石川裕士容疑者の顔画像公開!家族はいるのか!?動機や経緯が極悪!

未分類




石川裕士容疑者の顔画像などを追及します、FacebookツイッターのようなSNSなどを経由して情報をみていきます。

 

また強制わいせつ罪に問われているわけですが家族はいるのか、また犯行の動機や経緯について。

 

今回の事件は10代の女性であったということです。

 

「声を出したら殺すぞ」

このようにほのめかしたといいます。

 

東京都江東区に住んでいるとみられる石川裕士容疑者は10代の女性の下半身などを触ったというのです。

 

これが5月のことだったといいます。

 

この犯行現場というのは自宅近くのマンションだったということです。

 

さらに石川裕士容疑者は

「おとなしくしていたらすぐ帰れる」

などと脅したのです。

 

石川裕士容疑者は現段階において「弁護士が来るまで何も話しません」

コメントをひかえているということです。

 

この期に及んで弁護してもらって刑を軽くしようなどと考えていると思うだけで第三者としても非常に憤りをかんじてしまいます。

 

スポンサードリンク

石川裕士容疑者の顔画像は?

強制わいせつ罪にかんしては被害者の年齢によってもその判断が異なります。

 

被害者が13歳以上であれば暴力や脅迫などをりようすることによりわいせつな行為をおこなうことと定義が成り立ちます。

 

被害者が13歳未満であれば暴行や脅迫を用いることがなかったとしてもわいせつな行為があったとすれば成立する罪ということになるのです。

 

刑法によるとこのような強制わいせつ罪に問われるということになると10年以下の懲役に処するということになります。

 

石井裕士に関してはその年齢が35歳というねんれいであることからもし10年だとすれば45歳までという長い期間懲役ということになります。

 

このような年齢でありながらこのくらいのことがわからなかったのでしょうか。

 

通常では考えられないような非道徳な犯罪なわけです

 

もし釈放されたとしても世間の目というのは突き刺さることでしょう。

 

このようなことから前科といっても性犯罪をおかすような人間は一生この罪を逃れることはないでしょう。

スポンサードリンク

石川裕士容疑者の家族は?

現在家族などがいるのかということに関してその情報は入ってきていません。

 

ですがもしも結婚し、妻や子供がいたとすればこのような事件を夫がひきおこすことにより人生は一変します。

 

逮捕されたその日から妻も同じように犯罪者として扱われるような目線を送られるのです。

 

これは妻や両親、さらには子供もその対象となりうるでしょう。

 

これが日本の社会なのです。

 

ですが通常的に考えるのであればこの考えはおかしいのです。

 

結婚しているだけであってこれは紙切れ一枚の契約書によって結ばれているだけの二人であることから妻は本来他人であり関係性のない存在であるはずです。

 

ひどい場合は裁判の場でも、妻のせいで夫は性犯罪を犯した。

 

などと直接的にも間接的にも責められるということになるのが現実です。

 

石川裕士容疑者に家族がいないことを願います。

スポンサードリンク

石川裕士の動機や経緯が極悪!

石川裕士は少女がエレベーターに乗ったところを狙って犯行に及んだ。

 

計画半ということになる、おそらく日頃から偵察を行っていたからこそタイミングを見計らっていたのだろう。

 

そして少女がエレベーターに乗ったことを確認すると後をつけたということです。

 

そして人目の付きづらい非常階段に女性を連れ込み犯行に及んだ。

 

このとき、人目につきづらいところに女性を誘導していることから、マンション内の構造にかんしても確認していたことは確かです。

 

おそらく防犯対策などがどれほどのものなのかも調べていたといえるでしょう。

 

でなければこのような建物内で計画的に犯行を行う事はできないと考えられます。

 

犯行動機に関してはやはり自身の欲求のままに行動しているということがこういった犯罪者の特色であるといえるでしょう。

 

自分の欲求を満たすためだけに行動し、被害者に対する感情というのはないわけです。

 

このような動物的思考状態の人間はこのような犯罪以外にもなにをしでかすかわかりません。

 

このような犯罪者に関しては重く刑罰をあたえるということが必要となるのではないでしょう。

スポンサードリンク

まとめ

石川裕士容疑者の顔画像に関しては現在あまりオープンな画像というのは公開がなされていないようです。

 

ですがすぐに明らかになりしだい公開していく事とします。

 

家族がいる場合にひじょうに辛い思いをするのは家族です、本人は自分事ですからね。

 

おそらく独身ではないかと思いますが、いた場合には家庭というのは非常に大変なことにさらされます。

 

動機や経緯に関してはまったく身勝手な行為と言わざるを得ない状況です。

 

さらには弁護士が来るまではしゃべらないなどといったことをほのめかしているということでどうにか逃れようなどと考えているということが考えられます。

 

絶対的に逃れる事はゆるされません。

 

今回の事件の被害者は10代の女性であることから今後も一人で出歩くということにすら恐怖を感じるようになってしまっているかもしれません。

 

10代というともしかすれば中学生、高校生、大学生である可能性もあるのです。

 

もしもこのようなねんれいですから、学業などに影響が出るということも十分考えられます。

 

恐怖や怒りから精神状態が不安定になり、学業やスポーツなどにも影響があったということになればこの罪の重さというのは重罪ととらえるべきでしょう。

 

石川裕氏容疑者というのは年齢的にも35歳ということでもし会社員などという立場であれば後輩などを抱える立場とかんがえられます。

 

このような立場であってこのような犯罪をおかしたとするならばこのような周りの方々の信用も裏切るということになるはずです。

 

あやまちを認め更生し、今後このようなことがないことを願うばかりです。

スポンサードリンク

関連記事は下にスクロール

コメント