大熊進一(万華鏡)結婚した家族である嫁(妻)子供!?WIKI経歴プロフィール(高校・大学)博物館館長ってマジ!?(マツコの知らない世界)

マツコの知らない世界




 

マツコの知らない世界万華鏡コレクター大熊進一が出演します!

 

 

万華鏡コレクターという大熊進一ですが結婚して家族である嫁(妻)子供誰なのか調べてみました!

 

 

さらに万華鏡コレクターで万華鏡博物館館長としても活躍が知られていますが詳細はどのようなことになっているでしょうか年収に関しても見ていきます。

 

 

大熊進一のWIKIプロフィールや経歴(高校・大学)に関しても調べてみました!

 

 

それでは早速見ていきましょう!

 

 

スポンサードリンク

 

 

大熊進一(万華鏡コレクター)のWIKIプロフィールや経歴(高校・大学)

 

 

 

 

名前:大熊進一

生年月日 1949年12月24日

年齢:69歳(2018年)

出身:埼玉県川口市生まれ

学歴:立教大学経済学部卒

趣味:万華鏡コレクター

 

 

洞窟探検などをしていたとされる大熊進一。

 

 

これは大熊進一が学生時代に好奇心旺盛だったということが起因しているということです。

 

 

無人島生活をしたこともあるんだとか!

 

 

大学の在学中もその好奇心はとどまることがなかったというこですね。

 

 

大学卒業後、の新聞記者として4年勤務していたという大熊進一

 

 

その後も大熊進一の興味関心というのは好奇心として常にあふれていたのでしょう、海外の古代遺跡を1年間かけて巡ったりということもおこなっていたということです。

 

 

編集者の仕事をしているということですが(株)エンジンルームでおこなっているというような非常に特殊な経歴の持ち主であるということは言うまでもありません。

 

 

代表取締役就任となったのが株)ベアーズを設立してからということで、ベアーズは企画編集会社として知られていますね。

 

 

万華鏡のコレクターとして起業家として、とても面白い一面を持っているといえますね。

 

 

大熊進一の万華鏡コレクターといわれるまでの経緯に関してはそのきっかけが1990年のハワイ・マウイ島で万華鏡に惹かれたという出会いがきっかけだったということです。

 

 

大熊進一が40歳くらいの時期に値しますが、40歳になってもそのように魅力に反応するというのはそれだけ感性がピュアな方なのでしょうね。

 

 

万華鏡というのはまさにアートといえます。

 

 

このアートとしての万華鏡に惹かれたのが大熊進一の万華鏡コレクターのはじまりだったのですね。

 

 

この経緯からコレクションを始めた大熊進一はあるとき雑誌に取り上げられたといいます。

 

 

このことから日本一の万華鏡コレクターとなったということです。

 

 

当時180本の万華鏡をコレクションしていたといいます。

 

 

今現在、大熊進一の万華鏡コレクションは約3000本といわれています。

 

 

なんとその万華鏡の総額は3000万円以上と言われています!

 

 

スポンサードリンク

 

 

大熊進一(万華鏡コレクター)は結婚して家族である嫁(妻)子供はいるのか!

 

 

 

 

大熊進一に関して結婚して家族である嫁(妻)子供はいるということがあきらかになっています!

 

 

ですが、やはり一般の方かたということでその詳細はあきらかになっていません。

 

 

世田谷区おやじの会実行委員長を務めていたということもあったようです。

 

 

一児の父としてしられているということでおそらく子供さんはおひとりいるということになるでしょう。

 

 

スポンサードリンク

 

 

大熊進一(万華鏡コレクター)の年収とは!?

 

 

 

 

大熊進一について、その年収はあきらかになっていないようです!

 

 

ある情報では年収1000万はくだらないのではないかということがささやかれていますから、年収は一般の平均収入以上ということになるでしょう。

 

 

日本万華鏡博物館を維持するだけでもスゴイことから高収入なのはうなずけますが。

 

 

さらにテレビ出演や、雑誌インタビューでも収入源があることからその年収はかなりのものがある可能性もある。

 

 

スポンサードリンク

 

 

最後に(大熊進一は日本万華鏡博物館の館長)

 

 

 

 

日本万華鏡博物館を個人で開いた大熊進一。

 

 

1998年に渋谷の鶯谷町で開いたのが始まりとされています。

 

 

2012年リニューアル・オープンしています。

 

 

これは埼玉の実家近くということが言われています。

 

 

大熊進一の日本万華鏡博物館というのは万華鏡の歴史と仕組みの説明に加え手作りをサポートしてくれるといいます。

 

 

さらに不思議な万華鏡を解説してもらえるということです。

 

 

大熊進一がみずから見る・作る・学ぶについて解説するということがその特徴でしょう。

 

 

参加費用は大体、9000円から8000円という万華鏡手作り教室についてですが、その時によってつくる万華鏡は様々だといいます。

 

 

ミラーinミラーの万華鏡や三次元万華鏡などさまざまなものがあるのですね。

 

 

参加者の方も楽しめますね。

 

 

人数限定になっていることから、遠方からの来館に関しては申し込みしてからがいいかもしれませんね。

 

 

スポンサードリンク

 

 

関連記事は下にスクロール

 

 

コメント