深山英世(レオパレス社長)建築基準法に違反だが裁判や逮捕は?住人の今後は?

ニュース




深山英世(レオパレス社長)が建築基準法に違反していたということですが辞任するのでしょうか?

 

裁判や逮捕の可能性はあるか見ていきたいと思います。

 

641棟の7782人には退去を要請するということですが住人の今後はどのようなものになるのか、リサーチしてみました。

 

スポンサードリンク

 

深山英世(レオパレス社長)が建築基準法に違反していた!辞任の可能性がある!?

レオパレス21深山英世社長は辞任の可能性が示唆されています。

 

記者会見で、自身の進退について次のようにコメントされていました。

「3人の社外取締役に考えてもらう」

このように辞任の可能性があるということをコメントされています。

 

スポンサードリンク

 

深山英世(レオパレス社長)裁判や逮捕の可能性は!?

アパート大手であるレオパレスで施工不良が発覚しています。

 

その規模は33都府県の1324棟。

 

天井や外壁その部位として指摘されたそうです。

 

延焼や音漏れを防ぐ壁が設置されていない物件もあったといいます。

 

「経費削減なのか?」といったコメントが多く寄せられています。

 

天井の耐火性能が国の基準を満たしていないなどというのはあってはならない事です。

 

住人は命の危険もあるため、不安が隠し切れないといいます。

 

天井工事の費用は同社が全額負担するということで、400億円の赤字を見込んでいるそうです。

 

スポンサードリンク

 

レオパレス住人の今後は?

約8000人という住居者が一時的に転居を求められています。

国土交通省は、「極めて遺憾」

このように判断しているといいます。

 

スポンサードリンク

 

最後に

深山英世(レオパレス社長)が建築基準法に違反していたということで辞任の可能性があるというニュースが流れています。

 

裁判や逮捕の可能性は今のところわかりません。

 

641棟の7782人には退去を要請するということです。

 

スポンサードリンク

関連記事は下にスクロール!!

 

コメント