台風12号が本州に!被害予測が衝撃!関東直撃は確実!?進路予想図がヤバイ!

未分類




台風12号(ジョンダリ)が本州直撃することがほぼ確実ということがささやかれています。

 

被害予測や、進路予想図に関しても見ていきたいと思います。

日本の南、沖ノ鳥島の近海で発達中の熱帯低気圧があったようです。

 

この熱帯低気圧が7月25日(水)3時に台風12号(ジョンダリ)になったということでその進路図などについても様々な予測が注目されています。

 

被害予測などについてもまとめてみました。

スポンサードリンク

台風12号の被害予測

台風12号の今後の気象情報に関しては注意を払う必要があるようです。

 

というのも現在の記録的な暑さがこの台風12号に影響を及ぼす可能性ということが非常に問題であるということになるようです。

 

というのもこの記録的猛暑の影響で海面の水面温度というのが28度前後に上昇しているということがあります。

 

手を付けると少し暖かくも感じられるような水温ではないでしょうか。

 

さらに台風12号の勢力に関する予測においても勢力を保ったまま北上していくという可能性があるということです。

 

ですから様々な被害に注意が必要ということになるでしょう。

 

台風に関しては海沿いで生活されている方にとってはかなり被害を受けることがあります。

 

やはり漁業に関してもダメージを受ける方が多くいらっしゃると思いますので海の近くで生活をされている方に関しては注意するべきでしょう。

 

やはり雨だけではなく風に関しても今後の台風12号の規模によって注意が促されています。

スポンサードリンク

台風12号が関東直撃

台風12号の進路というのはその形状から現在、正確な予測が難しい状況にあるようです。

 

29日に東日本に接近する可能性があるということが推測されていることから関東地区にお住いの方々は注意が必要になります。

 

小笠原諸島近海にも27日の時点で接近してくるということがささやかれています。

台風12号が発生 本州へ接近・上陸のおそれ
今後の予想が正確でないことから気象情報には目を向けていく事が必要となります。
やはりタイミングなどに関しても微妙に予測は難しくなるようですね。
この幅に関しても最新の情報をチェックしていく事が重要でしょう。

 台風での死者の多くは強風によるものです。

 

どういうことかというと台風の接近中に屋根に上っていて飛ばされた。

 

または転落したり、飛んできた瓦が当たったりする。

 

このように屋外での作業中に被害に遭う方が続出したという例は多くみられるわけです。

 

もっと早く台風に対する備えを完了し、強風時には屋外へ出ないでいれば被害に遭わなかったのにというような被害が多くあることから、このようなことに関しては心においておかなくてはなりません。

 

海岸沿いに至っては高波注意報などがでたときに野次馬があらわれます。

 

これは高波見たさに人が現れるわけです。

 

このようなことは危険な行為であり、場合によっては災害に巻き込まれる可能性だってあるわけです。

 

このようなことがないように、危険な場所には近づかないということが必要となるでしょう。

スポンサードリンク

台風12号の進路予想図がヤバイ!

台風12号の現在の動きに関する情報は北西へ15番kmで進んでいるということです、とてもゆっくりとした動きであるといえます。

 

中心気圧は998hpaということでそこまで強い状態ではないということが言えます。

 

ですが今後はわかりません。

 

このまま南海上を北上するということには変わりないようです。

 

7月28日に行われる隅田川花火大会に関しても中止の可能性もあるということです。

 

26日からは発達するということもささやかれています。

 

中心気圧が940hPaにもなってくると非常強さが増してくるという風にもいわれてますので、気象予報の気圧などもチェックする必要があるでしょう。

 

やはり海上というのは周辺海域までしけになることが注意しなければならないポイントと言われています。

スポンサードリンク

まとめ

今回の台風において、どうやらこの台風の接近より前に上空の寒気が本州付近に近づいてくる予想となっているということです。

 

この寒気がこの台風において大きく関係してくるということが言われています。

 

ですから今後の予想は大きく覆される可能性をひめています。

 

ですから、台風が近づくタイミングや進路は予想にまだ大きく変更があるかもしれないという段階です。

 

また上空の寒気と湿気に関しても問題があるのです。

 

台風周辺の湿った空気が流れ込むことで雨が強まるということもあるというのです。

 

これが台風の前から雨が強く降る可能性があると言われている要因でもある。

 

このことから週末にかけて大荒れの天気になるおそれがあるということで注意が呼びかけられています。

 

つい先日まで豪雨の被害が報告されていたばかりの台風ということになるので、早めの対策が非常になるでしょう。

 

7月に発生した台風というのは5個目であるということが報告されています。

 

これはいつもの年に比べて多く発生しているということになります。

 

異常な猛暑に加え、地震、多くの台風の発生、豪雨な自然の脅威などが多くなってきているように感じられますが今回の台風でも対策が重要であることはまちがいありません。

 

台風の発生の個数に関しては2017年においても8個という個数で発生しているわけですので、12号以外にも発生が疑問視されていることは確かです。

 

また、川の近くに住んでおられる方々においては川の氾濫などにも注意が必要になるでしょう。

 

川が氾濫したことでおこつ家屋の浸水などは台風が起こるたびに報告されているような感覚があります。

 

さらに耕地においても川の水が影響して冠水などが多く発生することもしばしばです。

 

さらにこないだの広島豪雨でも知らされていましたが、がけ崩れや土石流に関しても非常に危険であるということは間違いありません。

 

関東地方中心に、その付近の方々においては今後の台風情報に細かく耳を傾けることが必要になるでしょう。

スポンサードリンク

関連記事は下にスクロール

コメント