川島素子の経歴、病院の評判について。結婚や子供も気になる!(主治医が見つかる診療所)

医師




主治医が見つかる診療所に出演されるされる眼科医の川島素子先生について気になることを調べてみました!

 

スポンサードリンク

川島素子先生の経歴

  • 名前:川島素子(かわしまもとこ)
  • 出身地:埼玉県久喜市
  • 小学校:久喜小学校
  • 中学校:久喜中学校

 

1992年「慶應義塾大学医学部」入学慶応義塾大学と言えば現在偏差値がなんと73.2偏差値は82校中なんと4位というすさまじい学力を誇る大学であり学部であります、

 

もはや生徒なだけですごいというレベルですね。

 

少し調べると医師国家試験合格率というものが出てきたのですがそのなかでもなんと合格率97%、80校中5位という超好成績です

 

慶應義塾大学医学部卒業後は慶應義塾大学病院の眼科に進んでいます

 

こちらの大学病院は全ての目の病気に対応しているそうです

 

「患者様の希望や生活に沿った医療」

 

というのを第一の目標としているということで患者さんを第一に考えるということを大切にしているということではないでしょうか。

 

その後東京都済生会向島病院の眼科に進んだそうです

 

こちらの病院の口コミを拝見しましたが評価がすべて3以上(5段階評価)だったのと口コミの内容としても丁寧・親身になってくれる・安心などいい感じの書き込みが多かったのも印象的でした

 

川島素子先生の人柄というのはこういう病院を経て出来上がったものなのだなと感じました。

 

その後東京歯科大学市川総合病院の眼科に進むこちらの病院の眼科は角膜移植、角膜再生、ドライアイ、アレルギーなどのキーワードで海外一流誌に次々に論文を発表したそうで国際的にも大きな注目を集めるようになったそうです

 

はじめはごくわずかな人数ではじまった眼科だそうですが現在は全くちがうものに進化したということですね

 

海外一流誌に論文を発表するということがどれほどすごいのか想像もつきませんが単純に、日本の眼科が世界で注目されるというのは素晴らしいことですよね!

 

そしてこのあと川島素子先生は慶應義塾大学医学部眼科学教室特任講師し就任されています

 

プロフィールの中で

着実なかつインパクトのある成果を出すことを目標に、個々のテーマにマッチする異分野コラボレーションを積極的に行い、独立自尊・好奇心を尊重しながら柔軟性をもって研究を行っています。

というコメントをされていました。

 

異分野コラボレーションを積極的に行うという姿勢独立自尊・好奇心を尊重して柔軟性のある研究をおこなっているということで眼科、医療というものを楽しんで研究されておられるのではないかと感じられますね、

 

やはりこういう仕事を楽しんでされている方が業界に革命を起こしていくんだろうなと思います。

 

久喜かわしま眼科の開業医としてもお仕事をされていますね

 

おそらく夫婦で眼科をされているのだと思います

 

(子供さんについても調べましたが子供さんが居るのか居ないのかというのはわかりませんでした)

 

久喜市で生まれ育った川島素子先生は地元での開業を

「地域で医療に貢献できることはこのうえない喜びとともに身が引き締まる思いです」

というふうにコメントしています。

 

開業の際も中学時代の友達やお兄さんの中学時代の友達に大変お世話になったそうで、地元が大好きで地元で開業できて本当に幸せなんだろうなと感じました。

 

久喜かわしまがんかはとてもすごい所があります

 

なんとこの眼科休みが祝日と日曜日の午後だけなのです!

 

平成30年1月31日に開院したそうなのでもしかすると今後診察時間や休診日の変更があるかもしれませんね、

 

ですがテレビ出演などもされるほどの名眼科医ですからかなり病院のほうも忙しい事が予想できます

 

体には気を付けてこれからも頑張って頂きたいです!

 

スポンサードリンク

川島素子先生の資格や所属している学会

日本眼科学会専門医

こちらはなんと5~6年間の研修経てさらに試験をクリアしないといけないというとてもすごい資格みたいです

 

日本角膜学会

日本角膜学会というのは角膜もしくは眼表面に関わる基礎や臨床研究の発表や討論の場だそうです

 

また眼表面の先端的研究の情報交換の総集会になっているそうです。

 

日本涙道涙液学会

こちらの学会は「涙道」と「涙液」に関する臨床と研究を行う会員の集まりだそうです。

 

日本眼形成再建外科学会

この学会はアジア太平洋眼形成外科学会の関連学会ということで世界中の眼形成外科医との密な交流が可能になるそうまた、日本眼科学会の関連学会でもあるそうで眼形成外科の教育や研究、また、手術を含む診療技術向上をおこなっているそうです!

 

ドライアイ研究会

ドライアイ研究会は1990年に発足しドライアイの研究促進ならびに治療の質の向上と普及を目的に活動をしているみたいです

 

視覚障害補装具判定医

視覚障害者用補装具適合判定を行う眼科医に研修を行い、判定技術の向上を図ることと医学的リハビリテーションを推進する事を目的としている研修だそうです。

 

このようにたくさんの研修や資格の取得、学会への参加などとても積極的に活動されている川島素子先生、

 

今後もテレビ出演なども増えるのではないかと思いますが頑張って頂きたいです!

 

スポンサードリンク

関連記事は下にスクロール!

コメント