ベンゲルがテクニカルディレクターに決定か!契約金は?水面下で打診!

未分類




森保一が日本代表の監督になることがほぼ確定しているということだが、ベンゲルがテクニカルディレクターとして契約することになる可能性がある。

 

どうやら水面下においては打診をすませているということです。

 

アーセン・ベンゲル氏は今季限りでアーセナルの監督を退任しているのです。

 

 

アーセン・ベンゲルとのテクニカルディレクターとしての契約が結ばれることになるとすれば、森保一氏に対する助言などもきたいされている。

 

さらにはマッチメークに関しても力になることになるとも言われている。

 

やはりその他サポート面においても多くの期待がかかっていることでの今回の契約浮上ということが挙げられます。

 

水面下での打診が済まされているということに関しても複数の関係者からの情報があるということになるのでほぼ確実ということがいえるのではないかということです。

 

今季限りでアーセナル監督を退任したばかりということですが、まだまだその活躍にきたいされます。

 

スポンサードリンク

 

ベンゲルがテクニカルディレクターに決定か!

世界的名称が日本に戻ってくる可能性が浮上している。

 

ベンゲルといえば以前名古屋を指揮していたことから多くのかたがご存知の方ではないでしょうか。

 

ベンゲルといえば様々な国からも興味を示されていることからやはり日本協会入りに関しても選択肢に入っているということです。

 

どうやらこのことに関して多くの関係者のコメントを統合されていることです。

 

欧米や中国からも注目されているベンゲル氏、今後の活躍に注目されることになるでしょう。

 

※関連記事はこちら

ハイランドプールで重体の男児の保育所は?名前や画像!両親(父・母親)は?

 

ベンゲルの経歴などは?

名前:アーセン・ベンゲル

生年月日:1949年10月

出身地:フランス・ストラスブール

 

大学卒業後プロ選手としてサッカー界でのキャリアをすたーとさせています。

 

その後1981年に指導者側に転身した。

 

この後1987年からモナコ監督に就任したというのがこの流れということになります。

 

日本での監督就任ということに関しては1995年、Jリーグで天皇初優勝を果たしたといことを記憶にあるかたも多いかと思われます。

 

スポンサードリンク

 

ベンゲルの契約金はいくら?

ワールドカップ2014年。

 

監督などの年収は次のような調査結果となりました、ランキング形式で紹介していきます。

 

1位 ファビオ・カペッロ(イタリア人) 11億5132万
2位 ロイ・ホジソン(英国人) 6億2000万円
3位 チェーザレ・プランデッリ(イタリア人) 4億4548万円
4位 ルイス・フェリペ・スコラーリ(ブラジル人) 4億721万円
5位 オットマ―・ヒッツフェルト(ドイツ人) 3億8378万円
6位 ヨアキム・レーブ(ドイツ人) 3億6916万円
7位 ビセンテ・デル・ボスケ(スペイン人) 3億4701万円
8位 ルイ・ファン・ハール(オランダ人) 2億8058万円
9位 アルベルト・ザッケローニ(イタリア人) 2億7950万円
10位 ユルゲン・クリンスマン(ドイツ人) 2億6875万円

チームを勝利に導く監督業、これは容易な職業とはいえません。

 

さまざまなルートを通りこの地位に上り詰めているということは間違いありません。

 

やはり多くの方々が考えられる事柄としてプロからの転身。

 

スポーツ専門学校での勉学、さらには大学での専攻。

 

はやりチームの成長という面においては人を育てることが重要な要素と言われます。

 

ですから、どう人を導くのか。

 

このような視点に立てる者がこのような職業に就くことができるでしょう。

 

ですからサッカーに詳しいだけではこのような事柄において適職ということにはならないでしょう。

 

スキルをいかして場数をこなすことが重要であるとも言えます。

 

やはり多くの事柄が重なり合って成り立つ職業ということになります。

 

※関連記事はこちら

リッキーは逮捕歴あり!草刈正雄の初孫だが交際に反対!紅蘭は未婚で妊娠中

まとめ

1996年にアーセナルの監督就任を果たしているベンゲル。

 

シーズン無敗優勝という偉業も達成したというのです。

 

今後の活躍に期待されます。

 

 

スポンサードリンク

 

 

関連記事は下にスクロール

コメント