大阿久徳次が被害に!犯人の名前は!?顔画像と犯行動機や経緯がヤバイ!

未分類




大阿久徳次強盗殺人事件に巻き込まれたようです。

 

大阿久徳次を殺めた犯人名前顔画像を追いました、さらに犯行動機経緯は非常に恐ろしい内容です。

 

栃木市でご自宅に住んでおられる大阿久徳次さんが殺害された事件。

 

どうやら殴られた形跡があるようです。

 

このことから警察らは殺人事件として、捜査をおこなっているということです。

 

どうやら倒れていたのはベッドの横当たりで倒れていたということがいわれています。

 

これを発見したのが長男である大阿久正一さんである。

 

「夜中に父の部屋が騒がしいので見に行ったら、知らない2人組の男がいて殴られた」

ということをいっておられることから事件に巻き込まれたということになるでしょう。

 

目撃者によるコメントんもまず長男の正一さんのケガがひどいことに目がいくほどだったといいます。

 

部屋は荒らされ、現金30万が盗まれたという事件内容ですから犯人はよほど恐ろしいにんげんであるといえるでしょう。

 

首にかけて殴られたような痕があったという。

 

スポンサードリンク

大阿久徳次を殺めた犯人の名前や顔画像は?

この強盗殺人事件が起きたのは2018年7月26日午後2時55分ごろです。

 

被害者である無職大阿久徳次の住所は栃木県栃木市柏倉町953であることがあきらかになっています。

 

大阿久徳次さんが倒れている現場を発見したのは同居している長男である正一さん。

 

正一さんも59歳という年齢でありながら犯人に殴られたようです。

 

正一さんのコメントによると

午前2時ごろ、父の部屋が騒がしいので見に行くと、いきなり2人の男に殴られた。その後に寝てしまい、起きてから通報した

犯人は二人組であったということです。

 

ご自宅の近くは畑があったり、さほど住宅も密集していないようです。

スポンサードリンク

大阿久徳次を殺めた犯行動機とは!?

殺人事件におていはやはりその犯行動機は面識のあるものにむけられることが多い。

 

このことから裏を返せば面識のある相手を殺すなどということは非常に少ないということ。

 

ですからこの時に懸念されるのが家族などもやはりその犯行動機となりうることがあるということでしょう。

 

やはり距離が近いほど人間関係のストレスというのは増してくるということですからこれは非常に危険な状態であるといえます。

 

さらにご近所さんのトラブルなどによるストレス。

 

職場の人間的なストレス、やはりこのようなものがその犯行動機となりうることがおおということになるでしょう。

 

ですから面識のない人間に対して殺人事件の動機を有するということに関しては比較的少ないというのが現状とも言えるでしょう。

 

殺人事件の犯行動機として多いのはやはり憤まん

 

これは感情が抑えきれないということが原因でその行為に至るケースということです。

 

さらに報復、怨恨これはよく家族観でもおこるないようではないでしょうか。

 

よく報道内容で示されるのが異性間トラブルということもよくあります。

 

最近になって多いのが教育に対する疲れや、虐待による幼児などが被害者になりうる事件なども多くかんじられます。

 

このような内容から今回の事件に関してもこのような動機にあてはまるということがすいそくできます。

 

おそらく犯人逮捕に関しては時間の問題ということがいえます。

スポンサードリンク

大阿久徳次を殺めた経緯がヤバイ!

この事件には凶悪性が満ちているということになるでしょう。

 

まず事件の起こった時間帯は午前2時であったということで真夜中です。

 

このような時間帯に男二人で侵入するというのは計画性がある犯行といえるでしょう。

 

さらに大阿久徳次さんを暴行した上に金銭もうばっているということなのです。

 

その金額は30万円とうことですから生活費以上のものがあるのではないでしょうか。

 

息子である正一さんは父の部屋が騒がしいということで異変を感じていたようです。

 

このことから部屋を除きに行ったところいきなり2人組の男に殴られたということを言っておられます。

 

しかもそのあと寝てしまったということを発言されています。

 

これは意識を失うような形で寝てしまったいうことになるでしょう。

 

意識を失うほどに暴行を加えるというのはなかなか通常の人間が行える犯行ではないということが考えられます。

 

このため息子である正一さんは起きてから通報にいたったということになります。

スポンサードリンク

 

まとめ

栃木県栃木市柏倉町の住宅で起こった事件。

 

7月26日、この家に住んでいる無職の大阿久徳次さん82さいがが死亡しているのが見つかったという事が報じられた。

 

この事件において、110番通報したのが同居していて長男である正一さん。

「夜中2時ごろ、父の部屋から物音がしたので見に行ったら、知らない男に殴られた」

と話していることが分かったのです。

 

遺体に外傷があっということ。

 

さらに部屋が荒らされていること。

 

このことから栃木県警は強盗殺人容疑で捜査しているのです。

 

正一さんは長男は病院で手当てを受けたということだ。

 

このことによって命に別条はないということです。

 

長男は意識を回復して通報したということです。

 

「現金30万円と預金通帳3通がなくなっている」

とも話していたということが明らかになっていますね。

 

大阿久さんは首や顔面に殴られた痕があるということでかなり凶悪な犯人だったと考えられる。

 

切り傷は確認されていないということで刃物は持ち合わせていなかったのか。

 

大阿久さんと長男は2人暮らしをしていたのです。

 

現場は東北自動車道栃木インターチェンジから西に4キロ離れた山間部にある一軒家。

 

山や畑に囲まれ、周辺に民家がいくつか点在しているのでもしかすると物音に気付いた住人はいたのかもしれません。

 

一刻も早い犯人逮捕が望まれます。

スポンサードリンク

関連記事は下にスクロール!

コメント