木下威征WIKIの経歴がヤバイ!モテると噂だが結婚はして嫁(妻)はいる?(得する人損する人)

料理人




得する人損する人に木下威征さんが出演されます。

 

木下威征さんといえば、フレンチレストランのオーナーシェフということでその名が知れていることでしょう。

 

木下威征さんについて元ヤンキーであるということが噂としてささやかれていることから、WIKIやプロフィールの経歴などについてみていきたいと思います。

 

やはりそのルックス、そして人間性の部分においては木下威征さんはモテるというようなことも言われているようです。

 

このことについて、結婚はされているのか、もし結婚されているとするならば、嫁(妻)であるという方はどのような方なのかについても調べてみたいと思います。

 

こんかいはそんな木下威征さんにスポットを当てていきます。

 

それでは早速。

 

スポンサードリンク

木下威征WIKIとヤバイ経歴とプロフィール

名前:木下 威征(きのした たけまさ)

生年月日:1972年

年齢:46歳

出身地:東京都

専門学校:辻調理師専門学校

 

オー・ギャマン・ド・トキオのオーナーシェフである木下威征さん、どうやら専門学校は有名な辻調理師専門学校に通っておられたといことが言われています。

 

卒業後、イタリアとフランスにわたって修行をされていたということから、本場で修業を積んでこられたのでしょう。

 

実力をつけ、ご自身のお店である「オー・ギャマン・ド・トキオ」をオープンさせたのが今から10年前の2008年のことだったといいます。

 

現在オーナーシェフとして、まっとうにお仕事をされていり木下威征さんですが、昔は相当な悪だったということがささやかれています。

 

また、芸能人のヒロミさんの後輩であるということもいわれているようですね。

 

学生時代は喧嘩をしてみたり、やんちゃをしてみたり、警察にお世話になるようなこともあったほどといいます。

 

このことから、お母さんが相当ストレスを抱えていたということもあったといいます。

 

なんと、お母さんの頭に10円ハゲをみつけたということがあったそうで、このときは多少なりとも悪いと思ったと言ことも言われています。

 

木下威征さんのお店は「ギャマン」と呼ばれることがしばしあるようですが、この意味としては「いたずら小僧」という意味があるのですね。

 

まさに木下威征さんの過去を表す呼び名だったということが伺えます。

 

※関連記事はこちら

北山智映のWIKIと年収に衝撃!結婚と旦那(夫)の噂は!?(得する人損する人)

結婚して嫁(妻)はいるのか?

やはり、悪い男ってなんでかわからないんですけど、モテるんですよね。

 

ということもあると思いますが、やはり人間性の部分が一番でしょう。

 

木下威征さんについてもモテるという噂がありましたので結婚はされているのかという部分でリサーチをかけてみましたが、現在情報としてはこのような部分について語られている様子はないようです。

 

個人的な見解をとして、木下威征さんが、元悪だからモテるというのはあっているようで、100%正解ではないような気もしますね。

 

やはり、ただただやんちゃなだけでは実際のところはかっこいいとはいえないでしょう。

 

悪ぶっているけど、根はやさしかったり。

 

仲間を大切に思う姿勢がとても紳士的だったり、悪に付随する素敵な部分に女性というのはギャップを感じ、魅力的と感じるはずです。

 

やはり木下威征さんにおいては昔は警察にお世話になるほどどうしようもなかった、でも、現在は超有名なオーナーシェフ。

 

このような部分において、モテるなどという噂がでていているということが考えられますね。

 

スポンサードリンク

木下威征の年収は?

木下威征さんはご自身のお店「オーギャマンドトキオ」を恵比寿・白金などを中心になんと5店舗を展開しています。

 

これはそれだけでもすごいことといえます。

 

通常から考えてこのような立地に関しては想像以上の家賃が発生するということはさけられません。

 

飲食店経営者としてこのような土地で勝負をされているということは相当な実力をお持ちという証なのですね。

 

もちろん料理の腕だけではこれは叶いません、やはりオーナーである木下威征さんの人間性の部にも共感するスタッフなどがあってこそ実現できているということでその人間性に関しても想像できないほどのリーダーであることは間違いありません。

 

おそらく、木下威征さんの年収というのは2000万以上あるということが考えられます。

 

通常、2000万円というような年収の方を参考にするとすれば、これは値札をあまり見ることなく買い物ができるという範囲の年収ということがいわれているようです。

 

ですから木下威征さんもこのなかのひとりであるとうことは十分考えられるわけですね。

 

やはりオーナーとして、非常に沢山の人や、モノなどを背負っておられるからこその年収ということが言えるでしょう。

 

 

※関連記事はこちら

入江瑛起の嫁(妻)と家族が気になる!年収がマジヤバイ!(得する人損する人)

 

まとめ

 

木下威征さんが調理師学校に通うきっかけになったのは実はヤンキー仲間だったそうなんです。

 

これはどういうことかといいますと、ある日木下威征さんがヤンキー仲間にチャーハンを振舞ったということがあったそうですが。

 

このときにヤンキー仲間が木下威征さんを絶賛したということがきっかけで調理師学校に進学することを決めたということが言われています。

 

このことから人生において大逆転することになった木下威征さん、ですが、このときから味に対するセンスなどというものが備わっていたからこそ、仲間に絶賛されるようなチャーハンを振舞うことができたといことは間違いのない事実であるということが言えるでしょう。

 

木下威征さんの泣き飯という話に関して話題があるようです。

 

木下威征さんの店の常連だったといわれる親子の娘さんが、小児がんにかかり余命宣告があり、アメリカで手術をおこなうことになるということがあったそうです。

 

娘さんは手術前に「お子様ランチ」を食べたいといったそうです。

 

木下威征さんが娘さんに会ったとき木下威征さんの料理が食べたいと言われた木下威征さんは何も食べてなかった娘さんのために渾身のお子様ランチを作ってあげたらしく、娘さんはとても喜んで完食し、とても喜んだそうです。

 

この経験から木下威征さんは型にはまらず、お客さんの食べたいものを提供する店を目指すきっかけになったといいます。

 

これは木下威征さんが偉大なシェフであることを表すストーリーであるといえるでしょう。

 

このような素晴らしい感性をお持ちの木下威征さん、今後もその活躍が期待されること間違いなしです!

 

最後まで読んでいただきありがとうございました!

 

スポンサードリンク

 

関連記事は下にスクロール

コメント