入江瑛起の嫁(妻)と家族が気になる!年収がマジヤバイ!(得する人損する人)

料理人




得する人損する人に入江瑛起さんが出演されます。

 

入江瑛起さんといえばラーメン店「玄黄」の店主ということで有名ではないでしょうか。

 

その店舗というのは東京などにもあるということで非常に繁栄しているラーメン店であるということが伺えます。

 

このことから入江瑛起さんの年収というのが非常に気になる部分になってくると思いますので見ていきたいと思います。

 

経営者として非常に成功されているイメージがありますが結婚して妻・子供などはおられるのでしょうか、プライベートな部分に関しても見ていきたいと思います。

 

今回は入江瑛起さんのWIKIやプロフィールも交えながら見ていきたいと思います。

 

では早速。

 

スポンサードリンク

入江瑛起のWIKIプロフや経歴などについて

名前:入江瑛起(いりえひでき)

生年月日:1972年

出身地:熊本県菊鹿町

年齢:46歳(2018年)

 

入江瑛起さん、非常に面白い経歴があるということがいわれているようです。

 

以前、なんと探偵として働いていたという情報があるのです。

 

これは20代の頃の事ということが言われていますが、ラーメン店の経営者としては異例の経歴の持ち主ということがいえるのではないでしょうか。

 

この20代の頃という時期に偶然出会ったラーメン店の店主という方と運命的な出会いを果たすこととなったようです。

 

どうやら入江瑛起さんはこのラーメン店の店主の方の生き方を見て、ラーメン屋になろうということを決意たというこになるようです。

 

この出会った店主というが余程魅力的だったことから、入江瑛起さんの人生を大きく左右するきっかけになったということになるでしょう。

 

「ラーメン天和」というラーメン店にて5年という長い期間をこのラーメンというものの修行に費やしたといいます。

 

5年間という修業期間は長く険しいことも多々あったのではないでしょうか、ラーメン店とおいえば、作業中は熱気や湿気が必要以上におそってくるということでも知られる業界であり。

 

さらに、立ち仕事ということもあり、足腰にも非常に負担がかかる職業なのです。

 

このことから、探偵という職業をしていた入江瑛起さんにとって非常にきつかったということは言うまでもないでしょう。

 

修業期間終了時点で「玄黄」をオープン。

 

入江瑛起さんはこの後、カリスマラーメン職人ということでその名が知れていったということになります。

 

その発想力から、驚異的ともいえるほどのバリエーションのラーメンをまったく新しいスタイルで、おいしいといわれるラーメンを次々と生み出してこられたということです。

 

また、非常に勉強熱心な方ということでも知られていることから、勉強会などの参加も怠らないという姿勢がファンの心をつかんで離さないということも考えられますね。

スポンサードリンク

入江瑛起の嫁(妻)と家族が気になる!

入江瑛起さんに関して、結婚などという情報の記載は現在ないという現状があります、ですが、これだけ仕事をされている方ですから、もしかすると独身という可能性も十分考えられますね。

 

入江瑛起さんは現在3店舗ものお店を運営する経営者ということです。

 

まずその店舗の一つとして知られているのが福岡の一号店であるということが言われていますね。

 

この一号店というのは宮田町で行列の出来るラーメン屋としても有名であるといことが言えますね。

 

ご存じのラーメン愛好家も多いということも情報としてはいってきていることから間違いないのではないでしょうか。

 

そして2015年にオープンしたといわれる東京・六本木の「玄瑛」こちらのお店のコンセプトがイケてるんです。

「『年齢を重ね、濃いラーメンはもういい!』という方の他の料理の選択肢になればいい」

これを聞いただけで一度でいいからいってみたという気持ちにさせられます。

 

このことから、入江瑛起さんは職人としても、経営者としても非常にセンスがたかいかたなんだろうなということが感じられますね。

 

2011年1月にオープンされたという「GENKI.WAGAN@恵比寿・広尾」は、完全予約制のラーメン店として話題になったということが言われています。

 

完全予約制のラーメン店、様々な革命をラーメン界に起こしてきた人なんですよね。

 

このようなことから考えると、やはり仕事の面が非常に頑張っておられるでしょうし、結婚はされてないのかなと感じさせられますね。

 

スポンサードリンク

年収がまじヤバイ?

ご存知の方も多いかと思いますが、はやっているラーメン店というのは非常に儲かるのです。

 

このことから、入江瑛起さんは高収入であるということは間違いない事実であるということが言えるでしょう。

 

通常、一般的に言われる、ラーメン屋の年収というのは800万円ほどということがささやかれています。(平均)

 

例えば、1杯が700円のラーメンという場合、1日の仕込みは約2時間程ということが言えます。営業は各店舗により異なりますが、昼と夜の各3時間だったとして、1日100杯が出たという計算でも材料費が35%や家賃、ガス電気水道代経費を引けば800万程度の年収は見込めるという計算にいたりますね。

 

ですが、これは至って平均の話ですし、わずか一店舗でできてしまうようなお話しなのです。

 

ラーメン屋のオーナーというのは稼ぐ方だと3000万と言われるようなかたもおられるのが現実なのです。

 

このことから見積もって、入江瑛起さんの年収は2000万ほどはあるのではないかということが考えられます。

スポンサードリンク

まとめ

入江瑛起さんの経歴については探偵ということが非常におどろかされる部分ではありました。

 

ですが、人間というのがいかに出会いというもので人生がかわるのかということが非常に考えさせられる部分もおおかったのではないでしょうか。

 

 

現在結婚されているかは不明といえますが、その年収は非常に高収入であるということが考えられます。

 

現在、オーナーとして非常に忙しい毎日だと思いますが、頑張って頂きたいです。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました!

 

スポンサードリンク

関連記事は下にスクロール

コメント