本多理恵子は結婚して旦那(夫)子供はいるの?経歴(高校)や年収を調査!

セブンルール




本多理恵子さんは結婚して旦那(夫)子供はいるのでしょうか?

 

WIKIプロフィールや経歴(高校)についても見ていきたいと思います。

 

さらにオーナー業や著書も出版されていることから年収も調査してみたいと思います(^^)/

 

それでは早速見ていきましょう。

スポンサードリンク

本多理恵子のWIKIプロフィールや経歴!

名前:本田理恵子

生年月日:1965年5月20日生まれ

年齢:54歳(2019年11月現在)

出身:群馬県 高崎市

住所:神奈川県 鎌倉市 雪ノ下

最終学歴:関東の短大卒

職業:鎌倉カフェ「Cafe Rietta(カフェリエッタ)」オーナー / 料理教室 主宰

 

本多理恵子さんの経歴について調べてみました。

 

1986年に株式会社リクルートに入社した本多理恵子さん。

 

1989年に結婚されておられます。

 

お相手の男性はリクルートで知り合った同期の男性なのだといいます。

 

リクルートを退社したのは長男に恵まれたときだったそうです。

 

これが1996年。

 

出産の6ヶ月後というわけですね。

 

神奈川県の鎌倉へ引越しをしたのが2006年。

 

これは子育てのためだったようです。

 

そんな本多理恵子さんですが、翌年には「商売をやってみたい」という気持ちがでてきたようです。

 

2007年になってから、「Cafe Rietta(カフェリエッタ)」をオープン。

 

Cafe Riettaは店内8席、テラス席5席の構成となっています。

 

こだわりのお店Cafe Rietta眺めもよく風も気持ちいいといいます。

 

自宅を改築してオープンしたCafe Riettaはランチは限定数のみで売り切れたらその日は終了というスタンスで経営されています。

 

もう一つ、本多理恵子さんが2007年に始めたのが料理教室。

 

こちらの料理教室のコンセプト

  1. 生徒は座って見て食べるだけ
  2. その日のうちにすぐ作れるレシピ

そんなコンセプト始めて見た!

 

多くの方がこのような反応だったでしょう!

 

「実は私も料理は元々好きではなくて。家と教室で2回作るのは疲れるし、面倒と思う部分を省いたら好評だった」

出典:本多理恵子さん

料理を作ることに苦痛を感じる女性のためのプラン。

 

本田理恵子さんと同じくわかる女性にとても響いているんですよね(^_^)

 

料理教室の反響というのは驚くべきもので、なん10年で1万2千人という生徒さんが訪れるという教室になったようです!

 

北海道からの生徒さんもいらっしゃるということですから、その人気っぷりが見て取れます。

 

本多理恵子さんはご自身の著書も出版されています。

 

「料理が苦痛だ」

 

題名だけ見ると本多理恵子さんの本心を書いてるのかな?

 

なんて感じがします。

以下、本多理恵子さんの経歴をまとめてみました。

1986年04月 株式会社リクルート入社

1989年05月 結婚

1996年06月 長男出産

1996年12月 株式会社リクルート退社
2007年04月 神奈川県鎌倉市の自宅を改築して「Café Rietta」を開業

2018年11月 著書「料理が苦痛だ」出版
2019年08月 著書「ようこそ「料理が苦痛」な人の料理教室へ」出版

スポンサードリンク

本多理恵子は結婚して旦那(夫)子供はいるの?

WIKIプロフィールや経歴の部分でも触れていますが、本多理恵子さんは結婚されています。

 

本多理恵子さん子育ての為に神奈川県鎌倉市に引っ越したそうです。

 

現在も旦那さんと息子さんの三人家族ということがあきらかになっています。

 

なお、息子さんはアメリカの大学に行っておられるということです。

スポンサードリンク

本多理恵子の年収を調査!

本田理恵子さんの年収を調査してみました。

 

なぜ年収?という声が聞こえてきそうですが、本多理恵子さんはバリバリお仕事をされている実業家でもありあます。

 

  • 鎌倉カフェ「Cafe Rietta(カフェリエッタ)」
  • 料理教室
  • 2018年 著書「料理が苦痛だ」出版 レシピ本大賞エッセイ賞を受賞
  • 2019年 著書「ようこそ「料理が苦痛」な人の料理教室へ」出版

 

本では印税が入りますし、カフェ経営に料理教室。

 

年収は600万は余裕でくだらないと予測されているようです!

 

凄すぎます!!

スポンサードリンク

最後に

手, スマート フォン, 社会的なメディア, ソーシャル ネットワーク

本多理恵子さんの著書や料理教室については女性目線からすると気になるものばかりですよね!

 

「料理が苦痛だ」の本はほしい!といった声が多く聞かれます♪

 

今回のセブンルール―出演で売り上げ部数が伸びることは言うまでもないでしょうね!

 

今回は以上となります。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサードリンク

関連記事は下にスクロール!!

コメント