久岡寛の結婚(嫁(妻)子供(息子)!WIKIプロフィールや経歴(職業)!お金で人生狂ったの?パラグアイ仙人【世界なぜそこに日本人】

世界ナゼそこに?日本人




久岡寛(パラグアイ仙人)の結婚(嫁(妻)子供(息子)についてしらべてみました!

 

久岡寛のWIKIプロフィールや経歴(職業)について調べてみました!

 

久岡寛は南米パラグアイの秘境で愛する家族と離れて、

 

なんと一人で仙人のような自給自足生活を送るワケあり男性だといいます!!

 

上半身は常に裸の77歳なのだとか・・・。

 

お金によって人生を狂わされた壮絶人生とはどのようなものだったのでしょうか!!

 

スポンサードリンク

久岡寛(パラグアイ仙人)の結婚(嫁(妻)子供(息子)について!

 

 

26歳の時に日本の移民女性と結婚したとされる久岡寛。

 

子供は息子がいるということが明らかになっています!

 

今では家族からも一人離れ、自給自足の生活をしているという久岡寛。

 

パラグアイは田舎です!

 

日本と同じ国土なのに人口が日本の300分の1です。

 

ほとんどは手付かずの自然のパラグアイ。

 

大都市を除いて自然に囲まれながら農業を営んでいる人がほとんどです!!

 

スポンサードリンク

久岡寛のWIKIプロフィールや経歴(職業)について!

 

 

久岡寛は満州で生まれたということが明らかになっています!

 

親戚を頼ってパラグアイに移住したという経歴になっています。

 

このことから原始林を開拓したのだとか。

 

世界的不作で大豆の値段が高騰した年があったという!

 

このことから久岡寛は一時期億万長者になったという。

 

息子が街の男性と事故を起こしてしまうまでの話ですが・・・。

 

カラガタウという村。

 

人がいない村として知られている村です。

 

牛や犬が当たり前のようにその辺で寝ているような村で久岡寛暮らしているのですね。

久岡寛は自給自足の生活を送っていて畑で育てた果物は出荷することで家計の足しにしているので職業は農業ですね!

スポンサードリンク

 

久岡寛はワケあり男性!お金によって人生を狂わされた壮絶人生!上半身は常に裸!?

 

 

親戚を頼ってパラグアイに移住した久岡寛。

 

このことから原始林を開拓した。

 

そして、26歳の時に日本の移民女性と結婚!

 

さらに子供にも恵まれています。

 

なのになぜ今は一人で暮らしていて仙人のように自給自足をしているのか・・・。

 

それは息子が街の男性と事故を起こしてしまったからだという!

 

これは問題となった。

 

問題を解決するために金を積み、全ての財産を捨てて問題を解決してのだとか。

 

このことから自給自足の生活を送るようになったのだといいます。

 

大変な過去があったのですね。

 

久岡寛の一番の望み、それが

 

ここで死ぬこと

 

カラガタウ村は人生の最後に辿り着いた大切な場所だと久岡寛は語っているという。

 

スポンサードリンク

 

最後に

 

 

 

 

「日系一世の仙人のようなおじいさんが住んでいる」と噂にもなっている久岡寛。

 

久岡寛は高知県からパラグアイに移住したとされています。

戦前に満州で生まれた久岡寛。

なんと終戦後は家族と満州から朝鮮に渡りそこから命がけで船で日本に帰ったのだとか!!

戦後間もない元である高知県での生活だった。

親戚の叔父からパラグアイで農作物が出来るという手紙を受け取ったとされる久岡寛。

これがパラグアイに移住するきっかけだったのだとか。

両親との死別し移住した当初はもちろん苦労がおおかったということです。

税率が変わって何十万ドルもの大金を手にしたということだったのですね!!

久岡寛の家には電気炊飯器とインターネットがあるようです、インターネットがあるので情報は多く得ているかもしれませんね。

ある記事では犬を飼っているということが記されている久岡寛。

ガスコンロがないことから食事は薪を燃やして作るといいます。

風呂は五右衛門風呂だそうですよ!!

スポンサードリンク

関連記事は下にスクロール!!

コメント