桂歌丸死去【訃報】病気と原因(病名)死因は?

落語家




落語家の桂歌丸さんが2日午前11時43分、慢性閉塞性肺疾患のため、横浜市内の病院で死去したということが伝えられています。

 

年齢は81歳での出来事だったということです。桂歌丸さんは横浜市生まれということです。

 

落語後術協会会長含め落語に関する様々な活動をおこなってこられたということはまちがいないということがいえるでしょう。

 

体調不良の中でのテレビ出演なども多くみられたのではないでしょうか。

 

お通夜、葬式に関しては近親者でおこなわれるということがあきらかになっていることから、限られた人のみになることでしょう。

 

11日にお別れの会というのをされるということです。

スポンサードリンク

病気の症状などについて

 

慢性閉塞(へいそく)性肺疾患のため、桂歌丸さんは亡くなったということになるようです。

 

15年に床ずれの手術、治療をされたということも知られているのではないでしょうか。

 

やはり再入院などもあったということで、かなり体には負荷がかかっていたということでしょう。

 

一時体重が36㎏になったことがあるということでかなり体力が落ちていたのではないかということもささやかれています。

 

さらには腸閉塞をおこして歩くこともままならないという状況になっていたこともある。

 

入退院を繰り返しているときに追い打ちをかけるように29日に思い肺炎などにもなったりということがあったそうです。

スポンサードリンク

桂歌丸の経歴

 

歌丸さんが落語家になると決めたのは小学生の頃だったといいます。

 

夢を抱いたというよりも小学生のうちにきめているというのはものすごい決断力であるということが考えられるでしょう。

 

中学3年の時点では弟子入りしているということですから本気で落語の道に進んだんだなということは紛れもない事実でしょう。

 

世間も歌丸さんのニュースに関しては胸を痛めていると思いますが、関係者各位も非常に辛い思いなのではないでしょうか。

 

大喜利メンバーのギャラというのは歌丸師匠が70万であるということが言われています。

 

非常に高額であるということが言えます、これはそれだけの影響力があるにんげんであるということのあらわれでもあるわけですね。

 

非常に地方営業というのも多かったと言ことが言われていますがこの地方営業のギャラは100万円ほどになるのだとか。

 

歌丸師匠は非常に活動的な方なわけですが、その活動ぶりはなんと月に20本という営業をおこなっていたということが言われています。

 

これだけで2000万円です、年収に換算すると1億は稼いでおられたということが言われています。

 

小学生からの夢を叶えて、大成功を収めたかただということのあらわれということになります。

スポンサードリンク

春風亭昇太のコメントなど

桂歌丸さんのあとを引き継ぐ形で笑点の司会を担当されていいる春風亭昇太さん。

 

春風亭昇太さんからすると桂歌丸さんという存在は子供の頃から見ていたレギュラーという存在なわけなのでまさにあこがれのスターといった感じだったということです。

 

このことからやはり近寄りがたいということがあったといいます。

 

やはり憧れの人であったり、自分がスターだと思っている人に対してなかなか地距離がタイと感じるのが人間の深層心理として必ずあるといことが考えられます。

 

春風亭昇太さんもその一人だったわけですね。

 

これに反して桂歌丸さんというのは春風亭昇太さんに対しても非常に気配りをするようなかただったということを話されています。

 

あまりうけてなかったりしても座布団をくれたりということもあったり、笑点の出番を増やしてくれるというようなこともあったということです。

 

桂歌丸さんというのは、自分に厳しく、人にやさしいという姿勢がすごいですね。

 

司会を引き継いだ時に関しても、「好きなようにやってください」というかたちでその司会を受け継いだということが言われています。

 

このような言葉をもらった当時の春風亭昇太さんはどのような気持ちだったでしょうか。

 

春風亭昇太さんはかみしめるようにコメントされていたところが非常に印象的でした。

スポンサードリンク

まとめ

「笑点」という国民的テレビ番組にて大活躍された桂歌丸さん。

 

日本のお茶の間ではおなじみの存在ということが言えるのではないでしょうか。

 

地元を愛し、地元に住み、横浜の師匠と言われるほどの存在内なわけです、今回のニュースでどれだけの人たちに影響があるでしょう。

 

これは計り知れないということが言えます。

 

現在では桂歌丸といえばまさに落語界でみても代表する存在であることはまちがいありません。

 

肺炎や呼吸器不全などを患い入退院を繰り返し、呼吸器をつけた状態で高座に立ち続けた歌丸さん。

 

非常に輝いておられました。

 

その姿というのはたくさんの人々の目に焼き付き、忘れることはないでしょう。

 

スポンサードリンク

関連記事は下にスクロール

コメント