河野剛進(バカン)年収がヤバイ!結婚した嫁(妻)とは!?トイレの空き注目!

社長




がっちりマンデーに株式会社バカンの河野剛進(かわの たかのぶ)さんが取り上げられます。

 

年収収入は高額でしょう、出身大学生年月日などのプロフィールも記載します。

 

プライベートでは結婚して家族である嫁(妻)子供(息子・娘)などはいるのでしょうか。

 

さらにトイレに着目したその画期的なビジネスの企画とは!?

 

今回はは株式会社バカン代表取締役である河野剛進にスポットを当てていきます。

 

スポンサードリンク

河野剛進(バカン)年収がヤバイ!

河野剛進さんの年収に関していくつかの角度からこの年収についてリサーチしていきます。

 

河野剛進さんが代表取締役を務める株式会社バカンは資本金が13,500,000です。

 

このことからおおよその役員報酬を予測すると。

 

幅は広くなりますがその年収は1200万から2400万であるということが推測できます。

 

これは月収にすると100万~200万ということがいえるでしょう。

 

資本金が1000万ということになるとこれ以上の収入に関しては税金の無駄にもなるということから抑えられるということもささやかれていますね。

 

このような規模になると専務の年収というのも1000万を超えてくるということが言えるでしょう。

 

やはりかなり高収入であるということが言えます。

 

その予測に換算すると常務ともなると月収で100万というのはあってもおかしくはないラインではありますね。

 

監査役に関しては300万ほどということから役員ごとに多少開きがある形になるのが会社組織ということですね。

 

やはり立場が上になるほど収入があがるというピラミッド方式はくずれることはありません。

 

上がが儲かる仕組みとはよくいったものですね。

 

年収2000万円クラスのライフスタイルというのは買い物を行う際にあまり値札を気にせずに買い物をすることができるということもささやかれているほどです。

 

サラリーマンの年代別平均年収と換算するとこのことについて非常にうなずけます。

 

サラリーマンの平均年収は20代で約350万円ほど、30代では450万ほど、40代でも550万ほど50代でも660万ほどなのです。

 

あいだをとって500万としても2000万円という年収は一般の4倍なのです。

 

一般のサラリーマンが100万円で買うことを悩む世界を400万円を買うことの次元でかんがえられるわけです。

スポンサードリンク

河野剛進(バカン)の結婚した嫁(妻)とは!?

生年月日:1983年生まれ

出身地:宮崎県

出身大学:東京工業大学大学院

前職:三菱総合研究所・グリーなど

株式会社バカン設立:2016年4月

 

英語であるVacantが由来の株式会社バカンは空席を意味するということです。

 

あらゆる空席状況を情報として集め、世の中で活用するということをその仕組みづくりとしていかしているということですね。

 

待ち時間をなくしたいという思いからはじまった株式会社バカン。

 

河野剛進の思いがかたちになった。

 

空席情報をリアルタイムで把握できるシステム。

 

部屋やドアに取り付けられたセンサーで人の動きをキャッチするという特色。

 

これを部屋の空き状況をスマホやパソコンから閲覧できるシステムとして利用できる。

 

トイレに導入されたのが始まりともいわれているのです。

 

これからというもの、オフィスの会議室など、その他では旅館やレストランなどでの実用化に向けて検証しているということはその活動内容としても広く知られているという。

 

これからの都市空間の状況にあっていかに快適に過ごすかという部分においてヒントが空席情報にはまだまだ隠されているということを代表取締役である河野剛進さんは信念として活動しているという。

 

また、プライベートの結婚などぼ情報は現在公開されていないということになるでしょう。

スポンサードリンク

河野剛進(バカン)はトイレの空き注目?

ランチ難⺠、カフェ難⺠。そんな悲しみ、この世からなくします。行ってみたけど、混雑していてダメだった。そんな悲しい体験をなくすのがバカンです。

 

とあるインタビューでこのように語っておられた河野剛進さん。

 

これは非常にありがたいはからいです。

 

確かに実際このような形でお店に迷うことは多くあるのが現代社会です。

 

いってみたらいっぱいだった、どうしよう。

 

こんな時空席確認ができていればこのようなことはおこらないのです。

 

それがスマホで簡単にできるとしたらどうでしょう。

 

1次会は予約してたけど2次会どうしよう!

 

こんなことって多くの方々が経験していると思われます。

 

このなかでもトイレ検索サービスのスローンというのは画期的です。

 

やはりビル内においてトイレの空き状況というのは刻一刻が争われることがあるわけです。

 

吉本新喜劇で有名な大物芸人Kさんもご自身のトイレの失敗談を笑い話でお話しされていることがありました。

 

ですが人間誰もが動物であることから生理現象というのはしょうがないのです。

 

このことから必ず緊急事態というのは誰もが体験するということが言えるのです。

 

株式会社バカンの提供するサービスというのは間違いなくこれからの世の中にとってかけがえのないサービスであるということは間違いありません。

スポンサードリンク

まとめ

株式会社バカン代表取締役の河野剛進さん、もともとの思いが素晴らしいですよね。

 

人々の悩みに対して解決に直結するビジネスに対するアイデアを実現する姿勢には非常に魅力を感じます。

 

もちろん実際に多くの方の役に立っていますし、その技術においては特許申請をしているものもあるのだとか。

 

やはりその企業規模から換算しても河野剛進さんの収入面、年収ベースというのは世間の平均から換算すると非常に高額であることは間違いありません。

 

河野剛進さんにいおいて、これからも株式会社バカンを通してより過ごしやすい世の中を具現化して頂きたいですね!

 

最後までお読みいただきありがとうございました!

スポンサードリンク

関連記事は下にスクロール

コメント