ハイランドプールで重体の男児の保育所は?名前や画像!両親(父・母親)は?

事故




神奈川県横須賀市ハイランド1丁目の「ハイランドプール男児がおぼれて意識不明重体とみられています。

 

3歳の男児ということで、保育園に通っていたのではないでしょうか。

 

またこの3歳の男児というのは名前や画像においては公表に至っているのか。

 

またプールで沈んでいたということですが、父親によってこの様子が発見されたということですが、母親も一緒に探していたことでしょう。

 

また兄弟においても6人兄弟で出かけていたということなのです。

 

水難事故が多くなる季節においてプールでの事故が発生したということは非常に悔やまれます。

 

監視の目というのはいきとどいていたのでしょうか?

 

スポンサードリンク

重体の男児の保育所は?

保育所に関してはこの男児が逗子市に在住あるということがわかっています。

 

逗子市にはいくつかの保育園などがあります。

 

双葉保育園という私立の保育園があります逗子市久木にあることからこのあたりのざいじゅうであるということになるとこの保育園にかよっているのかもしれないということが予測出来ました。

 

そのほかにも桜山保育園という保育園がありますし、逗子市小坪においては逗子市立小坪保育園があります。

 

小坪保育園においては相模湾の海岸があり、市営プールや被露山公園など、心身の健康を促す自然環境に恵まれています。

 

このような環境においては子供は動物などにも触れ合う機会ができることから成長段階においてはさまざまな感性が備わるといえます。

 

さらに逗子市沼間においては沼間愛児園もありますし、逗子市池子などにも逗子市立湘南保育園というものがあるのです。

 

湘南保育園の周りには高齢者が集う施設が複数あります。この地域性を活用し、人を敬い思いやる心を育てるといった教育にも力を入れているのです。

 

ですからもしもこの男児がこのような保育園に通っているということがあれば非常に心が優しい男児なのではないかと想像できます。

 

やはり子供が育つ環境というのは非常に大切であるということが考えられます。

 

もしも男児が保育園に通っているということであればこのような保育園に通っていたという可能性は非常に高くなります。

スポンサードリンク

3歳児の名前や画像は?

こちらの画像はハイランドプールのプールサイドになっています。

 

男児は病院に搬送されたが、意識不明の重体ということです。

 

意識不明ということで命の危険などは回避できているのかというのが非常に心配されているのがこの報道内容としても明らかになっているのです。

 

県警においても当時の詳しい状況に関しての調査が進められているということなのです。

 

意識不明ということで3歳という年齢で意識障害という状態に陥っているというのは非常に危険な状態であるということは間違いありません。

 

これは物事に対して適切な反応が損なわれているという解釈ができます。

 

また、刺激や物音に対する反のが取れないことも意識不明な状態時においての現状といえます。

 

酸欠状態に陥ったということも考えられます。

 

酸素欠乏症においては、人体が酸素の濃度18%未満である環境におかれた場合に生ずる症状。

 

という形であらわされるためこの男児も酸欠におちいったということから意識をうしなたったといかたちになったとも考えられます。

 

男児の名前に関しては現在リサーチを進めていっている段階になります。

スポンサードリンク

男児の両親は?

男児の父親というのは43歳の会社員であったということがそのニュースからあきらかになっています。

 

さらに兄弟に関しても6人兄弟ということがささやかれていることから、この中の3歳児ということで非常にかわいがられる立場にある弟さんが事故にあったということになります。

 

23日は月曜日であったことから、父親というのは会社員でありながら月曜日に家族サービスをされていたということになります。

 

このことから、土日休みの一般的なサラリーマンとは異なったライフスタイルを送っておられる方であるということが考えられますね。

 

また、母親というのもお仕事をパートなどという形でおこなってこられたのではないかということも十分考えられます。

 

これはやはり6人兄弟を抱える両親ともなると旦那さんが会社員などということを考えるにあたりやはり共働きなのではないかと想像できます。

 

このように大家族ですから、一人一人に目を届くということが困難になるため、兄弟間でも水遊びなどのシーンでは気を付けていたことは間違いありません。

 

やはり兄弟が多いほど、子供たちは助け合う性質を自然に身に着けるということになるでしょう。

スポンサードリンク

まとめ

神奈川県横須賀市ハイランド1丁目の「ハイランドプール」でおこった今回の事故に関してプールに携わる方々にも様々な影響を及ぼしたということがいえます。

 

これはやはり監視の強化。

 

このような事故があるのには家族のような保護者が見ている必要があるでしょう。

 

保護者が見ていることができないのであればそれにかわる兄弟や身内のような方々がこのようなことがないように見届けるということが必要でしょう。

 

さらにこのような事故がある中でこの施設を利用していた方々というのは誰も気づかなかったのでしょうか。

 

事故内容はプール内で沈んでいた男児を父親が発見ということでその報道がなされているのです。

 

子供が沈んでいるという状況に利用者が気づかないという点が非常に疑問点です。

 

男児は病院に運ばれてはいるが意識不明の重体ということになっています。

 

これは非常に危険な状態であることに違いありません。

 

わずか3歳という年齢であるため、その体力はまだまだ十分とは言えないのではないでしょうか。

 

このように実際に夏になると多くの水の事故が報告されることとなります。

 

これはこれからが夏本番という時期においても警告を促す事故でもあります。

 

このような事故が起こらないことを祈るばかりです。

 

スポンサードリンク

関連記事は下にスクロール

コメント