愛媛県うなぎ食べ重症の男児の名前と画像や両親(父-母親)!保育園や幼稚園

未分類




愛媛県今治市の産直市で販売されたうなぎを食べた約40人が集団で食中毒の症状を訴えているようです。

 

この中でも3歳男児が重症ということで、画像や両親(父・母親)に関してもこのコメントなどがないのか見ていきます。

 

また3歳男児ということで保育園、もしくは幼稚園に通っていたのではないかということでいていきたいと思います。

 

今治市の産直市の鮮魚コーナー「魚媛」では営業を自粛している状況ということですが、これについてもお店をあけていたとしても客足は少なかったことかもしれません。

 

スポンサードリンク

愛媛県うなぎ食べ重症の男児の名前や画像

うなぎの蒲焼などがこの原因であるということがその報道内容から明らかになっているようです。

 

なんと15人が病院に搬送されているということです。

 

今治市には県立病院があるということから、愛媛県立今治病院にも患者さんが送られている可能性があります。

 

40人もの方々が発熱や嘔吐といった症状に苦しんだということです。

 

さらに問題視されているのが今治市に住む3歳の男の子が命に別状はないにせよ重症ということになっているということがささやかれているのです。

 

梅雨時期などにおいては高温多湿な状況になるため菌が繁殖しやすくO-157やサルモネラ菌。

 

カンピロバクター、黄色ブドウ球菌などの細菌性による食中毒が多く発生するということで、多くの食品を扱う機関では注意がなされる機関でもあるといえます。

スポンサードリンク

愛媛県うなぎ食べ重症の男児の両親(父・母親)

検査の結果から患者の体内からサルモネラ菌が検出されたということです。

 

魚媛では土用の丑の日に合わせて19日から23日にかけて約1300食のうなぎの蒲焼などを販売しているということなのです。

 

県は商品を購入した客に対して呼びかけをおこなっているということです。

 

さらに最寄りの保健所に連絡してほしいということでれんらくがなされているよう。

 

魚媛は25日夕方から営業を自粛している状況です。

 

サルモネラ菌の主な感染食品というのは鶏卵、またはその加工品、食肉(牛レバー刺し、鶏肉)うなぎ、すっぽん、乾燥イカ菓子などがあげられます。

 

やはりうなぎというのはこの部分に含まれるということになります。

 

潜伏期間においては短くて6時間長くて72時間がその潜伏期間(菌腫よって異なる)となることから、感染源が自身で特定するに至らない方もあるでしょう。

 

感染経路というのはある程度決まっているようで、だいたいが動物の腸管、自然界に広く分布するということです。

生肉に汚染することが多いということですが、特に鶏肉と卵を汚染することが多いといわれていることから注意が必要です。

 

もう一つ問題点として、サルモネラ菌は乾燥に強いということが挙げられます。

 

このことからいくつかの予防方法が提唱されているので記載しておきます。

 

まず肉・卵は十分に加熱(75℃以上、1分以上)することというのがポイントになります。

 

これは熱による殺菌をおこなうということにつながります。

 

さらに卵の生食は新鮮なものに限るということ、やはり古いものは特に危険です。

 

これは当たり前ですが卵や生肉は10℃以下(できるだけ4℃以下)の低温管理をおこたらない(冷蔵庫の中であれば問題ないでしょう)

 

生肉調理後の器具、手指は十分に洗浄。

 

消毒し、二次汚染防止、これらはやはり子供においては両親の対策の部分になると思われます。

 

スポンサードリンク

愛媛県うなぎ食べ重症の男児保育園や幼稚園は?

今治市には数多くの保育園があります。

 

立花保育所は今治市立花町にある保育園。

 

鳥生保育所、常盤保育所、城東保育所などおおくの保育園があります。

 

やはり保育園というと小さな子供たちが多いことから非常に感染などということがおこりやすいという特徴があります。

 

これはやはり子供というのは仲よく遊ぶという状況において児童同士の距離というのが非常に近くなっていることが多いです。

 

さらに大人に比べもともと菌というものに弱い性質があることからちょっとしたことでも風邪をひきやすいということもあげられるでしょう。

 

これがまた児童に感染するといった形で感染も広がりやすい傾向にあるといえます。

 

立川市の小学校で発生した集団食中毒がありましたが、これの原因に関してはなんと

給食の「焼きのり(キザミのり)」であったということがささやかれています。

 

今回のウナギもそうですが、どこに食中毒が潜んでいるのかというのはわかりづらいです。

 

ですが、保育園や幼稚園といった公共施設では今後も改善に努めて頂きたいと思います。

スポンサードリンク

まとめ

土用の丑(うし)の日に合わせてうなぎを販売するというのは文化としてもこれまで行われてきたことであるのは間違いありません。

 

ですが今回の事件ではなんと40人もの被害者が出てしまっている状況です。

 

3歳の男児に至っては重症ということで、命の危険がなかったということが何よりあんしんでした。

 

今治市の産直市の鮮魚コーナーである「魚媛」でおこったのはサルモネラ菌の感染による食中毒ということで、衛生管理などはされていたと思われますがその販売店であったということで営業は自粛されている状態です。

 

やはり患者の症状というのは発熱や嘔吐といった非常につらい状態であったということは間違いありません。

 

さらに入院者というのは15人に上り、サルモネラ菌の恐ろしさがわかります。

 

おとなでも入院などという状態になるような菌がわずか3歳というまだまだ小さい男児が感染してしまったということで重症という状態に陥ったということは言うまでもありません。

 

愛媛県では商品購入者に最寄りの保健所に連絡するように呼び掛けているということです。

 

今回の事件を受けて、うなぎはもちろんのことこの猛暑が続いていますから、食品の安全というのが今後みなおされることになるかもしれません。

スポンサードリンク

 関連記事は下にスクロール

コメント