片山右京の伝説と現在は?自宅と嫁(妻)・息子!姉について(ナカイの窓)

ナカイの窓




ナカイの窓に片山右京が出演します。

 

伝説のレーシングドライバー中山右の京伝説や現在についてみていきます。

 

また結婚した嫁(妻)子供(息子)やご自宅はどのような場所なのでしょうか。

 

また姉についても調べてみました。

 

スポンサードリンク

 

片山右京の伝説がヤバイ!

 

 

「オレは天才かと思った」

 

これは片山右京の初レース後のコメント。

 

伝説の男っぷりがハンパないですね。

 

キャリア初レースのインタビューでこのような発言をできる男などそうそういないでしょう。

 

だからすごいんでしょうけど。

 

FJ1600でのデビュー戦でポールトゥウィンの離れ業を見せた片山右京。

 

これが伝説の男片山右京のキャリアの始まりである。

 

トップのまま1週目に戻ってきた片山右京のバックミラーには誰も映り込んでいることはなかった。

 

デビューの時ですらこのような伝説を残している。

 

片山右京の伝説として「カミカゼ・ウキョウ」といわれた部分も伝説ですね。

 

フランスF3に参戦した片山右京。

 

ドライブは攻撃的なものでありその注目を集める。

 

リタイヤを恐れることはない。

 

レース中のクラッシュで瀕死の重傷をおったのだ。

 

恐れを知らない片山右京のドライビングと日本の神風特攻隊をかけて「カミカゼ・ウキョウ」という名前ができた。

 

リタイヤを恐れない攻撃的なドライブで注目を集めていた。

 

まさに周りも恐れる程の攻撃的なドライビングであるこということですね。

 

※関連記事はこちら

猪子寿之の女性遍歴と元カノがヤバイ!好き・嫌いの噂と愛車は!?(ナカイの窓)

 

片山右京の現在はと登山家と自転車

 

 

F1時代から登山はおこなっていた。

 

キリマンジャロなどは制覇していたということです。

 

F1を引退してからというもの登山をライフワークとしている。

 

活動も非常にアクティブです。

 

チョ・オユーを制覇している。

 

そのほかにもエベレストなどは失敗している。

 

マナスルに関しては成功しているようですね。

 

富士登山中に遭難したというのはニュースになったこともありご存知の方も多いのではないでしょうか。

 

このとき2名の命が奪われる登山となったと言います。

 

自転車関連の事業も手掛けている。

 

ロードレース参加(選手)

 

2006年においてはシマノもてぎレース2時間エンデューロ2人クラスで初めてながら4位に入るという偉業を成し遂げた。

 

何かに才能がある人間というのはさまざまな事でその才能が開花することがい多い。

 

片山右京もこの一人であることに違いないでしょう。

 

2008年のエタップ・デュ・ツールでも日本人最高位で完走を果たしすなど、その活躍は業界で知られている。

 

2009年より活動を開始した宇都宮ブリッツェン。

 

片山右京はドライバー・スタッフとして参加している。

 

2010年のジャパンカップ・クリテリウムで宇都宮ブリッツェンの選手としてデビューしている。

 

 

2011年においては「宇都宮ブリッツェン・TeamUKYO」というチーム名義でありながらJBCFのJエリートツアーに参戦している。

 

 

※関連記事はこちら

佐藤ゴウWIKIの経歴は?結婚して妻(嫁)子供はいるの?年収について(ナカイの窓)

 

 

片山右京の嫁(妻)は?

 

 

 

片山右京さんの嫁(妻)は、留美子さんという一般女性ですね。

 

嫁である留美子さんとの出会いはインタビューがきっかけになったと言います。

 

嫁である留美子さんは車雑誌の編集者としてしごとをおこなっていました。

 

このときに嫁である留美子さんは片山右京さんにインタビューをしていたということですね。

 

このことが出会いということになっています。

 

ル・マンへの出場していたときというのが婚約の時点であったといいます。

 

嫁である留美子さんの心配というのは尋常ではないものだったでしょう。

 

旦那が命おとす可能性のある職業についているというのはとても大変ですね。

 

富士遭難のときもその心配事は尽きなかったこと思います。

 

ある意味刺激があるということになるでしょうけど。

 

心臓には悪い結婚生活であることには違いないですね。

 

 

スポンサードリンク

 

 

片山右京の息子って?

 

 

 

1993年男の子を出産されている妻の留美子さん。

 

片山右京は忙しさのあまり息子の相手をあまりする暇はなかったといいます。

 

やはり職業柄仕方ないともいえるでしょう。

 

ですがそれでも命を懸けて戦うお父さんというのはかっこいいものですね。

 

このようなことは男の子であればある程度の年になるとだんだんと理解できてくるものでしょう。

 

大人になったときなどは片山右京のことを誇らしく思う可能性は十分ありますね。

 

 

「なんでうちはいつもお父さんがいないの?」

 

 

息子さんが小さなころはこのようなこともつぶやいていたようですね。

 

 

※関連記事はこちら

福池和仁の嫁(妻)が美人すぎる!年収は平均値?WIKIやプロフも(ナカイの窓)

 

 

片山右京の自宅は豪邸?

 

 

2011年のじてんの片山右京さんのご自宅。

 

玄関には自転車が飾られています。

 

プライベートルームはなんと30畳。

 

広いプライベートルームにもレース用の自転車。

 

室内トレーニングが可能な状態にセッティングされている。

 

当時のトレーニング時間は1日10時間。

 

なんというストイックさ。

 

体の限界まで追い込むということでしょうか。

 

やはり結果を残す人間というのはとことんやりきる姿勢がすごいですね。

 

階段室はフリークライミング用の壁になっているのです。

 

このフリークライミング用の壁があることでそれを上り下りすることで精神と上半身がどうじにきたえられるということですね。

 

このような部分はジムで鍛える事ができない部分でもあります。

 

やはり限界突破ということを常に行うことで多くの偉業を成し遂げているのですね。

 

 

スポンサードリンク

 

 

片山右京の姉って?

 

 

1994年の第3戦であるサンマリノGP

セナ、ラッツェンバーガーが命を落とした。

 

さらにレースの10日前に実の姉をなくしていたといいます。

 

このとき片山右京は5位入賞を果たしている。

 

非常につらいことが多かったことでしょう。

 

ですがプロである以上このようなことも乗り越えなければならない状況の中で戦ってきておられるのですね。

 

 

※関連記事はこちら

まるも亜希子の結婚した旦那(夫)と子供(娘)!愛車やWIKIプロフと経歴(ナカイの窓)

 

 

まとめ

 

キャリア初期は資金があまりなかったという片山右京。

 

筑波サーキットでアルバイトをしたお金をつぎ込みながらレースに明け暮れていたそう。

 

ドライビングの癖をなおし、走行時間を伸ばすためにドライビングコーチについて練習も行っていたと言います。

 

現役レーサーではこのようなことは珍しいですね。

 

ベネトン移籍話ではブリアトーレという方に「ここに今すぐサインをしろ。これで来年からは我々の仲間だ」とせまられたこともあるといいます。

 

波乱万丈なこともあり、嫁である留美子さんは大変な思いをされてい来たのではないでしょうか。

 

付き合っている男性であれば問題ないのですが、このような職業をしている旦那であるということになると話は変わってきますよね。

 

やはり安全第一ではあってほしいというものです。

 

さらに息子さんにおいても小さなころはかわいそうだったかもしれませんね。

 

ですがどんなつらい状況でも頑張ってこられた片山右京さん、今後も頑張って頂きたいですね!

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

スポンサードリンク

 

関連記事は下にスクロール!!

コメント