堀内朗(イグ・ノーベル賞)WIKI経歴と病院は?家族(嫁・子供)内視鏡検査って?

スゴイ人




堀内朗さんがイグ・ノーベル賞を受賞しました。

 

WIKI経歴と病院について。

 

さらに家族である妻・子供についてみていきましょう。

 

内視鏡検査とイグノーベル賞についても調べてみました。

 

 

スポンサードリンク

イグノーベル賞とは?

 

 

科学研究以外にも、バウリンガルやたまごっち、カラオケといった商品の発明に対しても賞が贈られる場合もあるというイグ・ノーベル賞。

 

なんのノーベル賞なのか気になったので調べてみたのですが。

 

一言で言うと、

 

「人々を笑わせ、そして考えさせてくれる研究に対して与えられるノーベル賞」

 

ということだそうです。

 

面白いということがとても大切にされているのですね。

 

面白くても埋もれた研究というのはかなりおおくあるというのも事実なのだとか。

 

このように埋もれてしまった業績というものを広めるということも目的とされているようです。

 

面白くて、考えさせられるものなのに埋もれてしまっている並外れたもの、そしてその想像力を称賛するというのがイグノーベル賞ということになりますね。

 

この賞があることで科学に限らず、機械やテクノロジーへの関心というのは非常に高まっているということは間違いのない事実でしょう。

 

このように人々の関心を刺激するために始められたのがこのイグノーベル賞ですね。

 

風変わりな研究というのは意外にも人々の興味を引くないようも多いのではないでしょうか。

 

多くの人間というのは刺激を求めていると思います。

 

いつも道理の毎日というのが大人の毎日ですからテレビなどでも実験やマジックがおこなわれる番組というのは見入ってしまいますよね。

 

人間というのは新しい情報などがだいすきなのではないでしょうか。

 

イグノーベル賞では研究の他にも社会的事件などを起こした10の個人やグループに対して送られる賞となっているわけです。

 

この内容に関しては、時には笑いと賞賛が送られる。

 

今回のように考えさせられるという部分においては医療系などは多くの考えというものが脳裏をよぎります。

 

もうひとつ面白内容としては、時には皮肉を込めて授与されることもあるのだという。

 

これは意外ですねやはり、ノーベル賞とはいえあくまで「イグ」であるといことです。

 

このようにインパクトのある斬新な方法にをとっているのですね。

 

ですがインパクトがある方法をとっているからこそ、通常では脚光の当たりにくい、もしくは気づかれることなく埋もれてしまうというような分野にも注目のスポットがあたることになるでしょう。

 

おもしろいが地道な研究にスポットがあたらないというのはとても厳しい内容でしょう。

 

一般の公衆の人々の注目を集める。

 

おもしろいのだから注目されて当然ですよね。

 

さらに科学というもの自体の面白さを再認識させてくれるイグノーベル賞。

 

とても素晴らしいノーベル賞です!

 

日本人の受賞も多いことで知られています。

 

 

※関連記事はこちら

大谷義夫WIKIや彼女について!年収とプロフに出身地はどこ?(名医の太鼓判)

 

 

堀内朗(イグ・ノーベル賞)WIKI経歴

 

 

名前:堀内朗(ほりうち あきら)

年齢:57歳

出身地:長野県

 

昭和伊南総合病院の堀内朗内科診療部長兼消化器病センター長である堀内朗さん。

 

細かな経歴などに関して明らかになっていないということが現状として挙げられます。

 

2018年9月13日に行われたイグノーベル賞の授賞式。

 

座った姿勢での大腸内視鏡検査を自ら試し、苦痛が少ないことを実証したということです。

 

さすがユニークな科学研究などに贈られる「イグ・ノーベル賞」やはり堀内朗さんのすがたをみているだけで少し笑ってしまいそうにもなるないようでしたね。

 

米マサチューセッツ州ケンブリッジのハーバード大でおこなわれたということですが、毎年恒例とも言えるでしょう。

 

とあるインタビューで堀内朗さんは1枚のDVDを差し出したと言います。

 

このとき、一言

 

「実際の様子はここに動画が入っていますから」

 

このように話したという。

 

そのまま学会に戻ったという堀内朗さんは。

 

内容というのが非常に気になる部分ではないでしょうか。

 

このときは内視鏡関連の学会会場で時間を割いてもらっていたということですから堀内朗さんも何かと忙しかったのでしょうね。

 

この時受賞論文などについてもインタビューを受けていたということが言われています。

 

再生されたDVDにはイグノーベル賞受賞の理由である座った姿勢で行う大腸内視鏡検査が収録されていたと言います。

 

DVDの前半においては腹部の内視鏡検査をX線で透視したような感じになっていて医療系ではよくある動画とも言える内容だったと言います。

 

面白いなと感じたのはこの時にしっかりとBGMが流れているという内容です。

 

さわやかなピアノ演奏のBGMが流れるDVDの編集内容となっていたと言います。

 

ですがやはり内視鏡の検査のDVDであるということにはちがいありません。

 

その内容というのも大腸のなかをどんどん進む内視鏡がうつっているのですね。

 

地面を這いずり回るミミズにもみえてくるという内視鏡。

 

これは5分ほど内容に目を通すことでそうみえてくるのだとか。

 

このDVDちょっと見たいと思ってしまいました。

 

この流れのなかいきなり堀内さんに映像は切り替わるのだとか。

 

このときに操作している内容というのが収録されているようですね。

 

左手で内視鏡の操作部を持つのだとか。

 

そして右手が内視鏡の筒をつまんだ状態でスナップを利かせながらするするお尻に入れていくのだそう。

 

余談として、堀内朗さんの腸内はとてもきれいなのだそうです。

 

面白い内容でのイグノーベル賞ということですが、やはり内容としてっは医療系ですから素晴らしい研究だなと感じさせられます。

 

 

堀内朗さんは次の専門資格をお持ちです

 

・日本内科学会認定総合内科専門医

 

日本内科学会とは

一般社団法人日本内科学会は、内科学に関する学理およびその応用についての研究発表、知識の交換、会員の生涯教育の奨励ならびに会員相互および内外の関連学会との連携協力を行うことにより、内科学の進歩普及を図り、もってわが国の学術の発展に寄与することを目的としております

・日本消化器病学会消化器病専門医

 

日本消化器病学会とは

消化器およびその疾患に関する基礎的および臨床的研究の奨励を為し、もって消化器病学の向上発展をはかり、人類の福祉に寄与すること。

・日本消化器内視鏡学会内視鏡指導医

 

日本消化器内視鏡学会とは

消化器内視鏡及びこれを用いた治療法等に関する研究(以下「消化器内視鏡学」という。)、教育並びに診療の向上を図るとともに、学術及び文化の発展に寄与し、もって人類の福祉に貢献することを目的とする。

ということですごい資格をお持ちなのですね!

 

そして次の学会に加入していることも知られています。

 

・日本膵臓学会、
・北米小児消化器栄養学会、
・日本小児科学会、
・米国消化器内視鏡学会、
・日本救急医学会

 

 

 

スポンサードリンク

 

 

堀内朗(イグ・ノーベル賞)病院は?

 

 

 

堀内朗さんが勤める病院というのは昭和伊南総合病院ですね。

 

内科診療部長兼消化器病センター長という立場でお仕事をされているということになりますね。

 

「アルプスが二つ映えるまち」これがキャッチフレーズの街る駒ヶ根市。

 

昭和伊南総合病院は長野県の南信地方にある駒ヶ根市にあります。

 

長野県って本当にいいところがおおいんですよね。

 

組合立総合病院とされる昭和伊南総合病院、地域の中核病院としてその存在をしめしているのだとか。

 

4か市町村で運営される組合立総合病院ということですからこの町には欠かせない総合病院となっているでしょう。

 

内視鏡による診断治療を行い県内有数の症例数を持つ消化器病センターとして紹介されているのが堀内朗さんの活動が知られる内科診療部長兼消化器病センターですね。

 

慢性期および救急にも対応した血液浄化法を行う透析センターなどももちろん完備していますね。

 

やはり予防医学という点でも進化・発展している現代においては疾病の発病を予防するといった観点から人間ドックや健診を行う健診センターというのも総合病院とは切っても切り離せない仲になっているのではないかと思います。

 

2018年の夏というのは非常に猛暑日が続いたことから病院などにおいても熱中症などでの救急患者というのはかなり多くおられたのではないかと考えられます。

 

昭和伊南総合病院においても救急対応を含む循環器疾患・脳卒中の急性期治療、癌などの大規模手術術後管理に対応したHCUを持つ救急センターに関しても充実しているということになるでしょう。

 

地方の病院と都心部の圧倒的な違いというのは間違いなく患者さんそのものの人間性という部分に集約されるかもしれません。

 

やはり地域密着型ということになります。

 

その町の人たちとの人間的なつながりというものが非常に重要となる部分であると考えられます。

 

地域密着型の総合的リハビリ医療を実践する地域先進リハビリテーションセンターを柱として運営をおこなっているというところもこの病院の特徴ともいえる部分でしょう。

 

「和顔愛語」を理念としてかかげる昭和伊南総合病院。

 

思いやりのある言葉、和やかな笑顔。

 

人間生活においてとても重要な部分を信念としておられるようです。

 

やはり病院というのは時に命を預かる現場ともなります。

 

このようなシビアな世界において、人間的に職員一同で患者と向き合う病院であるということのようですね。
※関連記事はこちら

川島素子の経歴、病院の評判について。結婚や子供も気になる!(主治医が見つかる診療所)

 

 

堀内朗(イグ・ノーベル賞)の家族(嫁・子供)

 

 

 

現在、堀内朗さんの家族である嫁、子供に関する情報は明らかになっていません。

 

やはり一般の方であることからその情報が少ないということになっていますね。

 

医者の家系ではやはり多くの場合親戚も医者などということはよくあるようですね。

 

医者家系に生まれた子のイメージというのはどのようなものを持たれるでしょうか。

 

やはり両親が開業医の子供であった。

 

このような話もよく耳にします。

 

このような方の親族も曾祖父母・祖父母・叔父叔母・従兄において、医者で無い職業の方が断然少ないほどの状況であるということもよくあるのだとか。

 

このような家系であればあるほど、例えば自分が違う道を志すときに周りにどうみられるのかということを気にする方もいるのだとか。

また、特に親が医者だと変なプレッシャーがあるということもきいたことがあります。

 

もしも自分の親が堀内朗さんのようにイグノーベル賞の受賞した親なんかだったとしたらかなりプレッシャーになるかもしれません。

あなたの親はノーベル賞を受賞するような立派な医者なのに・・・というようなことを思われても困るということもありますよね。

 

親戚関係などではこのようなことはやはりありえるということです。

 

ですが社会人になりいろんな人と接すると、医者の家庭に育たれている人には悪いイメージは持たないので、接しやすいとかんじられることもあるようです。

 

やはり医者のかけいであるというのはそれだけで社会的な信用が大きいということになるようですね。

 

 

スポンサードリンク

 

 

内視鏡検査って?

 

 

内視鏡検査ってなんだかいいイメージがもてませんよね。

 

なんだかテレビで見てるとタレントたちが内視鏡検査でかなり苦しんでいるということがイメージされます。

 

組織を採取し顕微鏡検査をするということになるわけなのですが。

 

このように直接的な採取してからの顕微鏡で検査する事で細胞を詳しく検査することが出来る素晴らしい技術なのですね。

 

ポリープやがんなんかはさっさと採取して顕微鏡でやっちゃってほしいというのが患者の声ではないでしょうか。

 

出血、炎症等をテレビ画面で観察できるというのも素晴らしいですよね。

 

このようなことができるのも現代の医療技術の進歩がなせる業といえます。

 

肛門から挿入し大腸の内側を観察するということを初めて考えた方というのはほんとうに熱心な方だと感じますし。

 

とてもすごいと同時にその好奇心というようなものも素晴らしいと感じます。

 

人間っていかに楽して生きるかということを考えて生きていますよね。

 

だから、多くの場合進化変容などというようなことはしないというのが一般です。

 

堀内朗さんのような研究熱心な方などもほんとうにすごいです。

 

先端にCCDカメラを装着した細い管を使用するわけですが、何かあったときには感謝することになるでしょうね。

 

 

※関連記事はこちら

齊藤慶輔は猛禽類(シマフクロウなど) 専門獣医、年収や女性関係は?(情熱大陸)

 

 

まとめ

 

次のように報じられた今回の受賞。

 

[ケンブリッジ(米マサチューセッツ州) 13日 ロイター] – ユーモアがあり、かつ意義深い科学的研究に贈られる「イグ・ノーベル賞」の授賞式が13日、米ハーバード大学で行われ、座った姿勢で自身に大腸内視鏡検査を行った医師の堀内朗氏が「医学教育賞」を受賞した。

堀内氏は長野県の昭和伊南総合病院で内科診療部長兼消化器病センター長を務めている。

また、ジェットコースターに乗ることで腎臓結石の排出が早まるかどうかを調べた米ミシガン州立大学の研究者2人が「医学賞」を受賞したほか、呪術に使うブードゥー人形が虐待的な上司への報復に効果があるかどうかを調べた国際研究チームに「経済学賞」が贈られた。

 

このように日本人の活躍というのは同じ日本国民としてとても誇らしい内容となっています。

 

今回リサーチするにあたって現状情報がないような内容もありましたが、今後ますます堀内朗さんが注目されることで明らかになってくる内容というものあるとおもわれますので、その時は追記しています。

 

内視鏡検査というとかなり苦痛をともなうということがほとんどの方の認識としてあるのが現状です。

 

ですが医療の世界には内視鏡検査いがいにもかなり多く苦痛を伴うものがまだまだ存在しているわけです。

 

医療の進歩により、病気がもっと気楽に治療できる世の中になってほしいなと感じます。

 

そして現在では治療の技術進歩以外にも予防医学の発展というのも注目すべき点ではないでしょうか。

 

今後保険適用外というものが増えてくることも十分考えられます。

 

医療費に関してはやはり国民の負担というものがどんどん重くなってくることは間違いありません。

 

だからこそ何よりも大切なのが「健康」であるということになるでしょう。

 

最近では「運動」がブームになってきているということもありますよね。

 

日本というのはアメリカなどにくらべると「フィットネス」という文化がまだまだ少ないということはいうまでもありません。

 

予防医学においてもやはり、「運動」というのはかなり重要であるということになりますよね。

 

さらに「禁酒」「禁煙」このようなことも必要になってくるでしょう。

 

このようにしていくと必然的に「食事」であったり「睡眠」ということにも目がむくことになるはずですね。

 

最近よく病院の診断でされている「ストレス」が原因であるという診断。

 

現代人というのはかなりストレスを多く抱えてしまっている方々多いというのが事実です。

 

ですから仕事など、ストレスから自分を守るということもとても重要ということになるでしょう。

 

このように、予防を中心として、さらに医療が発達していくことで安心できる世の中になっていけば素晴らしいのではないでしょうか。

 

堀内朗さん、そして、日本の医療関係者の皆さん、今後も頑張って頂きたいです!

 

最後までお読みいただきありがとうございました!

 

スポンサードリンク

 

コメント