【訃報】生田悦子の救急搬送された病院は?葬式と告別式やその死因と原因について(画像)

女優




女優である生田悦子さんが逝去したということが伝えられました。

 

これは7月15日のことだったといいます。

 

生田悦子さんといえばテレビドラマである、白い巨塔などに出演されていた女優さんですので一般的によくみかけていた女優さんです。

 

芸能界での交友の広さでも知られていて。

 

2015年からは週刊女性にて「生田悦子の芸能界 良い子悪い子普通の子」を連載していたということもあります。

 

71歳という年齢でなくなられたわけなのですが、一般的な平均寿命よりも早くなくなられていることとから伝えられている死因よりも何かほかにも原因があるかもしれません。

 

病気の原因や搬送先の病院まで見ていきたいと思います。

 

スポンサードリンク

生田悦子の死因や原因は

15日に死因は虚血性心不全で病院に緊急搬送されたということですが、帰らぬ人となってしまった生田悦子さん。

 

2006年には更年期障害が原因となったうつ病であることを公表されていました。

 

女性に関しては40代の後半あたりからホルモンバランスの崩れなどの影響でおこるということが問題視されている更年期障害。

 

生田悦子さんに関しても同じように更年期障害をわずらったということになります。

 

およそ2割以上ともいわれる女性の方に、急激にな血圧の上下や顔のほてりなどがおこるのです。

 

さらには抑うつや肩こりなども起こるということが言われていることからこの症状がひどい方というのは大変な思いをされていることも事実あります。

 

生田悦子さんの場合40代にしてその症状は悪化したといいます。

 

めまいがたびたび起こることや、精神状態の異常が起こること、発刊が異常にあるという風なことだったようです。

 

さらに51歳で母親を無くすなどがありうつ病を発症。

 

やはりこのストレスなどが原因でかなり体に負担がかかっていたことも多いということがその原因であるということになるでしょう。

 

※関連記事はこちら

【訃報】大塚徹の死因の原因とは?!病院の場所について葬儀と葬式などについても。

葬式や告別式

葬儀は近親者のみで行われるということがその報道内容として明らかになっています。

 

後日、お別れの会を行うということまでは知らされている状況ですね。

 

1963年に準ミス平凡に入選しモデルデビューをされたということでその美しさというのはきわだっていた。

 

1966年に松竹へ入社し映画やドラマなどで活躍したことは多くの方がご存じであるといえるでしょう。

 

お母さまがなくなられたとき、芸能事務所の関係者の方に「これで仕送りをしなくてよくなりましたね」などということを発言されたことがきっかけで芸能事務所を退社したのだという。

 

やはりうつの症状というのは非常にきつかったということです、食器を洗おうと思っても洗えない、であったり、道を歩く時にも怖くて真ん中を歩けずにはしをあるかないといけないというような状況もあったということが知らされています。

 

人に頑張ってといわれても頑張れなかったそうです、ですがこれはもうしょうがないことなのですね。

 

やはりこれがうつ病ということなのです。

 

このうつという状況から逃れるために死を選ぼうしたときもあったといいます、ベランダから飛び降りてしまおうか、などという精神状態に追い詰められることですから、おそらく通常では考えられないようなここをの負担というものが生田悦子さんにはかかっていた時期があるのです。

 

スポンサードリンク

救急搬送された病院について

生田悦子は救急搬送された病院で亡くなられたということです。

 

これは都内の病院であるということがその報道から伝えられています。

 

うつ病だった当初、なんと2・3行のセリフすら覚えられなくなっていたといいます。

 

このことから女優業を休業という道をせんたくされたということなのですね、ですがこの選択は正しいのかなとも感じられます。

 

人間というのは頑張ってるとえらいと評価される、結果が出ればスゴイと評価される。

 

ですが根本的には今現在、生命として存在で来ているだけでかなりスゴイというものの目線もあるわけです。

 

ですから、そこまで心と体に負担をかけてまで頑張ってこられたのですから、休業という形をとってでも負担を軽くするということを批判もあるかもしれませんが、正しいと考えられるのではないでしょうか。

 

生田悦子さんの趣味というのは麻雀やパチンコだったということも伝えられていますが、やはり息抜きも必要といえるでしょう。

 

ぎゃんぶの世界では闇賭博というような世界にハマって抜けられないような方も多くみられます。

 

このようなかたに共通しているのはその依存が非常に強いということも挙げられます。

 

パチンコなどはほどよくおこなうことが精神の安定などにはつながっていたのかもしれません。

 

 

※関連記事はこちら

加藤剛の死因と病名!原因は?【訃報】葬式と告別式はいつ?嫁や息子のコメントも

まとめ

独身時代のアントニオ猪木さんとの交際があったこともわだいにあがることがありましたね。

 

生田悦子さんの美しさというのは近寄ることもできづらいほどの美人だったといいます。

 

それほどキレイなかただったのですね、テレビを通すより直に会うとやはりその美しさというのは感じ方が違います。

 

その空気やオーラで感じることとなるからですね。

 

性格に関してもとても正直な方だったといいます、美人であり、正直であり、まさに女性の見本となるようなかたえあるということがいえるでしょう。

 

だからこそうつ病などというのは非常につらかったということもあるかもしれません。

 

白髪に関してもまわりから「黒くしたら?」などといわれても一切しないというほどの潔い性格、女性からの指示がとても多かったことに違いありません。

 

関係者の方の発言として

こんな素敵な女性を失うなんて悲しすぎます

というようなものがありました。

 

このコメントに生田悦子さんの人間性を感じました。

 

本当に素晴らしい方だったのだと思います。

 

天国でゆっくりしていただきたいとともに、ご冥福をお祈り申し上げます。

 

スポンサードリンク

関連記事は下にスクロール

コメント