大阪(吹田)で殺人未遂!中学2年男子の顔画像や名前と学校とは!?

事件




大阪府吹田市の路上で新聞を配達中の女性がナイフで刺され重傷を負わされるという事件が発生したのは先月の事でした。

 

警察は中学2年の男子生徒を逮捕するにいたったのだ大阪市内の学校に通っていたということだがどの中学だったのか。

 

さらには名前は何というものなのか。

 

容疑に関しては殺人未遂、犯人の顔画像を追っていきます。

 

殺人未遂などの疑いで逮捕されたのは、大阪府内に住む中学2年の男子生徒ということですからかなりの異常行動と言えるでしょう。

 

警察の発表した内容によると、男子生徒は先月18日未明、新聞配達をしていたアルバイトの女性をいきなり押し倒したといいます。

 

さらに女性の右胸や左太ももなどを果物ナイフで刺して重傷を負わせるということをおこなったのです。

 

このとき殺害しようとした疑いが持たれているということですから殺人未遂ということになるでしょう。

 

 

スポンサードリンク

 

 

大阪市吹田で殺人未遂の中学二年男子の顔画像

 

 

 

現場に残っていた足跡がその手掛かりとなったという今回の事件。

 

その現場足跡から運動靴の種類を特定したということで、現代の捜査のすごさがうかがえる。

 

さらに防犯カメラ映像から足取りを調べたというところも今回の犯人特定において優れてていたのです。

 

カメラの映像では同じ種類の靴を履いた男子生徒が浮上したということで急速に展開が進んでいったということになるわけです。

 

事件の約1時間前に現場近くを歩いていたことも確認されたということもありもう逃げることはできなかったことでしょう。

 

事情を聴取したところ、女性を刺したことを認めたということです。

 

現在顔画像はそのねんれいから明らかになっていないようなのですがリサーチを続けます。

スポンサードリンク

大阪市吹田で殺人未遂の中学二年男子の名前

容疑を認めているという男子生徒。

 

「イライラしており、誰でもよかった」

 

と話しているというこどでその異常性がうかがえる。

 

これが中学2年生の発言なのかと耳を疑うほどである。

 

女性は胸部など5カ所を刺されて重傷だったということです。

 

わずか中学2年という学年でありながら他人にこのような大けがをさせることができるのが恐ろしい。

 

通常の神経であればこのような事をすることでさえ怖いという発想になるはずなのです。

 

ですが自分の感情を抑えきれずに他人を傷つけるという残虐な行為を行っているというのは恐ろしい人間です。

 

既に退院して命に別条はないという被害者女性。

 

おそらく傷跡は消えることはないでしょう。

 

さらに心の傷というものははかりしれないということもいえるのです。

 

このような事件に巻き込まれてしまうと路上で人とすれ違うだけでも恐怖心がよぎることとなることに違いありません。

 

今後の構成の余地があるのかという点においても疑問が残る部分でありますし。

 

このような人間がどのような教育をうけているのかということも非常にきがかりなのです。

 

平気で誰でもよかったなどということを言えること自体が恐ろしいのですが、このような犯人の名前などが公開されていないということも問題でしょう。

 

いくら中学2年とはいえこれほどまでの犯罪を犯しているにもかかわらず一般では公開すらなされていない現状があるのです。

 

これは法の問題があると思われます。

 

このような凶悪犯の場合今後の人生においても何をしでかすかなどわかるはずもありません。

 

ですから顔画像の公開、そして名前の公開というのは行うべきではないでしょうか。

スポンサードリンク

大阪市吹田で殺人未遂の中学二年男子の学校

「日常生活のストレスが溜まっていて、人を殺そうと思い刺した」

 

このような理由で通りがかりの人にナイフで襲い掛かったのが中学二年生の男子です。

 

日常のストレス。

 

どのようなストレスがこの男子中学生をおそっていたのかというこが疑問です。

 

勉強のストレスでしょうか。

 

友人関係におけるストレスでしょうか。

 

親子関係におけるストレスでしょうか。

 

いずれにせよ被害者女性において何の関係もない話です。

 

このような学生が教育を受けている学校というのはどのような学校なのでしょうか。

 

考えるだけでも恐ろしいとされるその発想。

 

子供は創造力が非常に豊かなわけです。

 

この創造力を生かすも殺すもその教育によって大きく左右されることは間違いありません。

 

今回の事件なども周りの大人の指導などによってはかなりの確率で防げたはずではないでしょうか。

 

おそらくこの中学二年生の男子の家庭環境には問題があったことと考えられます。

 

でなければこのような事件は起こるはずがないのです。

 

両親の愛情が足らずに非行に走る子供というのは多いわけです。

スポンサードリンク

最後に

大阪府吹田市で起こった今回の殺人未遂事件。

 

このような事件が起こるというのは大阪府に限ったことではないでしょう。

 

少年における犯罪というものが多発する現代。

 

教育というものに親がどのように向かい合うのかというのが今後の課題となる事は間違いありません。

 

また今回この少年の情報は伏せられているということがあきらかになりました。

 

やはり色々な角度でリサーチしてもその情報は出てこないのが現状であるといえます。

 

ですが今後はこのような現状もなくしていく必要があるのではないかと思います。

スポンサードリンク

     関連記事は下にスクロール

コメント