鈴鹿久美子のwikiやプロフィールの経歴と評判など!(おしゃべりオジサン)

社長




おしゃべりオジサンとヤバイ女に「議員秘書ドットコム」の鈴鹿久美子さんが出演されます。

 

書籍なども出版されているようです。

 

 

wiki風プロフィールや経歴。

 

評判など、色々な部分で調べていきたいと思います。

 

スポンサードリンク

鈴鹿久美子のwiki風プロフィールや経歴などについて

 

名前:鈴鹿久美子(すずかくみこ)

出身大学:慶応大学

 

小学生の頃は内気な性格だったという鈴鹿さん。

 

生年月日などプライベートな情報というのはあまり露出されていないようですね。

 

年齢は現在58歳ほどというふうに言われています。

 

内気だけど走るのは得意だったそうです。

 

体育の授業は胸を張って挑んでいたそうですね。

 

運動神経はよかったのではないでしょうか?

 

教室のカーテンに隠れて泣いていた事が多かった言われている小学生時代とは打って変わって、中学生時代はバレーボール部に所属し、キャプテンを務めていたのだとか。

 

本家の初孫ということもあり非常に厳しく育てられたようです。

 

中学時代はご両親の方針というのが

「お見合い結婚をするために公立高校に入学する」

こういった親の様子から跡継ぎというものを非常に重視して育てられたお嬢様ということが言えるでしょう。

 

中学生の女の子はこういう育てられ方をどう感じたでしょう?

 

通常からすると少々変わった教育環境だったといえるかもしれませんね。

 

その後の進路も親に決められた通り。

 

銀行に入社したけど、わけあって内定取り消しなどがあったらしく親の言うことというのが絶対だったのでしょうか?

 

短大に入学することで弁護士という夢に出会ったということが最大の転機だった。

 

その後は親の大反対を押し切る形で上京したそうです。

 

非常に厳しい形で教育されていたと思いますし、相当な決意をもってご両親の反対を押し切り上京に至ったのだと思われます。

 

勉強のし過ぎで倒れたこともあったという鈴鹿さん。

 

なんと結婚歴があるそうで、子供さんは3人いらっしゃいます。

 

現在の子供さんの状況などはわかりませんが驚きです!

 

司法試験は3度目の挫折で諦めたとのこと。

 

そして議員秘書の道にたどり着いたのが38歳のときだったそうです。

 

38歳で新しい道に進むというのは非常に勇気のいることだったのではないかと思われますが、必死にお仕事に打ち込まれたそうです。

 

なんと子供たちのお弁当などの事を考えて、2時に寝て5時に起きるという生活を15年も続けておられたそうなんです。

 

その忙しい毎日の中でも勉強を続けなんと政策秘書に6人の国会議員の秘書を15年務めあげられたそうです。

 

そしてこの15年の勤務の中で一番困ったというところに目を付けてこれが独立のきっかけということになったそうです。

 

これは議員が落選したその後に給料が出なくなり、そして再就職は非常に難しい。

 

という状況に陥るというところでした。

 

ですのでこのことを解消させるために思いついたアイデアというのが

 

「議員秘書の人材派遣」

 

ということで2012年秘書を辞めて議員秘書と議員のマッチングという活動を「議員秘書ドットコム」

起業という形で始められたということですね!

 

スポンサードリンク

鈴鹿久美子の評判について

現在活動内容として議員秘書の人財紹介、議員秘書養成、政治家のコンサルティング講演、セミナー等様々な活動をされておられます。

 

鈴鹿久美子さんは通称「勝たせ屋」と呼ばれているそうで評判は上々といえます。

 

また日本唯一の女性選挙戦略家とも言われており、これまでの経験から得たスキルなどをフルで発揮されているようです。

 

立候補者を戦略的に当選に導くことから「見せ方のプロ」ということも言われています。

 

現在は株式会社インスタイル代表取締役ということで書籍も出版されています。

 

内容も非常に戦略的で「欲しいもの」「敵」「敵を倒す武器」「使い方」これを重要視し

政治家を目指す方はもちろんですが社会やビジネスで成功を手に入れれるために必要なことが書かれている本だということだそうですので、沢山の人々の役に立つ内容になっているのではないかと思います。

 

スポンサードリンク

鈴鹿久美子さんのまとめ

小学生の頃は内気な性格だったという鈴鹿さん現在では想像もできないほどに輝いてらっしゃいます。

 

結婚されていた時期もあり、子供さんも育てながらここまでのキャリアを積んでこられたということで、女性の方からの憧れの目線というのもすくなからずあると思います。

 

これからは女性もどんどん社会進出していく時代ですから、鈴鹿さんのように子育てをされながらキャリアアップしさらには起業して活躍するというスタイルはこれからの時代にとてもフィットしているのではないかと思いますからどんどん表に出ていただきこれからの女性の見本となるのではないかと思います。

 

睡眠時間3時間という15年間を乗り切ってなおかつそのなかで現在の仕事のアイデアまで考え付くというのはものすごい精神力が必要なことだと思います普通睡眠時間3時間ともなると思考停止状態はまぬがれません。

 

アイデアを形にするまでの行動力も尊敬にあたいします現在の年齢から考えると子供さんたちもかなり大きく成長されていることだとは思いますがこれからも頑張っていただきたいです!

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

スポンサードリンク

関連記事は下にスクロール!

コメント