松本智津夫(オウム真理教)サリン事件の死刑執行、日時や場所と関係者

未分類




次のようなニュースがありました

 

法務省は6日、オウム真理教による一連の事件で死刑が確定した教団元代表、松本智津夫(麻原彰晃)死刑囚(63)の刑を執行した。2006年9月の死刑確定から11年10カ月。日本社会を大きく揺るがし、裁判で「首謀者」と認定された教祖の刑執行は平成の事件史に刻まれる節目となる。

サリン事件の容疑者などについてみていきます。

 

死刑執行についての詳細なども様々な角度から調べていく事とともに、地下鉄サリン事件の日時や場所。

 

さらには関係者について、幹部なども見ていきましょう。

 

スポンサードリンク

松本智津夫について

松本智津夫死刑囚

生年月日:1955年

出身地:熊本県

 

松本智津夫死刑囚は1955年生まれ、出身地は熊本ですね。

 

84年にオウム真理教の前身にあたる「オウム神仙の会」というものを設立したということが言われています。

 

このときは主にヨガ修行などという名目で信者を集めていたという、まさに洗脳であるということはまちがいありません。

 

また、超能力といった部分でも信者を集めていたということが言われていることから、人の心を操作するといったことをこの時すでに行っていたということがいえるでしょう。

 

90年になると信者も含め、松本智津夫死刑囚などが衆院選に立候補していたことは記憶に新しい方も多いのではないでしょうか。

 

これは、当然のごとく全員落選という結果に終わったということですが、様々なトラブルがありました。

 

このなかのひとつとして、非常に高額な「お布施」というものがあったのではないでしょうか。

 

「お布施」を含め様々なトラブルが相次いだことから、多くの社会的批判をあびることとなったのは間違いのない事実だということがいえるでしょう。

※関連記事はこちら

中学二年生が無免許運手で事故!名前は?親(両親)の車でなぜ?理由と動機は?画像(岡山)

 

松本智津夫死刑囚、逮捕の経緯

1995年に発生した地下鉄サリン事件というのは犯罪史に残る大事件であったことは間違いないといえるでしょう。

 

この「地下鉄サリン事件」の発生を受け、もちろんの事ながら、警視庁は山梨県の上九一色村に当時存在していた教団施設の強制捜査に乗り出したということですね。

 

このことから松本智津夫死刑囚を強制逮捕することとなったのです。

 

松本智津夫死刑囚に関して、起訴されたのは地下鉄サリン事件だけでなく、坂本堤弁護士一家殺害事件ふくめ、なんと合計で13もの事件において殺人罪などに問われたのである。

 

スポンサードリンク

 

松本智津夫死刑囚、死刑確定まで

強制逮捕の翌年である1996年東京地裁で行われた公判において、松本智津夫死刑囚は無罪を主張するということがあったのはご存知の方も多いのではないでしょうか。

 

この後、死刑判決を受けるまでには非常に長い期間がすぎていたのです。

 

実際の試験判決に至ったのは2004年ということなので、初公判から約8年という長い期間がたってからの判決だったわけです。

 

また、弁護団が、松本智津夫死刑囚と意思疎通できないということを理由として、提出期限までに、控訴趣意書を出さなかったということがあったということがあった。

 

これを受け2006年になって、東京地裁は控訴棄却を決定し、最高裁に至って高裁決定を支持し、この年に死刑が確定したという流れがあるわけです。

 

※関連記事はこちら

山崎昇八の犯行経緯や動機がヤバイ!なぜ?家族はいるのか(画像)

 

裁判終結からというもの

刑事裁判は2018年1月に集結したということがニュースでもとりあげられていたのではないでしょうか。

 

3月になって、東京拘置所に監修していた死刑囚のうち、13人のうち、松本智津夫死刑囚らをのぞく、7人を別の拘置所などに移送していたということも報じられていました。

 

スポンサードリンク

 

死刑執行された死刑囚の名前

こちらは法務省の報告になるので記載していきます。

 

法務省によると、松本智津夫死刑囚ほか6人の死刑が執行されたことがつたえられています。

 

いずれも元幹部ということで、その名が知られているものもいるということがいえます。

 

早川紀代秀 68歳

中川智正 55歳

井上嘉浩 48歳

新実智光 54歳

遠藤誠一 58歳

土谷正実 53歳

 

これら死刑囚が死刑執行されたということがつたえられています。

 

松本智津夫死刑囚は坂本堤弁護士一家殺害事件や脱会信者殺害事件に関して被害者らが自分に敵対したり離れたり、反発したりしたとの理由で殺害を指示していたということで非常に凶悪であることは間違いありません。

 

この時の指示では「ポア」という言葉をつかって指示していたという。

 

また、松本サリン事件に至っては

「実際に効くかどうかやってみろ」

などとサリン噴霧の指示をおこなっていたということです。

 

このような人間が、今日という日まで存在していること自体が恐ろしいことであるといえるでしょう。

 

※関連記事はこちら

小渕寿人の動機が異常!「なぜ?」経緯と家族(両親)に顔画像!

 

まとめ

 

東京都の地下鉄にサリンをまくという指示、そしてそれを受ける者、どういった神経をしているのかというのがまったく理解ができないのです。

 

当時を振り返りこの事件は戦場だったということも報じられているのです。

 

映像で確認するだけでも恐ろしい映像だったということは国民、そして映像を見た世界中の人々が感じたのではないかと思われます。

 

阪神大震災に匹敵する大惨事を起こせば、警視庁の強制捜査を阻止できるなどと考えたといいます。

 

この事件での被害者は13人が死亡、6000人以上が負傷したのです。

 

現在、教団関係者による暴動などが起きる可能性もないことはないということがささやかれています。

 

このことから、公安当局は監視を強化しているということがいわれています。

 

国民全体においてももしかしてなにか起こらないのかということで恐怖を感じることもあるのではないでしょうか。

 

これからなにも起こらないことを願うばかりです。

 

スポンサードリンク

関連記事は下にスクロール

 

 

コメント