マディソンちゃんの腕がベビーハルク!?遺伝子が突然変異?(世界仰天ニュース)

世界仰天ニュース




世界仰天ニュースに遺伝子の突然変異で腕が太くなってしまったということマディソン・ガトリンちゃんが取り上げられます。

 

ベビーハルクなどとも言われるということがあったようです。

 

どのような内容なのか見ていきます。

 

 

スポンサードリンク

 

 

マディソン・ガトリンちゃんの腕がベビーハルク!?

 

 

 

アメリカ・フロリダ州クレストビューでマディソン・ガトリンちゃんは生まれました。

 

生まれた時すでに異常が認められたわけなのですが。

 

「ベビーハルク」と呼ばれているというマディソン・ガトリンちゃん。

 

これは遺伝子の突然変異でこのような腕の状態になっているというのです。

 

生まれつきであることから生まれた瞬間からこのような異変と戦っているのがマディソン・ガトリンちゃんです。

 

幼い体ながら腕だけが非常に太くなってしまうのだ。

 

CLOVE症候群というものの症状というこどだが、これは世界にわずか200人程しかなっている方がいないというものである。

 

 

※注目記事はこちら

マミヤ狂四郎(GO羽鳥)の結婚(妻)と離婚!子供いるの?物件と書籍も!(じっくり聞いタロウ)

 

 

マディソン・ガトリンちゃんの腕遺伝子が突然変異?

 

 

 

 

CLOVE 症候群は、うまれたときからある脂肪性腫瘤なのですね。

 

大きさは様々ということですが、マディソン・ガトリンちゃんはその異常がかなり進行しやすいじょうたいであったということになるでしょう。

 

死産になることもありえるという状況の中生き延びているマディソン・ガトリンちゃんは奇跡の少女ともいえるわけです。

 

この症状は妊娠15週の時点(エコー検査)で発覚していたのだとか。

 

女性というのは妊娠中非常に心の状態が変わることもあるのだといいます。

 

ストレスをかんじやすいということもあるということです。

 

さらに不安に襲われることもあるということです。

 

これはやはり体が子供を守るために防御の作用が働いているとも考えられるでしょう。

 

さらにイライラしやす状況になるということもいわれていますね。

 

気分が落ち込むなどというのは心が不安定な証拠でしょう。

 

このなかでマディソン・ガトリンちゃんの異常というのが発覚したわけですからお母さんにはさらに負担がかかっていたに違いありません。

 

 

※注目記事はこちら

押田茂實の結婚(嫁・子供)!プロフや経歴について!法医学って何?(じっくり聞いタロウ)

 

 

マディソン・ガトリンちゃんの腕の治療とは?

 

 

 

 

幹部のリンパ液を1日2回抜き取るということは欠かさないというマディソン・ガトリンちゃんの治療。

 

さらに薬と生理食塩水を混ぜた液体を再注入するということも行っているのだとか。

 

さらに物理的にも腕の肥大化を抑えるということで常に圧縮するような服を着ていると言います。

 

子供が病の時などは子供を孤立させないということが非常にたいせつであるということだそうです。

 

やはり家族である親はもちろん友達などもそうなのです。

 

さらに人間関係の多様性というのも大切だと言われます。

 

やはりつらいときは幸せな人といることで幸せを分けてもらうこともできますよね。

 

 

スポンサードリンク

 

 

マディソン・ガトリンちゃんの腕の今現在は?

 

 

 

 

放送内であきらかになるマディソン・ガトリンちゃんの今現在。

 

小さな体で治療を乗り越えたと言ことですが内容がとても楽しみですね。

 

病気の子供を持つ両親というのは我が子を見て、とても悲しく思うといいます。

 

子どもには幸せであってほしい。

 

これは子供を持つ親であればだれもが願う内容でしょう。

 

誰にとっても子供時代というのは長い人生の中からみるとほんの一瞬であるといえます。

 

人間というのは人生で考えるとすればほとんど大人の状態で人生を全うするということなのですね。

 

この貴重な時間の中に合って治療などがあるというのは見るに絶えないことでもあるでしょう。

 

 

※関連記事はこちら

中学2年女子脅迫イジメは彼氏の元カノの母親!名前・画像は?探偵事務所は?(世界仰天ニュース)

 

 

最後に

 

 

CLOVE症候群という聞きなれない病ですがこのような病に悩まされている方は世界的に見るといるようです。

 

このような症状のほかにもこれが顔に起こってしまい、顔の左右のバランスがおかしくなったというような事例もあるようなのです。

 

ですが、このような子供たちの両親というのは非常に勇敢であるとも感じられます。

 

外を出歩くと「中絶するべきだった」などというようなことを言ってくる輩もいるというのが現実です。

 

このようなことをいう人間というのはかなり異常な方だとは思われますがありえないですよね。

 

ですがこのようなことに臆することなく寄付などでお金を集めて我が子のためにすべてをかけて助けるご両親には胸をうたれます。

 

 

スポンサードリンク

 

コメント