳の男と一緒に自転車で行動していたということがあきらかになっています。

 

男は日本一周をしているという男と行動を共にしていたということですが、他人の自転車に乗っていた占有離脱物横領の疑いで逮捕されていますから、盗難自転車だったのですね。

 

「3週間ほど前、愛媛県内の道の駅で出会い、お互いの素性は知らなかった」

 

このように語る男だが実際のところに関しては明らかになっていないのが実情でしょう。

 

 

※関連記事はこちら

吉澤ひとみ、運送業者の無断リークは誰!?現在ヤバイ状態でギャラは100万?

 

 

樋田淳也容疑者を呼び止めた女性とは?

 

 

女性に呼び止められた樋田淳也容疑者。

 

道の駅で発見されたということだがなんと山口県周南で発見されたのだ。

 

道の駅で食料品を万引きしたというがやはりこの男はこのような事をやってしまう性分なのだということがよくわかります。

 

指名手配されていた容疑者を呼び止めた女性警備員、とても勇気ある行動であるといえるでしょう。

 

そしてこの女性の協力があって、国民の安全がまた一つ確保されることとなったのです。

 

樋田容疑者は加重逃走でまたもや逮捕。

 

万引き犯という内容の通報であったということですがこれは間違いなく警察側からお礼となるものが必要なのではないでしょうか。

 

駆けつけた警察官に現行犯逮捕された樋田淳也容疑者、ですがこの女性警備員が呼び止めなければこの男はまだまだ捕まることはなかったといえます。

 

なんと約4000件の樋田容疑者に関する情報提供があったということが言われる今回の逃走劇。

 

警察のこれからの対応というのが注目される部分でしょう。

 

 

スポンサードリンク

 

 

樋田淳也容疑者の懸賞金は200万?

 

 

懸賞金制度自体が極悪人を逮捕するという点において全国的な指名手配犯を逮捕するためのものですよね。

 

そして逮捕するにあたって最も有力な情報を提供してきた人に支払われるのもということが定義されているというわけです。

 

今回に関しては警備員女性は有力な情報どころか取り押さえていると言っても過言ではないわけですから、この貢献度というのは並大抵ではないですよね。

 

一応ですが偽名での密告者などでは懸賞金というのは受け取ることができないということが決められているようですが。

 

今回に至っては直接ですから間違いないわけですよね。

 

しかもこのように取り押さえてさらに通報しているわけですから、支払われて当然なのではないかとも感じられますね。

 

この懸賞金は最大200万と言われていますが、200万受け取っても問題ないのではないでしょうか。

 

 

※関連記事はこちら

仙台マシンガン男の顔画像や名前は?家族(妻・嫁・子供)と会社と職業など!

 

 

最後に

 

 

今回の事件では容疑者が逃走するという大事件になってしまったわけです。

 

今後このようなことが起こるとやはり警察の信用は地に落ちるわけですし、国民というのが恐怖におびえるということになるわけです。

 

樋田淳也容疑者にいたってもまだ30歳という年齢なわけですから、人生をと通して罪を償うべきだと思います。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

スポンサードリンク

 

 

コメント