女性教諭の名前や画像と家族など相談中にわいせつ行為で懲戒免職(群馬)

教師




群馬県で30代の女性教諭が元教え子にわいせつ行為をしたということでニュースに取り上げられていますね。

 

30代女性教諭ということで懲戒免職にまでなっているようですが、どのような方なのでしょうか、名前などに関しても見ていきたいと思います。

 

行為があった期間に関して夏から冬にかけてということで記載がありましたが、群馬県30代女性教諭とだけあって写真や画像などもリサーチしていきたいと思います。

 

またこの女性教諭に関して家族などは情報があるでしょうか、気になる部分ではあると思いますので見ていきたいと思います。

 

スポンサードリンク

 

女性教諭の名前などについて

元教え子にわいせつな行為をしたとされる30代女性教諭ですが、なぜこのようなことになってしまったのでしょうか。

 

通常考えてもやはり男性と女性の関係である限りなにかおこってもおかしくはないということがいえるでしょう。

 

ですが今回の場合は相談に乗っていてということになっています。

 

相談に乗っていてなぜこのようなことがおこるということが言えるでしょうか。

 

また恋愛感情はなかったということもはつげんがあったということがささやかれていることから、単なる体の関係において元教え子の相談に乗っていたのかというようなことも考えてしまう部分ではありますね。

 

また、この事件がなぜはっかくしたのかということも非常に気になる部分ではあるといえます。

 

やはり思春期の男の子に関しては女性というものに非常に興味がある年齢ではあると思いますから、この時期に関してわいせつ行為をうけたということで心の傷などは残っていなかったのか。

 

このような部分に関して非常に問題があるのではないでしょうか。

 

またこの30代女性教諭に関して、現在名前などの情報は記載がありませんので今後の情報が注目されるでしょう。

 

三宅璃奈さんの両親(父・母)は?死因が許せない、画像とありえない報道も

女性教諭の画像について

どうやら群馬県委員はこの女性教諭と元教え子に関して相談内容は学校のことだけであるということをコメントしているようです。

 

これについても非常に疑問があるといえます、通常の学校の相談などということでどうやってそのような行為に至る展開があるのかということです。

 

どう考えても学校の相談においてこういった行為に関する相談というのはありえないわけです。

 

ですからどう考えても学校生活だけの相談で今回のような事件に発展するなどといったことは通常誰が考えてもありえないということが言えるでしょう。

 

このようなことに関してコメントをするという群馬県委員の方々も少しどうなのかなという印象を感じずにはいられません。

 

個人的なメールなどでやりとりがあり勤務時間に学校以外の場所で会って話している中でこのようなことが起きたということになります。

 

これに関しても、どのような場所においてこのような行為が行われていたのかというのが問題に上がるでしょう。

 

通常考えられるとすればこの女性教諭の自宅であったということも十分考えられます。

 

ですが教え子の学校の相談に乗るとして自宅でわざわざ話をする必要があるでしょうか。

 

このようなことでいちいち学生を家に招いた単なるということがあるのであれば教師という職業はあり得ない職業ということになってしまいます。

 

未成年を自宅に招き入れていい職業ということになりますからね。

 

ですからこのようなことはあり得ないわけです。

 

その他に関して考えられるとすればホテルなどといった場所であった可能性もあるでしょう。

 

ですが、もしこれが本当にそうだったとすればこれは大問題となるでしょう、ですからこの推測に関してはありえないということになると考えられます。

 

現在女性教諭に関して顔写真や画像といったものに関してはない状態ではあるといえます。

 

これに関しても今後記載があれば非常に注目を集めるニュースということが言えます。

 

スポンサードリンク

女性教諭のわいせつ行為について

女性教諭に関して、このわいせつな行為というは発覚時期が4月以降であるということがささやかれています。

 

群馬県委員のかたのコメントでは行為の回数に関しては発表がなかったとのことです、男子生徒への配慮ということが言えるでしょう。

 

ただ、今回の事件に関して、もし複数回このような行為があったとするならば男子学生に関しても対応しなければよかったのではないか、ということが言えるでしょう。

 

このことからもしも本当にわいせつ行為があったとして男子学生が行為を受けて被害届を出していたとするならばもしかすると脅迫的な何かがあったのではないかと考えることができるということにもなります。

 

また、懲戒免職の処分を受けているというところを見ると、刑事事件に発展しているのかなどということがわかっていないということにもなるので、この辺りに関してもまだわからない部分も多いとは思われます。

 

この辺りに関しても情報が入り次第記載をしていくこととします。

 

30代女性教諭は今回の行為に当たり恋愛感情をもちあわせていたのかということに関しても群馬県委員は把握していないということをコメントされているということです。

 

やはり学校という教育現場を監督する教師と言われるような方の事件ということになりますので県委員としては非常にデリケートな部分の対応に追われることとなるでしょう。

 

大阪の地震・電車の影響は?速報や震源地や震度や高槻で火災も人が生き埋めにも2018/6/18

まとめ

またか、というような感情がめばえてくる事件ではありますね。

 

教師というような非常に尊敬されるべき立場の方が起こすこのような行為に対して憤りを感じずにはいられません。

 

今回被害があったのは一人だけということですが、このような事件に関して、教師である自覚をもっていただき真摯に仕事に取り組んでいただきたい限りです。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

スポンサードリンク

コメント