小野一光って結婚して嫁(妻)子供いるの?WIKIプロフや経歴(じっくり聞いタロウ)

じっくり聞いタロウ




じっくり聞いタロウ小野一光がゲスト出演します。

 

小野一光WKI経歴プロフィールプライベートである結婚して嫁(妻)子供などはいるのでしょうか。

 

また「家族喰い 尼崎連続変死事件の真相」「震災風俗嬢」著書などはアマゾンなどでも購入できるのか見ていきましょう。

 

スポンサードリンク

 

小野一光のWIKIプロフィールや経歴

 

名前:小野 一光(おの いっこう)

生年月日:1966年

職業:ルポルタージュ・ノンフィクション作家

出身地:福岡県北九州市

学歴:西南学院高等学校卒業

 

白夜書房で編集に携わっていたことがそもそものキャリアのはじまりだったということが言われています。

 

その後雑誌記者を行っていたこともあるということです。

 

そのごフリーライターに転向したという経歴をもっているのですね。

 

講談社ノンフィクション賞候補となったのが「家族喰い」という作品。

 

これが2014年の事でしたから4年前になりますね。

 

さらに大宅壮一ノンフィクション賞候補となったのが「殺人犯との対話」でした。

 

これが2016年だったのでかなり最近になります。

 

ノンフィクションライターとしての活動内容としては。

 

テーマとしてかかげているのが、「戦場から風俗まで」

 

生々しいテーマにも感じますが、人間の闇の部分に柱脚しているわけですね。

 

殺人事件や国際紛争、風俗嬢インタビューなどを中心とした取材を行っているというのが小野一光のライフワークになるようです。

 

 

※関連記事はこちら

秋山莉奈の子供が現在ダウン症の噂!?結婚した旦那がセレブで金持ち(じっくり聞いタロウ)

 

 

小野一光の結婚(嫁・子供)

 

 

小野一光の結婚。

 

小野一光の嫁、妻。

 

または小野一光の子供関して、情報などは明らかになっていないようです。

 

番組放送内、またはその他情報が明らかになり次第追記します。

 

被災地に向かう際には家族に連絡をいれるということが言われているので、おそらく結婚しているのではないかということが考えられます。

 

スポンサードリンク

 

小野一光の著書・購入方法

 

 

小野一光の著書に関しては次のようなものがあります。

 

「完全犯罪捜査マニュアル」

 

「東京二重生活 風俗嬢の「昼の顔」と「夜の顔」」

 

「セックス・ワーカー 女たちの「東京二重生活」」

 

「アフガン危機一発!! 空爆をくぐりぬけた男の命がけ戦場レポート」

 

「彼女が服を脱ぐ相手」

 

「風俗ライター、戦場へ行く」

 

「家族喰い 尼崎連続変死事件の真相」

 

「殺人犯との対話」

 

「震災風俗嬢」

 

やはり人間の闇の部分をついている作品が多いため、題名を見ただけでも非常に興味をそそられるものが多いのが特徴ですね。

 

小野一光の著書に関してはアマゾンなどでも購入できるようです。

 

 

※関連記事はこちら

小森純はネイルサロン経営で年収は億?旦那の職業は?(じっくり聞いタロウ)

 

震災風俗嬢の書評

 

熊本大震災が起こったとき、日本は悲しみに包まれていました。

 

多くの人々が不安を抱いているようにも感じました。

 

そのなかで繁盛していたのがソープ街だったといいます。

 

多くの客が詰めかけ大繁盛。

 

2011年にも震災があったのは記憶に新しいです。

 

ですがこのときにも福島県のパチンコ屋は大繁盛だったのだといいます。

 

ラーメン屋なども客であふれかえっていたのだとか。

 

災害などの恐怖、不安、命の危険。

 

このような状況に置かれた人間が単純に求める欲求というのは根源的なものなのだということがいわれています。

 

「震災風俗嬢」の舞台は被災地。

 

性風俗の取材がつめこまれているということですからその内容は非常に興味がわきます。

 

小野一光は震災が起きたにも関わらずなんと家族に電話で安否確認し、即座に被災地に向かっているというのだ。

 

東京では混乱が起きていたのが記憶に新しいですよね。

 

小野一光はこんなときにどうやって被災地に入るかということしか考えてないのですね。

 

 

スポンサードリンク

 

小野一光の評判

 

 

小野一光の評判というのは覚悟と宿命を感じるなど、命を懸けて仕事に取り組んでいるのだなということが感じられます。

 

人非人呼と言われるようなことも躊躇しない

作家としてかっこいいですね。

 

地を這い回るようになるという取材内容。

 

 

※関連記事はこちら

水谷竹秀のWIKIプロフィールや経歴は?書籍の評判!(じっくり聞いタロウ)

 

最後に

 

 

キャリアのはじまりは白夜書房で編集に携わっていたところから、雑誌記者を行っていた経歴を持つ小野一光。

 

フリーライターに転向したという経歴をもっているのですね。

 

2018年から4年前2014年講談社ノンフィクション賞候補となったのが「家族喰い」

 

2016年に「殺人犯との対話」で大宅壮一ノンフィクション賞候補

 

これが小野一光の評価ですね。

 

現在のノンフィクションライターとしての活動内容としては。

 

テーマとしてかかげているのが、「戦場から風俗まで」

 

生々しいテーマにも感じますが、人間の闇の部分に柱脚しているわけですね。

 

殺人事件や国際紛争、風俗嬢インタビューなどを中心とした取材を行っているというのが小野一光のライフワークになるということで、今後も著書などがでるのが楽しみです。

 

最後までお読みいただきありがとうございました!

 

 

 

 

スポンサードリンク

 

関連記事は下にスクロール

コメント