桂枝太郎(桂歌丸の五番弟子)師匠の訃報を受けて胸中はいかに、コメントなどは?

未分類




桂枝太郎の師匠に当たる、落語家の桂歌丸さんが2日午前11時43分、慢性閉塞性肺疾患のため、横浜市内の病院で死去したということが伝えられています。

 

年齢は81歳での出来事だったということです。桂歌丸さんはよこはましうまれということです。

 

落語後術協会会長含め落語に関する様々な活動をおこなってこられたということはまちがいないということがいえるでしょう。

 

体調不良の中でのテレビ出演なども多くみられたのではないでしょうか。

 

お通夜、葬式に関しては近親者でおこなわれるということがあきらかになっていることから、限られた人のみになることでしょう。

 

11日にお別れの会というのをされるということです。

 

15年に床ずれの手術、治療をされたということも知られているのではないでしょうか。

 

やはり再入院などもあったということで、かなり体にはふかがかかっていたということでしょう。

 

一時体重が36㎏になったことがあるということでかなり体力が落ちていたのではないかということもささやかれています。

 

さらには腸閉塞をおこして歩くこともままならないという状況になっていたこともある。

 

入退院を繰り返しているときに追い打ちをかけるように29日に思い肺炎などにもなったりということがあったそうです。

 

スポンサードリンク

桂歌丸師匠の経歴

 

歌丸さんが落語家になると決めたのは小学生の頃だったといいます。

 

夢を抱いたというよりも小学生のうちにきめているというのはものすごい決断力であるということが考えられるでしょう。

 

中学3年の時点では弟子入りしているということですから本気で落語の道に進んだんだなということは紛れもない事実でしょう。

 

世間も歌丸さんのニュースに関しては胸を痛めていると思いますが、関係者各位も非常に辛い思いなのではないでしょうか。

スポンサードリンク

桂枝太郎のコメントなど

桂枝太郎さんに関して現在コメントなどは明らかになっていませんが今後明らかになってくることでしょう。

 

どうやら桂歌丸師匠に関して、ツイッターなどでも語られていないということなので、今後発表があれば記載していく事とします。

 

小遊三さんのコメントがありますのでこちらで記載しておきます。

 

「ご家族と一部の方が(看取って)残念ながら、私はできませんでした。最期に会った時は6月26日に病院に行った時だったんですけど、『協会の方針はこうだからね!』と言うのがすごい迫力でした。『師匠そんなに力まないでください』と早々に退散しました。だから、急にそんなに悪くなるとは」

このように回顧されていましたね。

 

スポンサードリンク

コメント