中川啓(中川楽器社長)はボランティアで職人が楽器を無償で修理ってマジ!?(和風総本家)

スゴイ人




 

 

二代目 和風総本家SP「なぜか忙しい職人さん」で岡山県倉敷市の「中川楽器」がとりあげられます。

 

 

なぜ無償で水没した楽器を修理をするのでしょうか?

 

 

平成30年に起きた西日本豪雨は恐ろしい危害を加えました。

 

 

その中でも被害の楽器をボランティアで無償で修復する職人その内容とは?

 

 

スポンサードリンク

 

中川啓の中川楽器(岡山県倉敷市)の店の場所はどこ?

 

 

 

 

 

株式会社 中川楽器

〒710-0065

岡山県倉敷市宮前花の街通り56-1

TEL 086-423-0121

営業時間 10:00~19:30

定休日 水曜日(祝日を除く)

 

 

中川楽器では楽器販売の他にも楽器修理を行っています。

 

 

やはり楽器店ではチューニングなどを依頼する方も多くいらっしゃることから、メンテナンスというのはとても重要でしょうね。

 

 

やはり特別修理対応などもおこなっているということです。

 

 

さらに音楽教室もあるということで、かなり充実した楽器店であるということになりますね。

 

 

さらにはMusicMapコンサートもされているということですから、かなり内容は充実しています。

 

 

スポンサードリンク

 

 

中川啓の中川楽器(岡山県倉敷市)の楽器修理について調べてみた!

 

 

 

中川楽器(岡山県倉敷市)ではリペアルームを完備しています。

 

 

このことから、楽器に対してリペアというのは制度が高くより専門的に処理することがかのうとなるわけです。

 

 

さらに快適な音楽生活を過ごすことができるようになっているわけです。

 

 

管楽器専門の技術スタッフに関しては常にチューニング、修理・リペアに関してもたいおうしているということがこの中川楽器の特徴ともいえますね。

 

 

やはり楽器というのはユーザー次第といいますかいつ何時故障などがおこるかというのはまったく予想できませんので、このような処置は非常にありがたくも感じられます。

 

 

スポンサードリンク

 

 

中川啓の中川楽器が西日本豪雨災害の被災楽器の特別修理が無償ってマジ!?

 

 

 

 

中川楽器(岡山県倉敷市)ではなんと西日本豪雨で浸水してしまった楽器の修理を無料でおこなっているといいます。

 

 

これは管楽器ということが記載されていますのでそれに限る予測ができますが。

 

 

さらに中川楽器(岡山県倉敷市)では西日本豪雨で浸水した楽器の洗浄や消毒に関しても完全無償でおこなっているといいます。

 

 

これは限られた日時ではなく、なんと営業時間内であればいつでも対応しているというところがさらにスゴイ所ではないでしょうか。

 

 

これは楽器専用の超音波洗浄機というものをもちいて行うということですから、きっちりとした洗浄をおこなってもらえるということですね。

 

 

やはり中川楽器(岡山県倉敷市)の思いとしては

 

 

「思い出の詰まった管楽器を浸水によって処分される、楽器を吹くことをあきらめる」

 

 

このようなことになるということを助けたいといった思いがあるのでしょう。

 

 

中川楽器(岡山県倉敷市)の楽器に対する思いというものが伝わってきますね。

 

 

 

スポンサードリンク

 

 

中川啓の中川楽器(岡山県倉敷市)の音楽教室ってどんな感じ!?

 

 

 

中川楽器(岡山県倉敷市)では管楽器、弦楽器、ピアノといった教室があるということです。

 

 

これは道場とも名づけられていることから、入門という形になるでしょうか。

 

 

さらに、こどもトランペット道場という教室が存在するということなのですが。

 

 

中川楽器では「トランペットで、たくさんの子供達に音楽の楽しさを伝えたい」という思いからトランペットの道場をはじめたという経緯があったようです。

 

 

やはりトランペットえおはいえ道場という名前もついていることから、挨拶などの礼儀をみにつけるのも重要な要素として教育されているようです。

 

 

さらに友達作りという面にいおいてもおもきをおいているというこで、楽器の技術上達だけにこだわらないところが素晴らしい所です。

 

 

4才~小学生までの子供達が入門しているという中川楽器(岡山県倉敷市)のトランペット子供道場。

 

 

未来の音楽家なども誕生する可能性もありますよね!

 

 

スポンサードリンク

 

 

中川啓社長の無償修理のスタートの意図とは!?

 

 

 

 

中川楽器(岡山県倉敷市)の社長である中川啓。

 

 

西日本豪雨のとき自分に何かできることはないか?

 

 

このように考えたといいます。

 

そのとき思い浮かんだことというのが

 

 

 

「楽器を治すことしかできないけど、それが自分の役目かなと思って。」

 

 

このように感じたといいます。

 

 

被災地である倉敷市にボランティアに訪れた際にみた光景にショックを受けたという中川啓社長。

 

 

中川楽器(岡山県倉敷市)にはひがいはなかったということですが、とても衝撃をうけたというわけです。

 

 

浸水した家屋から出されるゴミの山・・・。

 

 

 

ゴミの中に楽器があるのかと思うと胸が痛んだ。

 

 

中川啓社長というのはそういった楽器に対する愛のある方なのです。

 

 

仲間や恩師との思い出。

 

 

そのようなものが捨てられている思いにかりたてられた中川啓社長。

 

 

無償修理を受け付けることにしたのはこのような経緯があったということです。

 

 

スポンサードリンク

 

 

最後に

 

 

 

 

中川楽器(岡山県倉敷市)では約60本の管楽器が持ち込まれたといいます。

 

 

これを修理するというのはどれだけの労力でしょうか。

 

 

中川啓社長の心意気というものを感じずにはいられません。

 

今後もこういう楽器がある限りは、やり続けたい

 

 

数多くの楽器を救った中川啓社長は楽器のみならず、沢山の楽器への思いでも救っているでしょう。

 

 

スポンサードリンク

 

 

関連記事は下にスクロール

 

コメント