大竹七海の顔画像はFacebookやツイッターで!動機・理由はなぜ?栃木県真岡市

事件




今回栃木県真岡市のアパートで起きた事件。

 

男女2人が亡くなったこの事件。

 

亡くなったのは大竹七海さん(21歳)と川上貴由さん(29歳)

 

大竹七海の顔画像はFacebookやツイッターで公開されています。

 

友人の代わりに友人の元カレのアパートに荷物を取りに行ったところ事件に巻き込まれた大竹さん。

 

動機・理由はなぜでしょうか?

 

警察では川上貴由さんが大竹さんを刺し自殺したと捜査。

 

今回亡くなった大竹さんについて見ていきましょう・

スポンサードリンク

大竹七海さんの顔画像がFacebookツイッターで公開!

※追記:顔画像が公開されましたので記載しておきます。

 

事件に巻き込まれて亡くなってしまった大竹さん。

 

Facebookやツイッターで顔画像は公開されているのか調べてみました。

 

現時点での公表はありません。

 

Facebookについては同姓同名のアカウントが多くありました。

 

本人特定は難しいといえるえしょう。

 

今後明らかになり次第追記していきます。

 

注目度が高い事件ですから今後公表される可能性はあるでしょう。

 

リサーチを続けたいと思います。

スポンサードリンク

大竹七海はなぜ事件に巻き込まれた!?動機や理由は?

家, 放棄, 都市, 探査, 建物, 老朽化しました。, 台無しに, 遺跡

大竹七海さんはなぜ事件に巻き込まれたのでしょうか?

 

犯行動機や理由について調べてみました。

 

11日午前0時40分頃に元カノが大竹さんが連れていかれたと警察に助けを求める連絡を入れています。

 

午前1時20分頃に通報のあった場所から200メートルほど離れた場所にある男性のアパートに警察官が到着しました。

 

このとき大竹さんと川上さんの遺体が発見されています。

 

この事から大竹さんはこの40分間の間で口論となり刺された事になりますよね?

 

警察がアパートに入る直前に口論となっていたと周辺住民の証言が出ていました。

 

このことから考えても犯行は突発的だったといわれています。

スポンサードリンク

事件現場ぼ栃木県真岡市のアパートの場所はどこ?

事件が起きたのは栃木県真岡市のアパートとされています。

スポンサードリンク

ネット上のコメント

チャット, コメント, ディスカッション, アイコンを

「この事件たった今TVで見ました

通報した女性が同棲してた元彼の家にある荷物を友達が取りに行って、被害にあったと言う事ですよね。

 

最初、この友達の事、なんて優しい勇気のある人だろうと思いました

 

でも、こんな危険な場合絶対関わってはいけないと思ってました

 

でも良く聞いて見ると、元彼にしてみると相手が本人ではないのに殺害の状況が残忍過ぎる

 

もしかすると、この友達が、別れに関わっていた可能性があるのかなと思ってしまった

どちらにしても酷い事件、1日も早い解明と亡くなった方のご冥福をお祈り致します。」

 

「たまに自分では何もやらないで友達に間に入ってもらう女っているけど、周り使って自分動かないんだよな。結構ずるいとこある。

そういう女の付き合う男って凶暴なこと多かったりする。

 

この場合はわからないけど…そういう女友達には気をつけたほうがいい。」 

 

「「友達に危害を加えそうだ」って、ある意味無関係な子に危害加えてどうするのか?

 

(おそらく)殺された子にも両親・家族が有ろうに…酷いことしやがる」

スポンサードリンク

最後に

事件の概要についてTBS系(JNN)で報道されていて、報道内容は以下の記載の通りになります。

11日未明、栃木県真岡市のアパートで複数の刺し傷がある21歳の女性と、胸に包丁の刺さった29歳の男性が倒れているのが見つかり2人とも死亡が確認されました。アパートで何があったのでしょうか?

「住宅街にあります、こちらのアパートで若い男女2人が亡くなっているのが見つかりました」(記者)

栃木県真岡市にあるアパート。事件が起きたのは11日未明のことでした。警察によりますと、11日午前0時40分頃、女性がパトロール中の警察官に助けを求めてきたと言います。

「元彼が友達を連れて行った。友達に危害を加えそうだ」(女性)

午前1時20分頃、通報のあった場所から200メートルほど離れた場所にある男性のアパートに警察官が到着。その直前には・・・

「でかい声でケンカしているなって。女の人の声で『助けて』とか」(アパートの住人)
「警察官がアパートを訪れたところ、玄関は施錠されていて、あちらの窓を割って侵入したということです」(記者)

引用 JNN

今後、このような事件が起こらないことを祈るばかりです。

今回は以上となります。

最後までお読みいただきありがとうございました。

関連記事は下にスクロール!!

スポンサードリンク

コメント