徳永克彦の息子や娘と嫁(妻)とは?WIKIプロフや経歴と年収は?(情熱大陸)

写真家




徳永克彦さんが、情熱大陸に出演されるということで注目が集まっていますね。

 

徳永克彦さんといえば戦闘機カメラマンということでその希少さから写真家の中でもかなり珍しいタイプであるということはいうまでもありません。

 

このような特殊な職業をされている徳永克彦さんですが、結婚や息子、娘、妻や嫁に関して、どのような構成になっているのでしょうか。

 

さらに、特殊なタイプのカメラマンでありますから、その経緯。

 

WIKIプロフや経歴に関してもみていくこととします。

 

今回はそんな徳永克彦さんについてリサーチします!

 

それでは早速。

 

スポンサードリンク

徳永克彦のWIKIプロフや経歴

名前:徳永克彦(とくなが かつひこ)
生年月日:1957年

年齢:61歳(2018年)
出身地:東京都
職業:写真家

 

徳永克彦さん、現在は戦闘機カメラマンということでその活動が知られているわけなのですが、このルーツというのは中学生時代の経験がその要因として挙げられるということです。

 

これは1978年のころだったといいます現在2018年ですから20年前までさかのぼるわけですが、中学生時代に飛行機というもの自体にハマったという経緯がこれにあたいするということになります。

 

やはり中学生時代というのは何かそのものについて自分の中での好きなものが形成される時期であることは間違いありません。

 

多くの方々が中学生時代に好きだったものに関して大人になってからも好きという話はよく聞く部分でもあるのです。

 

この青春時代に、徳永克彦さんは飛行機にハマり、なんとアメリカ空軍のT-33Aという戦闘機に同乗したことをきっかけにこの「プロカメラマン」というキャリアをスタートさせたということが経歴に当たるわけなのです。

 

おもに行うのは「空対空撮影」これが中心になるということからこの希少さゆえに人間国宝レベルとも称されることもあるということがささやかれています。

スポンサードリンク

徳永克彦の家族は

徳永克彦さん、その仕事に対する仕事術といった部分でも通常でも考えられないようなスタイルでその撮影というものをすすめてらっしゃるということです。

 

これはやはり「飛ぶ前に撮影は終わっている」というような表現的な部分に関してやはり入念な準備、策略というものをねってからの行動があるということは間違いないということが言えるでしょう。

 

この中に含まれるものの要素というのは、通常の写真撮影とは全く違ったアプローチ方法ゆえに一般からは理解のできない内容でもあります。

 

これは、背景である地形などの部分、さらには速度と高度などといった機体の詳細の部分、さらに飛行機の性能というものを知り尽くしているということが重要なポイントとも言えます。

 

やはり光というものはどの写真にしてもついてくるものですから、太陽の位置などももちろん確認するというのは基本的プロセスの一つであるとも考えられます。

 

このような非常に過酷であるとともに繊細な仕事である戦闘機カメラマンを支える方というのは非常にアクティブな方ということがささやかれています。

 

このことに関して情報ベースとしてもとても少ない状態であるのはやはり、奥様は一般の方ということから、その内容についての情報の公開は少ないということが言えるわけです。

 

朋子さんという名前であるということがささやかれている内容も目にすることがありました。

 

やはり戦闘機カメラマンなどという命がけの職業に就く旦那を支えるかたというのははやり審が強い女性なのではないでしょうか。

スポンサードリンク

年収がすごい!

徳永克彦さんの仕事の流儀に関してはさまざま部分においてやはりこだわりであったりするところはまさに職人であるといえます。

 

数センチ単位でパイロットに対して指示をだしていきます。

 

空中であることから、空というのは無限の広さがあります、この広い空の中で、徳永克彦さんの仕事はわずか数センチの中での仕事をしているわけなのです、しかもものすごい重圧である「G」を感じながらです。

 

そしてこの一瞬の中で考えられるのでは、その機体というのはものすごいスピードで高速移動をしているということなのです。

 

この中でなんとカメラの機能である連写というのは使用されないわけですから驚きです。

 

居合い抜きのようなワンショット

これが徳永克彦さんの仕事術です。

 

このすべてが入念な準備によって生み出されるわけなのです。

 

このことから徳永克彦さんの年収は数千万という年収があるということがささやかれているのです。

 

この年収は一般のカメラマンにおいてはほとんどが通用しない次元のレベルであることは間違いありません。

スポンサードリンク

まとめ

驚くべきことに徳永克彦さんが空中で過ごされてきた時間というのは凄まじいものがあります。

 

これはこれまでの経歴にもあたりますが、さまざま国にわたりこの戦闘機カメラマンとしてのキャリアを積んできたということになるのですが。

 

その数は45か国、これほどの国にわたりさ様々状況下において撮影を行うことでそのコツなどもつかんできて来られていることと思われます。

 

陸軍であったり、海軍であったり、場合によっては航空会社でもあるということです。

 

このことから2000時間以上とも言われる時間を空の上で過ごしてきておられるわけなのですね。

 

今現在においても年間に換算しても300日以上は撮影の交渉や、打ち合わせという時間を割くことで世界中を飛び回っているということが言われているのです。

 

このように、現在に至ってもそのキャリアというものを積んでおられるわけです、ですからやはりその写真の価値からしてもご自身の年収というものも頷けるというものもあるでしょう。

 

命がけのしごとであることから、細心の注意は払っておられると思いますので、今後もその活躍を見せ続けていただきたいですね!

 

最後まで読んでいただいてありがとうございました!

 

スポンサードリンク

関連記事は下にスクロール

コメント