水谷竹秀のWIKIプロフィールや経歴は?書籍の評判!(じっくり聞いタロウ)

じっくり聞いタロウ




「だから、居場所が欲しかった」

 

などの書籍で評判がある水谷竹秀さんがじっくり聞いタロウに出演されます。

 

水谷竹秀さんのWIKIプロフィールや経歴を見ていきましょう。

 

結婚して妻や子供がいるのか調べてみました。

 

スポンサードリンク

 

水谷竹秀のWIKIプロフィールや経歴

 

水谷竹秀(みずたにたけひで)

出身地:三重県桑名市

職業:ノンフィクションライター

 

 

フィリピンと日本を拠点に活動する水谷竹秀さんは現在ノンフィクションライターということで職業をされています。

 

出身地は三重県桑名市出身ということです。

 

1975年生まれであるということが言われています。

 

出身大学に関しては、上智大学外国語学部を卒業されていますね。

 

新聞記者、カメラマンを経てフリー転向されたという経緯をお持ちです。

 

有名な著書では、「日本を捨てた男たち」で開高健ノンフィクション賞を受賞されています。

 

「脱出老人」なども有名なのではないでしょうか。

 

2006年〜2011年2月までの間は東京で株式上場関連の会社で営業マンとして働いていたという経歴もお持ちですね。

スポンサードリンク

 

水谷竹秀の書籍「だから、居場所が欲しかった」

 

 

日本社会を照らし出しているといわれる著書ですね。

 

言葉で表現し難い部分が表現されていると言います。

 

なぜか読んでいるほうがはっとさせられる部分が多くあります、それだけリアルなのですね。

 

多数の日本人の働くコールセンターがタイ・バンコクの高層ビルの一角にあるといいます。

 

これは日本のメーカーが国内の通話業務を海外に移転しているのですね。

 

大手のメーカーですから人件費削減などに力を入れていることは間違いありません。

 

日本の物価で人を雇うより海外の物価で現地のスタッフを雇い入れる方がはるかに経費削減できるということでしょう。

 

働く人々の生活水準は最底辺なのだとか。

 

贅沢などできるはずもなく、暮らしていけるだけという状況。

 

30代半ばから40代の方々がメインで勤務している状況なのだとか。

 

この本は水谷竹秀が日本人のオペレーターに出会ってからのリアルを聞き取った内容がえがかれているといいます。

 

スポンサードリンク

 

水谷竹秀の結婚と家族(嫁・子供)

 

 

水谷竹秀さんにかんして結婚ということが検索ワードにはかかってこない状況ではあります。

 

このことに関してわかり次第追記していく事とします。

スポンサードリンク

最後に

 

 

様々な経験をもとに書き綴られるノンフィクションの著書に関しては心動かされる日本人が多くいるということが言えるでしょう。

 

自分の居場所を海外に求める若者も多く見受けられることも確かではあります。

 

今後の日本、ネット社会などの現代についても深く考えなければならない。

 

水谷竹秀さんのリアルな著書は今の日本人に向けたメッセージが含まれていると言えますね。

 

スポンサードリンク

関連記事は下にスクロール!!

コメント