田上大喜のプロフィールがヤバイ!その偉大な夢とは!両親がスゴイ(マツコの知らない世界)

未分類




マツコの知らない世界に田上大喜さんが出演されます。

 

天才少年の異名を持つ田上大喜さん、蚊の研究の為になんと4000匹という数の蚊をかっているというのです。

 

このことから「科学の芽」という賞を受賞されるということもあったのだとか。

 

このように非常に特殊な研究をされているというのかこの人物像において非常に気になる部分ということが言えるのではないでしょうか。

 

田上大喜さんのWIKI風プロフや経歴などについても見ていきたいと思います。

 

さらに田上大喜さんを育て上げたご両親というのはどのようなかたなのでしょうか、独自の視点で調べていきます。

 

蚊の研究という通常ではあまり考えられないその研究などもみていくこととします。

 

今回は田上大喜さんについてWIKIプロフや経歴さらにはご両親といった部分についてもみていくこととします。

 

それでは早速。

 

スポンサードリンク

 

田上大喜のWIKIプロフや経歴

名前:田上大喜
生年月日:1999年
年齢:19歳
出身地:アメリカ・シカゴ

 

田上大喜さん、蚊の研究という部分おいてその興味と能力を存分に発揮しているということなのですが、基本的にも非常に頭がいいようなのです。

 

出身地に関してはお父さんが仕事でアメリカにいたという経緯があることかあらアメリカ生まれということなのですね。

 

さらに驚くべき部分として、田上大喜さんの通っていた学校というのがオーストラリアのFarmhouse Montessori PreschoolForestville Montessori Schoolさらにはシンガポールの ISS International Schoolに編入といいう形になっています。

 

このように海外の学校を移りわたりながらその学力というものをみにつけていったことになります。

 

Saint Joseph’s Institution International Schoolに入学後日本に帰ってきたのがちゅうがくじだいであったということですから、幼少期、さらに小学生という時代を海外で生活をしているということになります。

 

このことから、やはりその感性の部分において日本人離れしたグローバルな発想ということをされる要素というのは持ち合わすことになったに違いありません。

 

その学力というのは日本に帰国子女として編入したというのが立命館宇治中学にへんにゅうされているのです。

 

さらに高校に至っても偏差値なんと69ともいわれる京都教育大学付属高校です。

 

このことから田上大喜さんさんの経歴や、さらには学力のすごさというものがうかがえます。

 

※関連記事はこちら

東山拓仁の中学校はどこ?彼女の噂とは?WIKIとプロフがヤバイ!(マツコの知らない世界)

両親とは?

田上大喜さんの妹というのは非常に蚊に刺されやすい体質であったということです、これはやはり体質的な部分が大きいとは思われます。

 

ですが、田上大喜さんはここに着目したのです。

 

妹の千笑(ちえみ)さんというのは田上大喜さんと一緒に昆虫採集などにでかけると田上大喜さんの3倍というような数を蚊に刺されるという経緯があったのです。

 

さらにその千笑さんの刺された患部というのは赤く腫れあがって水膨れになるようなアレルギー体質だったというのです。

 

このことから研究という形でこのことを解消できないのかということで始めたのがこの蚊の研究のはじまりであったということになりますね。

 

天才少年。

 

このように呼ばれるという田上大喜さん、その妹思いな人間性もさることながら、やはりご両親の教育といった部分でも非常に精度の高い教育が行われていたことは確実ということになるでしょう。

 

よく頭のいい子供さんにおいて図鑑がよくよまれているというようなことがささやかれることがよくありますが、もしかすると田上大喜さん、のご両親も図鑑などをよくみせてあげていたということもあるかもしれません。

 

さらに海外で仕事をされていたということもありますから、田上大喜さんのご両親に関しては一般的な家庭よりも高収入な家庭ということも言えるでしょう。

 

スポンサードリンク

田上大喜さんの夢とは

田上大喜さんの夢とはご自身で書き上げた小説というもののなかにその内容が集約されているというわけでが。

 

いつも人を助けるための道具を発明している心優しい科学者

これが小説の中に描かれた夢なのです。

 

これは「子供が欲しいプレゼントが映る鏡」という題名の小説になっているのですが、田上大喜さんの作品であり、第二回星新一賞というコンテストのようなものでジュニア部門においてなんち優秀賞を受賞しているのです。

 

作品の中に描かれているT博士。

 

T博士はは非常に頭がいい科学者。

 

道具をいつも開発しているのですが、いつも人を助ける道具というものを発明しているのです。

 

さらにこのT博士というのは心優しい科学者ということでこのような学者になりたいという自分の夢を小説の主人公として描いていたのですね。

 

やはり人生においてすべては自分の思考のなかみが現実世界に映し出されるということが多くいわれますが、やはり現実世界は創造世界であるということに集約されていることはまちがいありません。

 

田上大喜さんにおいてはこのような若い年齢にして自分の将来像というものに関して小説という形で映し出しているのです。

 

このことから田上大喜さんのなかでご自身の将来はすでに頭の中で完全に出来上がっているということになります。

 

さらに蚊の研究においてはその夢を一つ、また一つという形で現実に落とし込んでおられるという紛れもない事実もあるわけです。

 

このことから田上大喜さんの夢はほぼ叶うということはほぼ確実でしょう。

 

※関連記事はこちら

清水雅弘WIKIは?結婚は?嫁(妻)子供は?命がけの仕事内容とは!(マツコの知らない世界)

まとめ

天才少年とも呼ばれる田大喜さん、妹の為に始めた研究で夢をかなえる第一歩を踏み出しておられます

 

このような人材が育ち、世界をよりよくすることは間違いありません。

 

今後も様々な研究に力を入れていただきたいですね!

 

最後まで読んでいただいてありがとうございました!

スポンサードリンク

関連記事は下にスクロール

コメント