前田尚毅(サスエ)のスゴ技が驚異的!5代目で後継者は?包丁は3000円?(情熱大陸)

料理人




前田尚毅さんが情熱大陸に出演されるということです。

 

前田尚毅さんは「サスエ前田魚店」の店主としてご商売をなされています。

 

その技術は「スペシャルな技術」ともよばれる技術なのです。

 

この技術においては日本のみならず、海外からも絶賛を受けるほど、とにかく国内、国外関わらず引っ張りだこということになるようですね。

 

現在5代目という前田尚毅さん、後継者についてはどのようにかんがえておられるのでしょうか。

 

さらにはその技術をささえる道具です。ある包丁などについても調べてみました。

 

スポンサードリンク

前田尚毅(サスエ)のスゴ技が驚異的!

「魚も苦しいので、殺生は一発でやります」

エラと胸ヒレの間にてかぎうを打ち込みます。

 

血を抜き、ワイヤーを差し込み神経締めを行うといいます。

 

これは地震の試行錯誤の中で生まれたテクニックであるということです。

 

神経を取り払うことで、死後硬直が遅くなり、鮮度が保たれるのだとか。

 

まさに匠の技術!

 

魚の水揚げから2日、胃袋のエサを取り除き、魚が暴れてうまみが落ちないようにすることも大切なのだとか。

 

このような独自の技術などがやはり魚のうまみを引き出す要因ということです。

前田尚毅さんにおいてそのスーパーテクニックとも称されるテクニック。

 

これは水を抜くという技術においても特化しているということが伺えます。

 

まな板に塩を振るのだとか。

 

その上に切り身をのせるとまたさらに塩を振る。

 

まな板代にかけると切り身が動き出しさらに水分をそとにおしだすというのです!

 

「水分は魚の腐敗要素になりますからね。取り除いてやると生ぐさみは出なくなるし、この状態で5日以上鮮度を保つことができます

これが前田尚毅さんにおける最上級のテクニックということになりますね。

※関連記事はこちら

徳永克彦の息子や娘と嫁(妻)とは?WIKIプロフや経歴と年収は?(情熱大陸)

5代目で後継者は?

昭和47年創業という老舗サスエ前田魚店。

 

お客様に買って頂くがゆえに「魚の目利き」であったり「捌き技術」において納得してもらえる店づくりをおこなってこられたといいます。

 

さらに魚に対して豊富な知識、さらには安心できると思われる確かな魚を提供するということをその系方針においているようです。

 

「魚はやっぱりサスエだね」このようにいわれる魚を提供し続けているという魚屋さんの5代目、前田魚店の店主前田尚毅さん。

 

後継者などはどのようになっているのかというのが気になります。

 

どうやら前田尚毅さんにおいては現在結婚されていてさらには男の子と女の子の子供さんがおられるということです。

 

このことから、おそらくこの子供さんのどちらかが跡を継ぐということになるでしょう。

 

魚屋の店主というとかなり頑固オヤジで亭主関白で家族中もちょっと悪い、というようなイメージをもってしまいがちです。

 

ですが、前田尚毅さんのご家族においては非常に仲が良いということでもしられているのです。

 

ただ、長男においてはどうやら跡を継ぐという気はないということがささやかれています。

 

これはやはり夢として寿司職人というものにあこがれがあるということがかんがえらるでしょう。

 

どうやら魚屋ではなく、寿司屋として魚を扱うというのが夢ということになりますね。

 

スポンサードリンク

包丁は3000円?

前田尚毅さん、その技術においてはとても素晴らしい技術ということで非常に評判はたかいわけなのですが、なんとご自身がメインで使う包丁というのは3000円ということでもしられているわけです。

 

弘法筆を選ばずとはよく言われますが前田尚毅さんにいたってはまさにそのような一人なのだということがよくわかります。

 

「浜田シェフからいただいたすばらしい包丁もあるのですが、もったいなくて、なかなか使えない(笑)」

 

やはりものを大切にする姿勢というものがこの技術や人間性にもあらわれているということがいえるでしょう。

 

 

これは同じ包丁なのだとうことですが、左右で全くその太さが違うのには驚きです!

 

包丁ということで、やはり研いで繰り返し使っていくうちにこのような形状に変化していくということなのですね。

 

前田尚毅さんは厨房の中で行われる作業というものをイメージしながら必要な処置をするといった点でも非常にその特徴的来な部分であるということがいえるのです。

 

やはり料理人によって欲している魚というのは違うということになるようですね。

 

また店によっても一軒一軒魚を選ぶということでこれがすべてこだわりといえる長所であり、「仕立て」という呼び名につながるのでしょう。

スポンサードリンク

まとめ

2018年現在43歳ということが言われている前田尚毅さん、まさに働き盛りということになります。

 

どうやら幼いころから祖父に魚に対するものごとというのを教えられて育ってきたということですね。

 

このような影響もあり魚屋さんを志すようになったのは自然な流れだったともいえるでしょう。

 

高校卒業後は大学には進学しなかったようですね。

 

やはり魚屋になることが目標ですから自然と修業期間というものを設けるという発想に至っていたのではないでしょうか。

 

仕事に関しては非常に真剣に、かつ厳しくも当たっていくということです。

 

このような姿勢にお弟子さんたちもかんかされていることでしょう。

 

やはりその仕事ぶりから収入面においても非常に高く推移しているということもささやかれています。

 

その収入は1000万近いのではないかといわれるほどなのです。

 

魚屋でこのような年収を稼ぎだすということは非常に難しいことでもあると考えられます。

 

やはり魚といえば鮮度が命

 

このようにいわれることからそうそう日持ちするわけではないのです。

 

やはり食品を扱うというのはそれなりのリスクがあるということになるわけですね。

 

このなかで真の技術を持ち合わせ、さらには世界からも評価される前田尚毅さん、今後も頑張って頂きたいです!

 

最後まで読んでいただいてありがとうございました!

スポンサードリンク

関連記事は下にスクロール

コメント