藤田信雄(アメリカ)の嫁や子供はハンパない!海外の反応は?(アンビリバボー)

スゴイ人




 

藤田信雄がアンビリーバボーで取り上げられます。

 

帝国海軍の軍人として活躍した藤田信雄ですが嫁や子供はどのような方だったのでしょう。

 

史上唯一アメリカ合衆国本土に対して航空機による爆撃を実施したということでもしられています。

 

このようなことから藤田信雄の海外の反応というのはどのようなものになっているでしょうか。

 

今回は藤田信雄に着目します!

 

 

藤田信雄のWIKIプロフィール

 

 

名前:藤田信雄(ふじた のぶお)

生年月日:1911年10月

 

藤田信雄は1997年にこの世を去ったということがいわれています。

 

この時の年齢85歳

 

現代社会の男性の中でも長生きをされていたということになります。

 

この藤田信雄の死というのはニューヨークタイムス紙にも報じられたのです。

 

米国本土に爆弾を落とした唯一の敵、藤田信雄、85歳で死す

 

このように日本ではなくアメリカでその功績はたてられるほどなのです。

 

これはとても理解に苦しむ部分ではないでしょうか。

 

アメリカを攻撃した日本兵が避難ではなく称えられるのです。

 

 

スポンサードリンク

 

 

藤田信雄の経歴

 

 

豊後高田市出身の藤田信雄。

 

日本がアメリカと激しい戦争を繰り広げていた昭和17年9月、世界で唯一アメリカ本土を爆撃したのである。

 

生涯現役のお手本のように第一線で活躍したということになる。

 

戦争さえなければこのような人生にはなっていなかったのだ。

 

このような状況を乗り越えてきた人々の犠牲の上に現代の日本はなりたっていることに感謝するしかない。

 

藤田信雄に限ってはアメリカ本土を爆撃した男である。

 

このようなことをしたいと思う人間はそうそういない。

 

国のためなどという名目の元やらされているという状況にほかなからない。

 

藤田信雄ももしも戦争がなければこのようなことをしなくてもよかったであろう。

 

そして、一般的な幸せな生活というものを送っていたに違いない。

 

だが、戦争というものが藤田信雄を必要としたのだ。

 

一人でアメリカに飛び立つ

 

このような状況を考えただけども通常の神経からすると恐ろしい。

 

生き延びることができているだけでも奇跡的であると言えるのではないだろうか。

 

 

※注目記事はこちら

錦戸亮を売った人妻の友人とは!?画像や名前!理由と子供の噂!

 

 

藤田信雄の家族(嫁・子供)

 

 

1945年に戦争は終戦。

 

藤田信雄に至っては、その後、金物の行商から始めたのだ。

 

やはり軍人が戦争を終えれば通常の生活を送ることになる。

 

自分で商売を始めるというのは非常に大変だったに違いありません。

 

さらにこの商いは藤田金属という企業にまで育て上げたということになります。

 

これは並大抵の努力ではなしえることはできなかったことでしょう。

 

だが、ここから藤田信雄は波乱の人生を歩むことになる。

 

これは会社自体を息子に譲るということが中心となって起こります。

 

なんと息子に譲ったというところから会社は倒産のみちを歩むこととなります。

 

藤田信雄は海軍時代の飛行機乗りの教え子を頼って運転手として再就職というかたちをとったのです。

 

家族を養うために培ってきた商売の社長の座を息子に譲った途端に会社は倒産したということですからここからの立て直しというのは大変であったと言えるでしょう。

 

藤田信雄は再就職後、工場長にまでのし上がっていき、最終的には取締役という立場まで昇格するのです。

 

やはりこのように仕事のできる人間というのは何をしても活躍するということになります。

 

最終的に82歳まで務め上げるという非常に困難な道を進んでこられたような感覚にもとらわれるわけです。

 

ですがすべてはアメリカで行った爆撃がすべての要因であったということが言われています。

 

 

スポンサードリンク

 

 

藤田信雄(アメリカ)海外の反応は?

 

 

1942年パールハーバーでの攻撃以降になり、太平洋戦争がはじまりました。

 

これはアメリカと日本の戦争でも有名なものです。

 

ミッドウェイの敗退により苦境を強いられた日本。

 

起死回生を図る策略としてアメリカ本土の爆撃などというものが思案されたということになるでしょう。

 

これを実行するために指名されたのが藤田信雄だったということになる。

 

零式小型水偵を操縦して飛び立った藤田信雄。

 

これは太平洋で潜水艦からの飛行。

 

向かう先はオレゴンです。

 

そして山火事を起こすことを目的にエミリー山に焼夷弾を投下。

 

1942年9月9日早朝のできごとであった。

 

これは最初にして最後の日本軍のアメリカ本土げの爆撃になったのは言うまでもない。

 

1962年オレゴン州ブルッキングスに招待された藤田信雄。

 

このとき日米親善のために招待されるという名目だったといいますが、これはなかなかにわかに信じられなかったとのこと。

 

爆撃以来2度アメリカを訪問したということなのです。

 

このとき藤田信雄はアメリカで非難されることも覚悟していた。

 

この時の覚悟というものは本物だ。

 

なんと藤田信雄は日本刀をを持っていったというのだ。

 

これれは切腹をかくごしていたということだという。

 

だがアメリカでは「たった1人でアメリカを相手に爆撃を成功させた勇敢な元兵士」ということで賞賛をあびることとなったのだ。

 

これは予想外の出来事であったということが言えるだろう。

 

ローガン・ケイは「過去を忘れてお互いの祖国の繁栄と、引いては人類の幸福という大きな目的に向けて努力しましょう」

 

ということを藤田信雄に伝えたという。

 

これは恨まれることがあってもまったくおかしくないのだ。

 

これが逆の立場であれば全く違う展開になっていたことだろう。

 

これはやはりその文化の違いという部分においても間違いなく言えることだと思われる。

 

だが国民性という部分においてもアメリカというのは寄付などという部分に非常に積極的な方が多い。

 

これはそのデータからも明らかになっていることだが、日本人の傾向として寄付などという行為はそうそうするものではないだろう。

 

これは日本におけるお金に対する教育の表れとも考えられるでしょう。

 

 

※注目記事はこちら

マギーと武尊は婚約して妊娠は!?フライデーの写真のシンソウは!

 

 

まとめ

 

 

藤田信雄は一度ビジネスに失敗しても地道に働いて貯金を続けた。

 

ブルッキングスの人々の歓迎に報いるためという強い信念が藤田信雄をこうさせたということになるのです。

 

筑波万博が開催された1985年においては藤田信雄は高校生3人とマイク・ミードどいう当時は小さかったとされる男性を1週間の日本の旅に招待下ということも知られている話なのだ。

 

「貴殿の惜しみない友情にアメリカ国民を代表して感謝の意を捧げます。さらに私は、貴殿の立派で、また勇敢な行為を称え、ホワイトハウスに掲揚されていた合衆国国旗を贈ります」

 

このようにレーガン大統領から感謝状と手紙を受け取るということもあったのだという。

 

藤田信雄は二度と戦争が起こらないことを、他の誰よりも強く願っていたことでしょう。

 

現在でも戦争などは起こっているということもあるのですが、このようなことをしても非常に無意味なことも多いと思われます。

 

戦争のない世の中という世の中が必ずしも重要であることは誰もがわかっていることだとおもいます。

 

藤田信雄はじめ、多くの方々が戦争のない世界というものをていたことを提唱しているのです。

 

最後までお読みいただきありがとうございました!

 

 

スポンサードリンク

 

関連記事は下にスクロール

コメント