叶修二の死因や原因!病院はどこ?葬式と告別式(死去の訃報)

アーティスト




叶修二さんが死去したという訃報がありました。

 

叶修二さんの死因や原因について、さらに病院はどこなのかという部分においてもみていきます。

 

叶修二さんについて、葬式や告別式はどのようなものか調べていきます。

 

スポンサードリンク

叶修二の死因や原因!

叶修二かのう しゅうじ)さんが2014年に亡くなっていたということがあきらかになったということです。

 

その年齢66歳であった。

 

本名は古俣修二(こまた しゅうじ)「素敵なやつ」非常にヒットしたことからご存知の方も多いのではないでしょうか。

 

よく知られている曲として、万博のテーマ曲にもなった「世界の国からこんにちは」も有名な曲の一つになります。

 

死因は関しては腹部大動脈瘤による出血性ショック

 

大動脈瘤とは、大動脈が正常の太さの1.5倍以上に瘤(コブ)状に膨らんだもののことをいいます。

 

腹部大動脈の場合には正常な太さが約2cmであるため3cm以上に膨らんだ場合に「腹部大動脈瘤」ということになるわけです。

 

その原因の90%以上は動脈硬化といわれています。

 

その他の原因として考えられるのが、感染症(梅毒、サルモネラ菌など)。

 

さらには炎症を引き起こす病気である(高安動脈炎、ベーチェット病など)ケガ。

 

その他にも、先天性の病気(マルファン症候群、エーラス・ダンロス症候群など)などが原因として引き金になることもあるのです。

 

発生の多くは50~70歳と言われていることから、叶修二さんもこのひとりということがいえます。

 

平均年齢に換算すると65歳ということになります。

 

その多くは男性ということで、女性の発生率にかんしては10%ほどということもいわれているのです。

 

症状として懸念されるのが、瘤が大きくなって周りの臓器を圧迫するようになるのです。

 

このようになると腰痛や腹痛ということと圧迫感などの症状があらわれてくるのです。

 

瘤が破裂してしまった場合に痛みや出血性のショックが引き起こされるということになってしまいます。

 

このような状況まで進行してしまうことで、高い確率で生命が奪われてしまうということなのです。

 

 

※関連記事はこちら

桂歌丸死去【訃報】病気と原因(病名)死因は?

 

 

 

叶修二の病院はどこ?

新潟県内には多くの総合病院が存在します。

 

村上総合病院

立川綜合病院

新潟大学医歯学総合病院

新潟市民病院

新潟県立中央病院

長岡赤十字病院

このような総合病院といいうのも多いです。

 

なかでも立川総合病院では大動脈瘤の診察も行っているということが記されているのです。

 

病院の評判も非常によいということが特徴でもありますね。

 

その口コミ内容からもわかるのですが、施設は最新のものがよういされているとのこと。

 

受付から診察に関しても新しいシステムでスムーズであるということです。

 

会計にかんして新しい流れが利用されているということですが、やはり慣れていない方々のためにどの窓口でも、丁寧な説明を心がけているということが特徴のようですね。

 

利用者においてはすぐになれることができるという点において評判がいいようです。

 

また患者に対する接し方という面においても非常に力を入れているということです。

 

患者側から見ても職務を一生懸命担当されているということがみてとれるということが非常に好印象のようなのです。

 

真心のようなものでしょうか、これは口コミ等を拝見していても伝わってくる部分ですね。

 

患者、家族に対する配慮、この辺りは多くの病院が見習う点ということがいえるのかもしれません。

 

スポンサードリンク

叶修二の葬式と告別式について

葬儀に関しては近親者でとりおこなわれたということです。

 

1960年~1970年代にかけて活躍した歌手であることは間違いないでしょう。

 

関係者のインタビューによると。

 

故郷の新潟に戻ってからというのも、亡くなる前年までは地元のイベントに特別出演をして元気に歌唱をしていたということが伝えられています。

 

歌手や芸能人のお別れ会においてはファンでも出席が可能という場合も多くみうけられますね。

 

もしも出席が可能な場合は公式のHPによってその内容がしるされているということになります。

 

このことに関してはファンのみならず、社員、または教え子などといった親族以外に向ける形で開かれるということもあるようですね。

 

大好きなアーティストや俳優などが亡くなった際にお別れ会が開かれる場合には、きちんとマナーを守った上で参列するということが非常に大切です。

 

※関連記事はこちら

かこさとしは病院で死去?病名と死因(原因)や家族と訃報など(プロフェッショナル)

まとめ

2015年に漫画家の水木しげるさんが亡くなられたということが伝えられたことがありましたね。

 

このとき、お別れ会にはファンや著名人約8000人の方々が参列したということが公に注目されていました。

 

やはり有名人というのはファンの方々が多いことからこのような状態になったのでしょう。

 

やはり人生の最後というのは家族だけで静かに。

 

このような考え方も多くみられるようになりました。

 

お葬式ともなると多くの問題などもでてくるものです。

 

やはり親族だけでも場合によっては問題がでてくるということも多々あるのです。

 

また、最近では一般の方々にもお別れの会というものをされる方も多くみられます。

 

やはり人生において関わってこられた方にお別れということをきっちりしたいという思いもあるでしょう。

 

叶修二さんにおいては腹部大動脈瘤による出血性ショックということがその原因でなくなられたということです。

 

病気という点ではしょうがないということもいえます。

 

ですが、亡くなる昨年まではイベントなどでも歌っておられたということですから、もしかすると発見が遅れたのではないかということも悔やまれる部分でもあります。

 

ヒット曲などを生み出してこられた偉大なアーティストがまた一人旅立たれました。

 

ご冥福をお祈り申し上げます。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

スポンサードリンク

 

関連記事は下にスクロール

コメント