米元智也の家族(両親)とは!?犯行理由(動機)が鬼畜!その経緯とは。

未分類




東京、江東区にて女子中学生が胸を鷲づかみされるという事件が発生したということが話題になっています。

 

なんと犯行を行ったのは大学生だというから驚きです。

 

学生ともあろうものが路上で女子中学生の体を触るなどということに関して理解に苦しみます。

 

容疑者というのは名前が挙がっているようで「米元智也容疑者」というこです、年齢は21歳。

 

どのような経緯で犯行に至ったのかというは気になる部分ではあるでしょう。

 

また犯行理由や犯行動機についても見ていきたいというところですね。

 

親の顔が見てみたいなどということはよく言われますが、成人した人という観点で見ると責任は個人にあるわけですから親というのはかんけいなということもありますが、

 

どういった教育の元育てられたのかということに関しても非常に気になりますので調べてみたいと思います。

 

スポンサードリンク

米元智也の家族

 

米元智也さんの家族に関しては現在非公開ということが言えるでしょう。

 

ですが、メディア関係者などは家族なども確実にとらえていくということが言えますからあかるみにでるのも時間の問題と言ことが言えるのかもしれません。

 

米元智也さんのご両親はこの事件に関してどのように感じておられるでしょうか。

 

息子が犯罪者になったということですが、まだ金銭を盗むなどといった事件の場合かね欲しさということになりますからお金がなければ通常の心理だということができるでしょう。

 

ですが、今回のように女子中学生と言われるような力なき思春期の女子に対して行った性犯罪であるということですからその異常性というのは計り知れません。

 

相手方のご両親に関しても娘という存在がこのような事件に遭遇したということになれば、そこはかとない怒りというものがこみ上げておられるということは間違いないでしょう。

 

米元智也容疑者は今回の事件に関してどのようにとらえておられるかはわかりませんが、とんでもないことをやってしまったということは、人生を通して感じることになるのかもしれません。

 

大学というのは明らかになっていませんが、私立大学に通っていたというこがささやかれている以上、その学費のような金銭的負担に関して親が関連していることはまちがいありません。

 

非常に親不孝者の息子ととらえられてもしょうがないということが言えるのではないでしょうか。

 

※関連記事はこちら

北田一馬の出身高校や大学(経歴)は?行為の理由や経緯がヤバイ!

 

米元智也の犯行理由(動機)は?

米元智也容疑者ですが、犯行理由に関しては非常に自分勝手であり浅はかな発言をされているようです。

「胸を触りたいという気持ちから、いたずら半分にやってしまった」

このような発言をしているということです。

 

男としてこれほど情けないことはないといえるでしょう。

 

自分の事しか考えていない、自分の欲求を満たすことしか考えていないこのような発言に対して言葉を失います。

 

女性の体に触れたい男性の本能というものは間違いなくあるということが言えますからこれはなにも否定はしません。

 

ですが触ってほしくない女性に対して無理やり触れるなどということをして心が痛まないのでしょうか。

 

いたずらとはどういうことなのでしょうか?

 

いたずらで済むということを思っていたということでしょうか?

 

どちらにせよ、異常な感性であるということは間違いありません、被害にあった学生さんというのは今後人生においても路上を歩くだけで恐怖を覚えるということもあるでしょう。

 

もしかすると男性恐怖症などといったことになる事だって考えられるわけですからね。

 

それをいたずら半分などというような言葉で表現しているということに関してその人間性が疑われます。

 

しっかりと教育を受けなおす必要性というものがあるでしょう。

 

通常の生活が送るのも困難なのであればカウンセラーの治療などもおこなっていただきたいということが言えますね。

 

このような犯罪を犯す人間の心理というのは一度やってしまうと取り返しがつかないということも聞いたことがあります。

 

金銭などよりもこの犯罪を行ったときに脳内から発せられるドーパミンにおいて快楽をえることしか考えられなくなるということでしょう。

 

これは薬物依存などと似ているということになるでしょう。

 

もしこの男がさらに犯罪を犯すということがあればもう止めることはなかなか難しくもなってくるかもしれません。

 

ですから精神的な部分でもしっかりと治療を行う必要があるということが言えます。

 

そうでなければまたやることはほぼまちがいないということが言えますね。

 

スポンサードリンク

犯行の経緯とは

帰宅途中の女子学生に対して、胸を鷲づかみするなどといったことを行ったということです。

 

この経緯について

「欲求を抑えきれなかった」

などということもほのめかしているという米元智也容疑者、欲求を抑えられないというのはどういった心理状態なのでしょうか。

 

自らの心理状態は子供の頃から一切進化も成長もしていないということでしょうか。

 

これはもしかすると教育面に関してももしかすると問題がああったということも考えられなくはないでしょう。

 

やはり子供時代からある程度の不自由や、ある程度の我慢ということは教育という視点から見ると親が行ってそれを体得して社会というものに順応していくという流れがいっぱんてきであるということが言えます。

 

自分の欲求のままに行動してしまう心理としては我慢できないという部分が大きくかかわるでしょう。

 

そして何の困難もなく何でも手に入れてきたとしたら、それは我慢なしに欲望が満たされてきたにほかなりません。

 

ですから「欲求を抑えきれなかった」などという発言ができるということになるでしょう。

 

今回事件が明るみになる以前にも8回ほどやったという供述をしていることから様々な女学生が被害にあったということが言えるでしょう。

 

被害者というのはなかなか自分から名乗ることは難しいとも言えます。

 

そんな行為をされたということを誰に言っていいのかわからないということも十分あり得るのです。

 

このことの罪の重さは実際の刑罰では測り切れません。

 

※関連記事はこちら

八巻容疑者(下着)【顔画像】犯行理由と動機が最低!家族や出身高校って!?

まとめ

米元智也容疑者の動画というものはテレビで拝見しましたが、一見、犯罪など犯すことがなさそうな青年であるといことが垣間見えます。

 

ですがこのような事件があるとこういった人間に限って犯罪に手を染めるなどといった感覚もたしかに覚えてしまうものです。

 

身なりはどうであれこのような事件を犯してしまえばほとんど人生は終わりということになってしまいます。

 

相手方を傷つけた事実というのは一生癒えることのない心の傷として被害者の心に刻まれることになるわけですから、許されることのない事実をしょって人生を歩むしかありません。

 

そして、米元智也容疑者のことを知らなかったとしても、時間がたったとしても事実は残ってしまうことになるわけです。

 

償っても償いきれないことをしてしまった米元智也容疑者、いたずら半分でこのような犯罪を犯したとは発言していますが、いたずらでは済まないことを実感して反省していただきたいものです。

 

それでも被害者の傷というものは言えることはないといえるでしょう。

スポンサードリンク

関連記事は下にスクロール

 

コメント