多摩の火災で死者が!出火原因は?心肺停止や重体、重症患者が!(動画・画像)

未分類




東京都多摩市唐木田1丁目で起きた火災により2名が死亡、二人が心肺停止に陥っている。

 

出火原因に関してはオフィスからの出火ということである。

 

けが人は40人にも及ぶ、重体の方や重傷をおった方々がいるという。

 

26日午後1時50分くらいに起こった火災であるということがつたえられています。

 

警視庁と東京消防庁が詳しく確認をすすめているという状態であるという。

 

オフィスから出火したということだがこのビルは3階建てということです。

 

さらに地下が3回に及ぶ構造になっているということです。

 

このたてもののほぼ10分の1が燃え広がったといいます、このことからその火力は通常では考えられないような燃え広がりであったということが考えられます。

 

2人が死亡し、2人が心肺停止、22人が重症ということです。

 

この現場では300人という多くの方々がこの作業に当たっていたということでこのすべての人々が火災のきけんにさらされていたということになります。

スポンサードリンク

多摩の火災、出火原因は?

東京都多摩市唐木田で大量の黒煙を上げる大規模火災が起きました。

 

このとき中に逃げ遅れている方が複数人いたのです。

 

午後1時50分ころに起きたこの火災。

 

多摩市唐木田1丁目付近のビル建設現場起きたのです。

 

大量の黒煙を上げる火事が発生したということがニュースでもおおくとりあげられているじょうたいでした。

スポンサードリンク

 

SNSなどでも広く拡散されていたということがその後の情報としてはいってきているのです。

 

現場からは大量の黒煙が立ち上がっていたのが写真をみるだけでもすぐわかります。

 

爆発音も聞こえていたということで非常に危険な状態であったことは間違いありません。

 

出火原因に関しては明らかになっていないようで現在その究明が急がれている模様。

 

Twitter / ?

こちらがSNS上でもみかけられた映像になります。

 

非常に危険な状態であったため近づくことすらできない状態でもくもくと煙が立っています。

スポンサードリンク

多摩の火災に関する画像などは

この火災において注目すべきは立ち上がる黒い煙、これが非常にきけんであるということなのです。

 

通常考えられるのは火災ということで火による負傷者が多いのではないかということなのです。

 

ですが、火災において本当に一番恐ろしいと言われるのが煙の存在。

 

火災において多くの犠牲者がでます。

 

このほとんどの犠牲者というのは煙であるということが広く知られているのです。

 

これは煙が建物内にいきわたる際のスピードに起因するということがささやかれています。

 

火よりも煙の方が広がるスピードが非常に速いことから、日から逃げることはもちろんですが煙から逃げる必要が出てくるということになります。

 

まず煙というのは写真にもあるようにまず上昇を始めるというのが多くのパターンになるのです。

 

さらに建物内に限っては天井があるため煙は横方向に広がりをみせます。

 

煙というのは縦に進むスピードが非常に早く毎秒3から5mも上昇するともいわれていることから、今回の火災でビル自体が煙に包まれるのにそう時間はかからなかったはずです。

 

このことからこの火災においても逃げ遅れるようなことが多く起きたのではないかともかんがえられるわけです。

スポンサードリンク

多摩の火災による死者、負傷者

火災での死者の多くは煙を多く吸ってしまうことなどにより死に至るケースがあります。

 

火災の煙では不完全燃焼というのも多くみられることから、これによる無色無臭の有毒ガスが発生するのです。

 

これがよく言われる一酸化炭素ということになります。

 

ですから、高温の煙を吸い込むことによる、気道や肺の熱傷。

 

さらに、有毒なガスである一酸化炭素が血液中のヘモグロビンと結合することにより、体内に酸素が運ばれなくなります。

 

このことで体は呼吸困難におちいります。

 

これらは一瞬のうちにおこることといわれています。

 

このことから、体の自由が利かなくなりあっというまに死に至ることがあるのです。

スポンサードリンク

まとめ

多摩の火災ではビルの中で起こっているということが非常に危険な状態であったということも考えられるでしょう。

 

その映像からは黒い煙が立ち上がる様子が多く伝えられています。

 

ビル内で拡散した煙というのは火元から遠ざかるにつれて重くなります。

 

これは煙の温度がさがるからです。

 

ですからビル内では黒い煙が視界をさえぎっていて避難経路を確認することが難しい状態にあったに違いありません。

 

どうやら火災初期において白かったとしてもその煙は黄色に変わり、最後には黒にへんかしていくということもあるといいます。

 

今回のビル火災では真っ黒の煙が立ち上がっていたことからほとんど視界はさえぎられていたことでしょう。

 

このように視界がさえぎられた状態では方向感覚が失われその恐怖にも襲われることになります。

 

精神状態も不安定になることからパニック状態で逃げ道を模索することにもなりかねないのです。

 

住み慣れた家でもその非難が困難になることさえあると言われていますから、ましてや作業現場などでは非常に苦しい状態であったと考えられます。

 

火災現場は小田急多摩線唐木田駅から約1キロ離れた住宅街にある建設中のビルであったということです。

 

付近には商業施設も並んでいたということでこのような施設に被害がなかったということがせめてもの救いとも言えるでしょう。

 

現場から逃げてきた男性のコメントには次のようなコメントもあったといいます。

 

「工事現場のクレーンに上ったまま逃げられない作業員もいた。付近はプラスチックを燃やしたような臭いがした」

 

300人もの方々が作業する現場において起こったこの火災。

 

原因などの早期究明などがもとめられます。

 

今後このような事故が起こらないことをいのるばかりです。

スポンサードリンク

関連記事は下にスクロール

コメント