浅利慶太が亡くなった原因と告別式や葬式は?死因とその病院と死去の訃報について

未分類




劇団四季創設者の一人で劇団代表も務めた演出家である浅利慶太さんが2018年7月13日85歳という年齢でで亡くなったということが伝えられています。

 

劇団四季出身の俳優である鹿賀丈史さんが会見をおこなったとのことです。

 

鹿賀丈史さんというのはは1972年に劇団四季に入団したということですが芸名の「鹿賀丈史」の名付け親は浅利さんなのです。

 

このことから浅利慶太さんとは切っても切れない中であるということが言えるでしょう。

 

「イエス・キリスト=スーパースター」のジーザス役で主演デビューしたということはご存知の方も多いかと思います。

 

浅利慶太さんについて、その人柄というのは非常に厳しかったということが知らされています。

 

この、厳しさという部分においてはやはり優しさがあるからこそであるということがかんがえられます。

 

最近では人に対して怒る人が減ってきているのではないかと思います。

 

そのなかで人として真剣に向き合うことで怒るということが自然とでてくるのではないでしょうか。

 

このことから、自然と人間がついていくような、そんな人柄であったということが言えるのではないでしょうか。

 

バカヤロー、コノヤロー

このような言葉はよく発言されていたということですがこれも愛情ということが言えるのではないでしょうか。

 

関係者の方々からすると、怒られているのではなく、カツを入れられている。

 

このようなかんかくであったということもその人間性のありさまでしょう。

 

 

スポンサードリンク

浅利慶太の訃報

劇団四季創設者の一人で劇団代表も務めた演出家である浅利慶太さんが13日に亡くなったことが報じられた。

 

85歳であった。

 

訃報が伝えられたのは2018年7月18日。

 

都内の病院で亡くなったということがどの報道内容としてあきらかになっているのです。

 

劇団四季を創設し、「キャッツ」や「ライオンキング」など海外ミュージカルのロングラン公演を日本に定着させた、演出家の浅利慶太さんが今月13日、悪性リンパ腫のため東京都内の病院で亡くなりました。85歳でした。

このように様々なメディアが浅利慶太さんの訃報についてとりあげています。

 

東京都内の病院で亡くなられたということで、さまざまな角度でその病院に関して調べては見ましたがその内容に関してはあきらかになっていないということです。

 

 

※関連記事はこちら

小1男児・熱中症で死亡(愛知県豊田市梅坪小学校)両親と名前や画像は

浅利慶太の死因は?

死因に関しては悪性リンパ腫であるということが報じられています。

 

悪性リンパ腫は、血液細胞に由来するがんの1つで、白血球の1種であるリンパ球ががん化した病気なわけです。

 

全身のいずれの場所にも病変が発生する可能性があるということでも知られています。

 

その多くの場合は頸部(けいぶ)、 腋窩(えきか)、 鼠径(そけい)などのリンパ節の腫(は)れが起こります。

 

ですが消化管、眼窩(がんか:眼球が入っている骨のくぼみ)、肺、脳などリンパ節以外の臓器にも発生することがあるということも伝えられています。

 

 

液中には免疫をつかさどる白血球やリンパ球、酸素を運搬する赤血球、出血を止める働きがある血小板などの血液細胞があるわけです。
発症の原因においてはまだ明らかになっていない部分も多いという。
ですが、細胞内の遺伝子において変化というものが加わり遺伝子が活性化するといったことで発症することで発症するというこが考えられているのです。
ウイルスや免疫不全者においてこのようなことが言われているということもあるということなので正確な原因に関してはまだわからないということになるのかもしれません。

 

スポンサードリンク

葬式と告別式

浅利慶太さんというのは應義塾大学文学部仏文学科在学中の1953年に、日下武史さんら10名で劇団四季を創立したのです。

 

それ以来、劇団代表や演出家として。

 

ストレートプレイからミュージカルにいたるまで、ほぼ全作品においてそのプロデュースや演出に関して手掛けてきたわけです。

 

2014年に劇団代表職を退いている。

 

そのごにおいては活動の拠点を変えて、今の浅利演出事務所へと移している。

 

「浅利慶太プロデュース公演」というこにして、計12公演の演出を手掛けたということも知られている。

 

紀伊国屋演劇賞受賞や菊池寛賞。

 

さらには読売演劇大賞受賞に、ドイツ連邦共和国一等功労勲章を受賞。

 

イタリア・アッビアーティ賞や中国政府友誼賞受賞。

 

国内外において受賞多数している。

 

数多くの俳優やスタッフを発掘して育成した。

 

このことから日本の劇場文化を大きく発展、進化させたわけです。

 

後日、お別れの会を開かれるというこが知らされています。

 

※関連記事はこちら

【訃報】生田悦子の救急搬送された病院は?葬式と告別式やその死因と原因について(画像)

まとめ

浅利さんは東京の出身。

 

慶応大学在学中の昭和28年に俳優の(故)日下武史さんらと劇団四季を創設し、数々の舞台を演出しましたのです。

 

さらに、ご自身の中でもはっきりと聞き取れるせりふを話すための発声法などを発案。

 

俳優の育成に関しても独自の方法を編み出している。

 

このように劇団四季を全国に専用劇場を持つ日本最大規模の劇団に成長させました人物ということになるでしょう。

 

また平成10年において、開催された長野オリンピックの開会式と閉会式をプロデュースするなどという活動でも知られているのです。

 

このように幅広い分野で活躍してきましたわけなのです。

 

アジア各国との交流においても非常に力を入れられていたのです。

 

平成18年においては「ライオンキング」のソウルでの公演を実現させました。

 

 

劇団四季のコメントによりますと、浅利さんは去年9月から体調を崩して入退院を繰り返していたということも明らかになっています。

 

2018年7月13日悪性リンパ腫のため東京都内の病院でなくなったということになるようです。

 

ご冥福をお祈り申し上げます。

 

スポンサードリンク

関連記事は下にスクロール

コメント