桂 歌若(桂歌丸の三番弟子)師匠の訃報を受けて胸中はいかに、コメントなどは?

未分類




桂歌若の師匠に当たる、落語家の桂歌丸さんが2日午前11時43分、慢性閉塞性肺疾患のため、横浜市内の病院で死去したということが伝えられています。

 

年齢は81歳での出来事だったということです。桂歌丸さんはよこはましうまれということです。

 

落語後術協会会長含め落語に関する様々な活動をおこなってこられたということはまちがいないということがいえるでしょう。

 

体調不良の中でのテレビ出演なども多くみられたのではないでしょうか。

 

お通夜、葬式に関しては近親者でおこなわれるということがあきらかになっていることから、限られた人のみになることでしょう。

 

11日にお別れの会というのをされるということです。

 

15年に床ずれの手術、治療をされたということも知られているのではないでしょうか。

 

やはり再入院などもあったということで、かなり体にはふかがかかっていたということでしょう。

 

一時体重が36㎏になったことがあるということでかなり体力が落ちていたのではないかということもささやかれています。

 

さらには腸閉塞をおこして歩くこともままならないという状況になっていたこともある。

 

入退院を繰り返しているときに追い打ちをかけるように29日に思い肺炎などにもなったりということがあったそうです。

 

スポンサードリンク

 

桂歌丸師匠の学生時代

 

歌丸さんが落語家になると決めたのは小学生の頃だったといいます。

 

夢を抱いたというよりも小学生のうちにきめているというのはものすごい決断力であるということが考えられるでしょう。

 

中学3年の時点では弟子入りしているということですから本気で落語の道に進んだんだなということは紛れもない事実でしょう。

 

世間も歌丸さんのニュースに関しては胸を痛めていると思いますが、関係者各位も非常に辛い思いなのではないでしょうか。

 

※関連記事はこちら

桂歌春(桂歌丸の一番弟子)師匠の訃報を受けて胸中はいかに、コメントなどは?

 

桂歌若の過去のコメント

現在では桂歌若さんについてはそのコメントというのはあきらかになっていないようです。

 

過去のインタビューでは2016年、桂歌若さんは次のようなコメントをされているようです。

「元気です。4日に見舞ったところ、おかゆを食べていました。体重が増えない体質ですが、40キロを目指して頑張っています。今日も多分、自宅で稽古をしたり、オリンピックを見たりして、11日(国立演芸場での復帰高座)は万全で迎えられると思います」

これは桂歌丸師匠が腸閉塞(へいそく)で横浜市内の病院に入院し、退院したときにこのようなコメントをされていたということですね。

 

※関連記事はこちら

桂歌蔵(桂歌丸の四番弟子)師匠の訃報を受けて胸中はいかに、コメントなどは?

 

まとめ

新作落語を得意とされている桂歌若さんですが、今後の活動に関しても師匠である桂歌丸師匠の事を胸において活動することになるでしょう。

 

今後も桂歌丸師匠のあとを引き継ぎ落語界をささえる一人として活躍して頂きたいです。

 

スポンサードリンク

コメント