福井優子(観覧車)の結婚(旦那(夫)子供)!WIKIプロフィール(大学・高校・年齢)職業や年収について!【マツコ会議】

未分類




福井優子は観覧車研究家ですが結婚して家族である旦那(夫)子供がいるのかということがきになります!

 

さらに福井優子に関してWIKIプロフィールや経歴(高校・大学・年齢)といった部分についてもしらべてみました!

 

観覧車研究科として知られる福井優子、その職業と年収がきになります!

 

今回はマツコ会議出演の観覧車研究科、福井優子に迫ります。

 

それでは早速!

 

スポンサードリンク

福井優子のWIKIプロフィールや経歴(高校・大学・年齢)

 

名前:福井優子

出身地:大阪府大阪市

主な著書:『観覧車物語』『ニッポンの観覧車』

 

福井優子さんの経歴は大谷短期大学英語科卒業後、伊藤忠商事株式会社に入社したというのがご自身のキャリアの始まりです!

 

1974年共同通信社に入社されています。

 

初めて観覧車に乗ってから約20年たったころに、大阪出身の友達と、何気なく観覧車に乗りに行ったのだとか・・・。

 

向ヶ丘遊園(今は閉園になっている)の観覧車でゴンドラが赤、青、黄とカラフルだったのが印象的だったといいます。

 

現在は観覧車のために海外に行ったりと、グローバルな活動をしてらっしゃるようです。

 

ポストカードを収集、観覧車の調査、研究に取り組んでいるということなのです!

 

スポンサードリンク

 

2.福井優子の観覧車にのめりこんだのはナゼ!?

 

 

大学では英語科を卒業し、全国実業団英語弁論大会で三位入賞もしたことがあるのだとか!

 

このようなインテリ系でもある福井優子。

 

観覧車ののめり込むきっかけとなったのが、語学留学した米国の大学・・・。

 

観覧車の歴史研究に取り組んでいる退官教授に出会い、ここで勧められて日本の観覧車について調べ始めたのが観覧車研究家へのだいいっぽだったのだとか!

 

これには意外な展開すぎて驚きです!

 

人生何があるかわからないものですね。

 

スポンサードリンク

 

3.福井優子以外にも!なんともう一人の観覧車研究家がいるってマジ!?

 

 

日本唯一の観覧車研究家が福井優子です。

 

そして世界を見渡すと、なんとあと一人観覧車研究家がいるというのです!

 

それが、あの米国の大学で出会った退官教授のノーマン・アンダーソン教授だということです!

 

アメリカで観覧車の歴史研究家として知られています。

 

福井優子の人生の転機となった出会い。

 

そのお相手こそが、もうひ一人の観覧車研究家だったわけです!

 

スポンサードリンク

 

福井優子は結婚して家族である旦那(夫)子供がいるのか!?

 

 

福井優子が結婚して家族である旦那(夫)子供がいるのかとということに関して気になります。

 

このことから色々とリサーチしたところ、やはりプライベートな部分ということで記載がありませんでした。

 

おそらく結婚しているのではないかと考えています。

 

番組内などでも家族の話がかいまみえるかもしれませんので、目が離せません!

 

スポンサードリンク

 

観覧車研究科として知られる福井優子、その職業と年収はいかに!?

 

 

福井優子の年収に関して気になる部分ではないでしょうか!

 

観覧車研究家としてその活動が知られていますが、著書も多く、特に『観覧車物語』はベストセラーとなっているほどの作家でもあります。

 

正確な先週はわからないということになりますが、印税に関してもかなりの額が主乳となっているのではないかという噂があります。

 

今回のテレビ出演でもさらなる収入や本が売れた印税はさらに収益として得られることになるはずです!

 

超高額ではないにせよ、生活には十分すぎるほどの収入は得ているのではないかと考えられます!

 

スポンサードリンク

 

最後に

 

 

福井優子の出身高校や大学についてもしらべてみたわけですが、

 

就職先が大手で米国に留学しています!

 

出身大学は大谷短期大学英語科。

 

福井優子は、共同通信社時代の1991年に『全国実業団英語弁論大会』で3位!!

 

これはすごい事です。

 

そして、スピーチのクラブ『東京トーストマスターズ』という日本で最初のトーストマスターズの『元プレジデント』という称号も持っているのだとか!!

 

とても努力してこられた方なのだなと感じました。

 

今後も頑張って頂きたいです!

 

スポンサードリンク

関連記事は下にスクロール

コメント