伊東恵(シンクロ)結婚して旦那(夫)子供はいるの?現在の職業や年収は!?(消えた天才)

スポーツ




 

 

消えた天才に取り上げられるシンクロの天才として知られる伊東恵

 

 

今回はスキージャンプのレジェンド葛西紀明、ヤクルトの山田哲人、シンクロの小谷実可子が出演します。

 

 

シンクロ界のレジェンドである小谷実可子が勝てなかった天才として伊東恵が取り上げられるわけですが、伊東恵は結婚して家族である旦那(夫)子供がいるのでしょうか。

 

 

ソウル五輪の悲劇とはどのようなものだったのか、さらに現在の職業や収入についても調べてみました!

 

 

それでは早速!

 

 

スポンサードリンク

 

 

伊東恵の現在や職業はコンピューターグラフィックデザイナー!?

 

 

 

 

今現在シンクロは引退しているという伊東恵。

 

 

伊東恵がシンクロを引退したとされているのが1988年のソウルオリンピックです。

 

 

現役を引退したしたときのインタビューではコンピューターグラフィックデザイナーを目指して勉強しているとをコメントされていました。

 

 

スポーツは趣味で楽しんでいるということでしたがシュノーケリングやエアロビクスなどもおこなっているとうことですね。

 

 

これが20年ほど前のインタビューにさかのぼります。

 

 

伊東恵はメディアへの露出があまりありません。

 

 

スポンサードリンク

 

 

伊東恵の年収は1000万円クラス!?

 

 

 

伊東恵はコンピューターグラフィックデザイナーを志していたということがあきらかになっていますが、コンピューターグラフィックデザイナーの年収を調べてみました。

 

 

コンピューターグラフィックデザイナーはそのスキルが年収を直結するといっても過言ではありません。

 

 

平均収入として言われているのが年収400万円ということでした。

 

 

やはり一般職とさほど変わりないのかとおもいます。

 

 

ですがスキル次第で高額の報酬を稼ぐ人もいるようで、年収800万円台から1,000万円台があわせて6%以上存在しているということもあきらかになっています。

 

 

このことから、伊東恵に関しても、そのスキルを磨き続けた人であるとするならば裾の年収は1000万円に到達していてもおかしくはないということがいえるでしょう。

 

 

ごく一般的な年収か、やや低額といわれているグラフィックデザイナーの平均年収ですが、やり方次第では大きく収入を得るということができるわけですね。

 

 

スポンサードリンク

 

 

伊東恵の結婚した家族である旦那(夫)子供は誰なのか!?

 

 

 

 

伊東恵について、結婚した家族である旦那(夫)子供は誰なのか調べてみました!

 

 

 

その情報は一切明らかになっていません・・・。

 

 

今後わかり次第追記していきます。

 

 

年齢から考えても結婚した家族である旦那(夫)子供がいてもまったくおかしくはない伊東恵ですが、これについては今現在情報の公開にはいたっていないということになりそうです。

 

 

スポンサードリンク

 

 

伊東恵のプロフィールや経歴はガチのシンクロ人生!

 

 

 

 

2018年現在52歳の伊東恵。

 

 

出身は東京とということが知られています。

 

 

生年月日は1966年3月6日生まれです。

 

 

シンクロを始めたのは8歳(小学校2年生の頃だったといいますからシンクロ歴はものすごく長いんですね。

 

 

「藤原姉妹」の演技にかなり影響をうけているということで、憧れから始まっているのですね。

 

 

5歳から水泳は始めていたということですから小学2年生の時点で水には抵抗がなくなっていたことでしょう。

 

 

害額は名門青山学院大学を卒業。

 

 

1988年にソウルオリンピックにも出場

 

 

1988年は伊東恵が大学を卒業した年でもあります。

 

 

1985年1986年は日本選手権デュエットで3位。

 

 

さらに世界選手権でも3位の成績を収めています。

 

 

スポンサードリンク

 

 

伊東恵のソウルオリンピックが衝撃!?

 

 

 

 

ソウルオリンピック「シンクロ」日本代表は伊東恵、小谷実可子、田中ウルヴェ京。

 

 

ソロに出場は小谷実可子。

 

 

デュエットに出場は小谷実可子、田中ウルヴェ京。

 

 

伊東恵は控え選手だったといいます。

 

 

ソロは銅メダル。

 

 

デュエットも銅メダル。

 

 

オリンピックの規定により

 

 

「シンクロは補欠にはメダルを授与しない」

 

 

という取り決めから、なんと控えの伊東恵にはメダルなしだったのだといいます。

 

 

スポンサードリンク

 

 

最後に

 

 

 

 

消えた天才に取り上げられる伊東恵。

 

 

悲劇の天才とも言えるオリンピックのメダル事情。

 

 

メダルあってもいいのではないかと思うのですが仕方ありませんね・・・。

 

 

伊東恵について結婚した家族である旦那(夫)子供がいるのか調べてみましてが明らかになっていません。

 

 

伊東恵の今現在の職業に関しても予想としてグラフィックデザイナーではないかということが言われていますがこれもわからないということが言えるでしょう。

 

 

もしもグラフィックデザイナーだとしたらその年収は1000万円を超えている可能性もあるということでした。

 

 

スポンサードリンク

 

 

関連記事は下にスクロール

 

 

コメント