かこさとしは病院で死去?病名と死因(原因)や家族と訃報など(プロフェッショナル)

作家




絵本作家のかこさとしさんがプロフェッショナルの流儀でとりあげられます。

 

かこさとしさんは5月2日に亡くなられたそうですがその死因や病名や原因はなんだったのでしょう、またかこさとしさんの家族や病院での死去なのかについてみていきたいとおもいます。

 

経歴やこれまで作家ととしてどのように作品と向き合ってこられたのかなどもきになるところではありますがどのようなものなのでしょう。

 

今回はたくさんの作品をのこしてこられたかこさとしさんについてみていきたいと思います。

 

それではさっそく。

 

スポンサードリンク

かこさとしさんの経歴やプロフィール

名前:かこ さとし

本名:中島 哲(なかじま さとし)

生年月日:1926年3月31日

出身地:福井県

 

福井県越前市の出身のかこさとしさん、8歳より東京都板橋区育ちということですがどういったけいいだったのでしょう、もしかするとお父さんの転勤があったなどということもかんがえられます。

 

成蹊高等学校を卒業されていますが大学は東京大学工学部に通っていたということで非常に勉強されてきたのだと推測できますね、工学部ということでまったく絵本には関係のないような感じがあるのがかこさとしさんの学生時代ということがいえるのではないでしょうか。

 

大学卒業後は昭和電工に入社しており研究者としてのキャリアをスタートさせていたということになるでしょう、このようななかでもかこさとしさんはどうやら子供たちとのかかわりを大切にされていたようです。

 

川崎市などでは人形劇や紙芝居といわれるような活動をされていたということでボランティア活動など戦後間もない時期ですが紙芝居などを作ったりと、非常に熱心に活動をおこなっていたというこになりますね。

 

工学博士や技術士などの資格を取得しているので、絵本などという作家のような関係の児童文化的要素を含む活動にはあまり関心がないように思われる分野ではありますがかこさとしさんはそうではないようです。

 

このように様々な活動を行いながら作家としてのデビュー作は「だむのおじさんたち」という絵本でダムがどのように人々の生活に役立っているのかということをあらわしたようなえほんだったというこです。

 

47歳という年齢の時に早期退職したということなのでこの時から専業作家になっての活動がはじまったということですね、早期退職というのは非常に勇気のいる行動だったといえるのではないでしょうか。

スポンサードリンク

かこさとしの病名と死因について

年齢的に92歳ということもあり、かなり長生きをされていますから寿命ということもいえるのかもしれませんね、一般男性の平均寿命より少し長生きですからこれは様々な要因があるということですね。

 

日頃から健康には気を使っておられたのでしょうか、そうでなければ男性で92歳まではなかなか生きることはできなかったでしょう。

 

死因に関しましては「慢性腎臓病」というこがいわれていますね、これは5ステージという段階でわけてそれぞれの進行具合によって治療というのものがかわってくるそうなので死に至るということはどれほどのステージだったのかということが想像できますね。

 

また進行具合により骨がもろくなるということにもつながるそうなので骨折などにも非常に注意が必要となるでしょう、もろくなった骨というのはやはり軽くつまづいてこけるときに手をつくだけでも骨がおれたりという話は聞いたことがあります。

 

このことから病気と向き合う時には家族などの支えも多くあったのではないかということがかんがえられますよね、そしてそれは非常に苦労が多かったのではないかと想像できます。ですが92歳という年齢まで生きておられるというのは非常に幸せなことも多かったのではないでしょうか。

 

スポンサードリンク

かこさとしの家族について

かこさとしさんは1955年に結婚されているようなのですが一般女性の方なので写真は一切公開されていないようですね、かこさとしさんをこれまでささえてこられた女性ということで非常に気になるところではあります。

 

情報としては当時、同じ会社で務めておられたという部長秘書の方と結婚されたということだそうなんです、部長秘書を射止めたということでこれは社内では非常に目に留まったのではないでしょうか、社内恋愛だったのですね。

 

そして子供さんもおられるようです、娘さんが二人おられるということです、女の子二人というのは生まれた当初やはり非常にかわいくてたまらなかったのではないかと想像できます、子供の女の子というのはかわいいですが、それが娘ともなるとよりいっそうだったでしょう。

 

子育てに関しては一緒に遊んであげることというのはあまりなかったそうです、こどもは子供同士で遊ぶのが一番という教育方針だったということです、とはいえきっと子供さんが保育園児の頃などは紙芝居や絵本を読んであげていたのではないでしょうか。

 

やはり女の子というのは小学生くらいになってくると女の子特有の遊び(ままごとなど)ということをしたくなることが多くなりますからお父さんが一緒に遊んであげることができなかったというのもひとついえるのかもしれませんね。

スポンサードリンク

まとめ

非常にたくさんの作品を残しておられるかこさとしさん、92歳という年齢まで長生きされていますが、その生涯作家として生きてこられたということでたくさんの子供たちに様々な影響を与えてこられた方ということが言えると思います。

 

結婚されてからも子供さんを二人育てられたということでプライベートも非常に幸せなことが多かったといえるかもしれませんね、やはり女の子二人というのはとてもかわいいと思います。

 

死因に関しましては様々な要因が合わさるものだとは思いますが病気と向き合いながらもテレビの取材に応じるなどその人柄というのが伺えます、プロフェッショナル仕事の流儀というような番組に取り上げられるほどのかたですから。

 

いま現在頑張っているビジネスマンなどにも非常に影響を与えることになるかもしれませんね!

 

最後まで読んでいただきありがとうございました!

 

スポンサードリンク

関連記事は下にスクロール!

コメント