織岡淳史の家族嫁(妻)が判明!?顔画像と子供(息子・娘)は?(わいせつ行為)

未分類




わいせつ行為をおこなったという織岡淳史顔画像は公開されているようです。

 

織岡淳史が余罪を追及されているということ。

 

このような事件を起こした織岡淳史は結婚して家族や嫁(妻)はいるのだろうか。

 

さらに家族である息子や娘などはいるのだろうか。

 

いずれにせよこのような犯罪者をほおっておくことは様々なことにおいて非常に危険であるということが考えられるでしょう。

 

スポンサードリンク

織岡淳史の顔画像

強制わいせつで逮捕された織岡淳史、なぜ43歳という年齢にもなってこのような事件を引き起こしたのか。

 

43歳という年齢から考えられるのはやはり働き盛りではないでしょうか。

 

40代といえば仕事面においてかなりキャリアを積んでこられる方が多くいらっしゃいます。

 

さらに職場についても熟知していく年齢でもあるということですから、職場内での信用というのもかなり上がってくる年齢であるとうことは間違いありません。

 

このように女性に対して恐怖心をあたえるというような行為は決して許されることではないでしょう。

 

織岡淳史は会社員ということがささやかれています。

 

会社といえばピラミッド社会ですからこのような方々に関しては下っ端ではないのではないでしょうか。

 

やはり20代から培ってきたものがあると考えられますから、会社においても帰る場所などというものはないということになります。

 

やはりこれも信用の部分であると思いますが社会人としての認識があまりにもなさすぎるのではないでしょうか。

 

まず成人式を終えた成人、大人であるという認識のあまさではないかと考えられます。

 

やは日本の制度自体もなかなか親離れできない親というのも多いのが現実です。

 

いくつになっても自宅に寄り添って、一人で生きていく経験を積んでいないと、心がいつまでも子供なかたおおいのです。

スポンサードリンク

織岡淳史の家族

家族については現在その情報源に関しては一切公開がありません、今後の情報を追っていく事とします。

 

この織岡淳史は2017年12月においてこのような犯行におよんだということがささやかれているのです。

 

これは深夜ということがいわれています。

 

このようなじかんであることから、もしかすると飲酒をしていたのかもしれません。

 

酒に酔っている状態では若干ながら脳はマヒしている状態ではあります、このような自制が聞かない人間に対してアルコールなどを与えるのは非常に危険であると考えられます。

 

ですが、この時の事件の経緯によると駅から600mも女性の後を追っていたというのです。

 

600mという長い距離を追跡することができるということは酒を飲んでいたとしても少量であるとかんがえられますから、完全に意識がある中での犯行です。

 

このような時間に背後からオヤジがいきなり抱き着いてくるなどというのは被害者が男性であったとしても恐ろしいのではないでしょうか。

 

というよりもめちゃめちゃ気持ち悪い。

 

さらにスカートの中に手をいれるなどというありえない行為をおこなっているということです。

 

もしもこのような男に家族がいるとすれば家族はかわいそうであるということになります。

 

もし嫁の立場であればほぼ100%離婚ということもあるでしょう。

スポンサードリンク

織岡淳史のわいせつ行為

織岡淳史は事件に関して、なんと容疑を否認しているという。

 

このような状況においても容疑を否認するなどといった根性がありえないのです。

 

この期に及んで逃げようなどということを考えているのでしょう。

 

自分のしたことに関して罪の意識があってもさらに逃げようとする、これが現代における日本の大人かと思うとかなり厳しいものを感じてしまいます。

 

自分の事しか考えていないというのはいい意味でもとらえることができます。

 

これが仕事であったり、スポーツなどという点ではいい意味で自分の事しか考えていないトップは多くいます。

 

ですが、間接的に周りにもいい影響を与えることもあるのです。

 

ですがこのような犯罪者に関しては自分の欲求を満たすために他人に迷惑しかかけないという部分が非常に問題です。

 

ほとんど精神状態は子供であるに違いありません。

 

社会に関しても子供であるがゆえに自分が事件をおこしても許してもらえるなどという思考があるのでしょう。

 

こういった心理にある人間というのは一度しっかりと自分と向き合い、人生単位で大人であることを自覚しなおすことが必要になってくるのではないでしょうか。

スポンサードリンク

まとめ

お酒を飲んだ勢いなどということで女子高生にキスをした。

 

このようなことにより「強制わいせつ罪」として書類送検された有名人が話題になったこともよくあるのではないでしょうか。

 

このような事をしているのが40代の男性なのです。

 

今回の織岡淳史容疑者に関しても43歳という年齢でこのような「わいせつ行為

などということでテレビにまでとりあげられているのです。

 

一般の方々からするとなぜこのような行為に至ってしまうのかということがわからない。

 

これが通常の心理なのです。

 

相手が嫌がることはしない。

 

このようなことは幼いころから学んできたことでしょう。

 

なのに43歳にもなって悪いとはわかっているはずなのに犯罪に手を染めてしまう。

 

強制わいせつということですから、被害者の心中というのはどのようなものでしょうか。

 

やはり恐怖心から外を出歩くということに関しておっくうになったりもしてしまうことはまちがいありません。

 

このような犯罪の恐ろしさは被害者の心の中に記憶として恐怖心などが残ってしまうということがあげられます。

 

この罪はある一定期間つぐなったからといって被害者の心の傷が癒えることはないということになります。

 

織岡淳史は償っても償うことができないような行為をおこなっていながら、容疑を否認しているということです。

 

ですから、絶対的にこのような男を許すことはありえないでしょう。

スポンサードリンク

関連記事は下にスクロール

コメント