横山太偉雅の現在!経歴やプロフィール、ケガや食事量は!?(ジャンクSPORTS)

スポーツ




  • 名前:横山太偉雅(よこやまたいが)
  • 生年月日:1999年
  • 体重:139㎏
  • 出身地:三重県

横山太偉雅選手の経歴

 

中学校は鈴鹿市大木中学校

8中学校で重量挙げをはじめ1年で新記録を出したそうです

中学3年生の時の「全日本ジュニア大会」

その時の動画がこちら↓

ウエイトリフティング横山太偉雅選手日本中学新記録

圧巻のパワーですね。

そしてバーがしなっていますが普段馴染みの少ない競技なだけに

驚かされます。

まさに期待の星だったわけですね!

 

高校は三重県四日市市工業高等学校

・2016年8月インターハイ優勝

(スナッチ142㎏・ジャーク185㎏)

・2016年10月国体 優勝

(スナッチ140㎏・ジャーク185㎏)

・2018年3月埼玉県上尾市で開催された

「第38回全日本ジュニアウエイトリフティング選手権大会」

男子+105㎏級トータル 優勝

・九州国際大

(全日本学生ウエイトリフティング連盟1部の強豪)

 

スポンサードリンク

 

横山太偉雅選手のケガについて

高校二年の全国高校選抜に105㎏超級で出場。

国体、インターハイも併せて国内3冠を達成した

(このときスクワット270kgで日本新記録)

驚異の実力を持ちながら

去年の春に「右膝前十字靱帯断裂」というケガをおってしまったため

高3のシーズンを棒に振ってしまったそうです。

ここまでの選手がケガのせいでシーズンを棒に振るということが

どれだけ悔しいことなのか、想像を絶しますね。

このことをふまえて横山太偉雅選手のは以下のように話しているそうです。

最高の瞬間も最悪の瞬間も過ごした。

この3年間の経験を大学生活で生かしたい

非常に前向きですね!

やはりどの競技においてもトップ選手というのは前向きで

こちらとしても感銘を受けます。

 

横山太偉雅選手の食事量

パワーが資本のパワーリフティング

横山太偉雅選手の食事量はどの程度なのでしょうか?

東海テレビでの発言に驚かされました!

リポーターの方の

「焼肉なんか行くとどのくらい食べちゃうの?」

という質問に対して

「食べ放題にいかないと会計がすごいことになるんで」

もうどのくらいと聞かれてもわからないくらい

食べているということですね!

 

さらに

「お寿司はMAX49皿いった」

と答えています

 

恐ろしい枚数です!

ウエイトリフティングという

競技の一瞬に対して

体の全力を出し切るスポーツにおいて

やはり力の源となるのは食事だということですね。

食べる事の大切さに改めて気づかされます

 

 

スポンサードリンク

 

横山太偉雅選手のまとめ

中学校は三重県鈴鹿市にある公立の中学校である鈴鹿市大木中学校

この中学校は田舎で遊び場も少ないそうです

だからこそ自然とみんなが仲良くなり

いい人間関係が自然にはぐくまれることで

横山太偉雅選手の人間的なベースが確立されたのではないでしょうか。

 

中学校で重量挙げをはじめ1年で新記録を出した

3年生の時に全日本大会で新記録

やはり早くして頭角を現す選手というのは中学時代から

ひとつ飛びぬけている事が多いですね

学校の環境、人間関係、実力に非常に恵まれているなと感じます。

 

高校は三重県四日市市工業高等学校

インターハイ優勝

国体 優勝

選抜 優勝

この時は驚異の3冠を達成

本当に恐ろしい実力のある高校生ですね

だからこそケガに関しては本当に悔しかったのではないかなと思います

この三重県四日市工業高等学校は

長い歴史ある学校で地域からの信頼も厚いそうです

 

校則は厳しく、2016年の時点では携帯は使ってはいけなかったり

バイトを禁止という書き込みもあったりと

今どきの学校としては厳しいほうだと思います

 

だからこそ生徒たちが引き締まり

地域からの信頼も得られているということかもしれませんね。

運動部はとても頑張っているそうです

クラブ活動にはとても力を入れているらしく

どの部活も全国大会などで活躍しているところが多いそうです。

横山太偉雅選手もその中の一人ということですね。

スポーツとは関係ありませんが工業高校ということもあり

就職率はかなり高いそうです。

 

2018年3月埼玉県上尾市で開催された

「第38回全日本ジュニアウエイトリフティング選手権大会」

男子+105㎏級トータル 優勝

ということで

今はほとんどケガは完治しているということになるのではないでしょうか

これからはケガに注意して頑張ってほしいですね。

 

現在は九州国際大に進学しているとのことで

まさに全日本学生ウエイトリフティング連盟1部の強豪と

いわれている大学でますますその実力を思う存分発揮してほしいと思います

この大学2018年4月に行われた「第51回北九州ウエイトリフティング選手権大会」

という大会でもものすごい好成績

もちろん横山太偉雅選手も

+105㎏級で3位に入賞しています

やはりつわもの揃いです。

人間とはよく環境に左右される生き物とよくききますが

ものすごい実力と才能をもった太偉雅選手が

最高の環境を手に入れたということで

オリンピックに向けても目が離せません!

 

スポンサードリンク

 

コメント